ホーム >Blog > インプラントの場合、一度噛み合わせを調整すればその後は調整不要ですか?

削らない虫歯治療
歯周内科
メタルフリー歯科
無痛インプラント
非抜歯矯正
無痛小児歯科
特殊入れ歯
ホワイトニングシステム
オールオン4.6
神経を抜かない治療
週刊早稲田
求人情報
西永福歯科
講演依頼

インプラントの場合、一度噛み合わせを調整すればその後は調整不要ですか?

西早稲田の歯医者さん、西早稲田駅前歯科矯正歯科です。
今回のテーマは「インプラントと噛み合わせについて」です。
インプラントは治療後も定期的な通院が必要で、その目的は主にインプラントのメンテナンスです。

とは言え、治療も成功して噛み合わせも問題なければ、メンテナンスは不要と思う人もいるかもしれません。
しかし、少なくとも噛み合わせにおいては定期的な調整が必要あり、
インプラントでは一度噛み合わせを調整したとしても、再び噛み合わせが合わなくなることがあるのです。

インプラントの噛み合わせの永続性

そもそもインプラントの噛み合わせに永続性はありません。
例えインプラントの専門医が噛み合わせの調整をしっかり行ったとしても、
その後の日常生活の中で噛み合わせは少しずつ合わなくなっていくものです。
このため、一度噛み合わせを調整しても定期的に噛み合わせの確認と調整は絶対に必要です。

噛み合わせが合わなくなる原因

「日常生活を過ごす中で噛み合わせは少しずつ合わなくなる」と説明しましたが、
それ以外の原因でインプラントの噛み合わせが合わなくなることもあります。
例えば、次のようなケースが考えられます。

・元々の調整に問題がある
インプラントは難易度の高い治療である分、歯科医による腕の差がハッキリと出る治療です。
このため、不慣れな歯科医が噛み合わせを調整すれば、それ自体が合っていない可能性もあるでしょう。
つまり噛み合わせを一度調整したとしても、その一度の噛み合わせの調整に問題があるケースです。
こうした事態を避けるには、インプラントの専門医の資格を持つ歯科医の治療を受けることです。

・他の歯の噛み合わせが悪い
噛み合わせに関係するのはインプラントだけではありません。
それ以外の全ての歯の噛み合わせが合ってこそ、はじめて「正常な噛み合わせ」と言えます。
このため、インプラントではなく他の歯の噛み合わせが合っていないケースもあり、
そうなると例えインプラントの噛み合わせに問題がなくても噛み合わせは悪い状態になるのです。

・インプラント周囲炎にかかっている
人工物であるインプラントは虫歯にはなりませんが、歯周病にはなります。
これは歯周病が顎の骨の病気であり、インプラントを支える顎の骨は天然のものだからです。
インプラントの歯周病をインプラント周囲炎と呼び、発症して進行するとインプラントが不安定になります。
この場合、噛み合わせが悪くなるだけでなくインプラントの脱落を招きます。

インプラントの噛み合わせを悪くさせる噛み方

インプラントは天然の歯とイコールまではいきませんが、それに近い感覚で噛むことができます。
このため入れ歯のような食事制限はないものの、噛み方によっては噛み合わせを悪くさせてしまいます。
最も多いのは、インプラントを使わずにもう一方の歯だけで噛んでしまうケースです。
これはある種の癖のようなもので、インプラントをするまではその箇所に歯がない状態でした。

そして、その頃は歯がないためにもう一方の歯…つまり歯がある箇所で食べ物を噛んでいたでしょう。
その癖が残っており、インプラントをした後でもつい一方の歯だけで噛んでしまうケースが多いのです。
このように特定の歯だけで噛む癖があると噛み合わせが悪くなってしまい、
調整したインプラントの噛み合わせも合わなくなってしまうのです。

メンテナンスの重要性

インプラントの噛み合わせの調整は定期的に必要なことから、そのためにメンテナンスを行います。
治療自体は終わったことでその後のメンテナンスを面倒に思う人もいますが、
噛み合わせを合わせてインプラントを長持ちさせるにはメンテナンスは欠かせません。

さらに、メンテナンスには噛み合わせを調整するだけでなく、
インプラントの天敵とも言えるインプラント周囲炎の予防・早期発見の目的もあります。
また、メンテナンスを受けることで他の歯の健康状態も確認できます。

まとめ

いかがでしたか?
最後に、インプラントと噛み合わせについてまとめます。

1. インプラントの噛み合わせの永続性 :例え噛み合わせの調整をしっかり行っても、徐々に合わなくなる
2. 噛み合わせが合わなくなる原因 :元々の調整に問題があるケースなども考えられる
3. インプラントの噛み合わせを悪くさせる噛み方 :歯がない時の癖で、一方の歯だけで噛んでしまう
4. メンテナンスの重要性 :噛み合わせの調整だけでなく、インプラント周囲炎の予防も目的

これら4つのことから、インプラントと噛み合わせについて分かります。
そもそもインプラントの噛み合わせは、例えピッタリと調整しても永続性はありません。
このため、噛み合わせの調整は定期的に行う必要があり、その点では面倒に思うかもしれません。
しかし、メンテナンスはインプラントを長持ちさせるためには欠かせないものであり、
インプラント周囲炎などの病気から身を守るためでもあるのです。

PAGE TOP