ホーム >Blog > 虫歯が進行して神経が死にました。痛みを感じなくなったので、むしろ良かったのではないでしょうか?

訪問診療をはじめました
削らない虫歯治療
歯周内科
メタルフリー歯科
無痛インプラント
非抜歯矯正
無痛小児歯科
特殊入れ歯
ホワイトニングシステム
オールオン4.6
神経を抜かない治療
週刊早稲田
求人情報
西永福歯科
講演依頼

虫歯が進行して神経が死にました。痛みを感じなくなったので、むしろ良かったのではないでしょうか?

西早稲田の歯医者さん、西早稲田駅前歯科矯正歯科です。今回のテーマは「神経を失うことの問題について」です。虫歯が進行するとやがて神経まで虫歯菌に感染し、炎症を起こして激しい痛みをもたらします。

しかしその後は神経が死んでしまうため、感覚を失うことで虫歯の痛みも完全に解消されます。中にはそれをプラスと捉える人もいて、「神経が死んだから虫歯は怖くない」と考えます。しかしそれは間違いで、神経を失うことで大きな問題が起こります。

神経を失うとどうなるか

神経が死ぬということは、神経を失うということです。そして、失った神経は再生することはありません。このため神経を失ったまま生活することになり、それは歯にとって多くの問題を引き起こします。

問題1. 「痛み」の自覚症状を失う

神経を失うことで痛みを感じなくなるのは怖いことです。と言うのも、痛みというのは身体の異常を知らせる大切なサインだからです。痛みの自覚症状を失うことで、今後その歯に何か以上が起こってもそれに気づけなくなってしまいます。

問題2. 虫歯の進行を防ぎにくくなる

実感はないでしょうが、神経は虫歯の進行を食い止める働きをしています。虫歯になると神経は虫歯菌の進行経路を塞ぎ、それ以上の進行を防ごうとするのです。しかし、神経を失えばその防御機能が働くこともなくなるため、虫歯の進行を防ぎにくくなってしまいます。

問題3. 歯が脆くなる

神経を失うと、歯に栄養が行き届かなくなってしまいます。そして栄養を摂取できなくなった歯は黒く変色し、やわらかく脆くなってしまいます。そうなると細菌にも感染しやすくなりますし、少しの衝撃を受けただけでも割れやすくなってしまいます。

神経が死んだ後の虫歯

神経が死ぬと虫歯の痛みは解消されるため、だったら治療しなくても良いと考える人もいますし、痛みが解消されることで虫歯が治ったのではないかと考える人もいます。しかしどちらの考えも間違いで、まず一度でも進行した虫歯は自然に治ることはありません。

また、神経が死ぬと虫歯の痛みからは解消されるものの、虫歯菌は依然として生き続けています。このため治療しないと虫歯はさらに進行して、最終的には歯は原型を失うほどボロボロになってしまいます。さらに虫歯菌が血液に入り込むと、血管から脳や心臓に回って脳梗塞や心筋梗塞の要因になります。

虫歯が進行するほど治療内容は辛くなる

「虫歯の治療=歯を削って詰め物で処置する」と思っている人が多いでしょうが、あくまでそれは虫歯治療の一例であり、虫歯の進行度によって治療内容は異なります。例えば、虫歯になりたての状態なら削らずに治せる可能性もあります。

一方、虫歯が進行するほど歯を削る範囲も広くなりますし、それ以外の治療が必要な可能性もあり、それは患者さんにとって大きな負担になるでしょう。神経の除去、根管治療、抜歯…こうした治療が必要になることもあり、治療費や治療期間にも影響してきます。

虫歯は最終的に歯を失う

虫歯を放置すると、神経だけでなく最終的には歯を失います。重症化した虫歯は治療不可で抜歯が必要になることがありますし、だからと言って放置すれば歯はボロボロになって虫歯菌も生き続けた状態になります。

歯を失うと当然その歯は再生しないため、人工の歯で対処しなければなりません。選択肢として入れ歯、ブリッジ、インプラントになりますが、どれも大きなデメリットがある治療方法です。

入れ歯

費用が安いのがメリットですが、その分審美性は高くありません。外れてしまうため食事には制限がつき、今までと同じ食生活を送ることはできなくなってしまいます。

ブリッジ

治療の過程で健康な歯を傷つけることがあるため、虫歯になった歯以外にも影響を及ぼします。入れ歯に比べると審美性や耐久性は高いものの、やはり天然の歯に比べると感覚は異なります。

インプラント

感覚としては天然の歯に近く、審美性も高いため、失った歯の代わりには充分なれるかもしれません。しかし治療費が高いですし、治療の過程で手術を必要とするため、患者さんの身体に負担がかかります。

…いずれもすすんで受けたい治療方法ではないと思いますが、歯を失ってしまえばこれらの中から選択しなければなりません。

まとめ

いかがでしたか?
最後に、神経を失うことの問題についてまとめます。

1. 神経が死ぬとどうなるか :痛みの自覚症状を失う、虫歯の進行を防ぎにくくなる、歯が脆くなる
2. 神経が死んだ後の虫歯 :痛みは感じなくなるが、虫歯菌は生き続けているため虫歯がさらに進行する
3. 虫歯が進行するほど治療内容は辛くなる :歯を削るだけでなく、根管治療や抜歯が必要なこともある
4. 虫歯は最終的に歯を失う :虫歯を放置すれば神経だけでなく歯を失うことになる

これら4つのことから、神経を失うことの問題について分かります。神経が死ぬと痛みを感じなくなりますが、痛みを感じないというのは実は大変怖いことです。と言うのも、考えてみると私達の病気は大抵が痛みを感じるのがきっかけで発見されます。

胃が痛いことで胃の病気に気づき、お腹が痛いことでお腹の病気に気づきます。歯もそれは例外ではなく、歯が痛いことで虫歯に気づきます。しかし痛みを感じなくなればそれができなくなり、今後歯の異常に気づくきっかけが失われてしまうのです。

PAGE TOP