ホーム >Blog > 歯周病と診断されました。痛みもないし、歯周病は本当に怖い病気なのですか?

削らない虫歯治療
歯周内科
メタルフリー歯科
無痛インプラント
非抜歯矯正
無痛小児歯科
特殊入れ歯
ホワイトニングシステム
オールオン4.6
神経を抜かない治療
週刊早稲田
求人情報
西永福歯科
講演依頼

歯周病と診断されました。痛みもないし、歯周病は本当に怖い病気なのですか?

西早稲田の歯医者さん、西早稲田駅前歯科矯正歯科です。
今回のテーマは「歯周病の怖さ」です。
残念なことですが、「歯周病は怖くない」と思っている人は少なくありません。

歯周病と診断しても治療を放置する患者さんもいますし、
虫歯に比べて歯周病は放置しても問題ないと思ってしまう人が多いのです。
しかしそれは大きな間違いで、ここでは歯周病の怖さをテーマにしたお話をしていきます。

なぜ歯周病が怖くないと考える人が多いのか?

歯周病を怖くないと考える人が多いのは、歯周病の自覚症状が原因だと考えられます。
歯周病に限らず、何か病気になると必ず自覚症状が起こるもので、
そんな自覚症状の中でみなさんが最も嫌うのは「痛み」だと思います。

だからこそ、歯の痛みという自覚症状のある虫歯はみなさん嫌がります。
しかし、歯周病にはみなさんが最も嫌う「痛み」の自覚症状がなく、
そのため歯周病になっても平気…つまり病気として怖くないと考える人が多いのです。

「痛み」がないことの問題

歯周病に「痛み」がないことをプラスに考えていませんか?
確かに「痛み」を感じるのは辛いですから、それがないことをプラスに考える気持ちは分かります。
しかし、実は「痛み」がないことは大きなマイナスであり、なぜなら歯周病に気づきにくくなるからです。

考えてみてください、例えば虫歯に痛みがなければ、自分が虫歯であることに気づけるでしょうか。
多くの人は歯が痛むことで虫歯に気づき、気づいたからこそ歯科医院に行きます。
しかし、痛みがなければそれに気づけない…つまり歯周病は痛みがないことで気づきにくい病気なのです。

歯周病に気づけないことの問題

歯周病は痛みがないため気づきにくい病気ですが、
そもそも気づけないとどんな問題があるのか?…これは患者さんにとって大きな問題が2つあります。

問題1. 歯周病が進行する

歯周病は進行する病気ですから、治療しなければどんどん進行していきます。
歯周病に気づけなければ治療する機会がないでしょうから、当然進行することになってしまいます。
初期段階では歯肉が腫れるなどの症状しかない歯周病も、進行すると別の怖い症状が起こります。

それは、歯槽骨が溶かされていくことです。歯槽骨は歯を支える骨ですから、
それが溶かされることは歯が支えを失うことを意味します。
そして、歯が支えを完全に失えば歯は抜け落ちてしまいます。

問題2. 大きな治療が必要になる

歯周病の治療方法は「歯石の除去」と「患者さんによるプラークコントロール」が基本ですが、
それだけで治るのは初期段階の場合で、進行した場合はさらに別の治療を行います。
具体的には、歯周ポケットの中を清掃するための歯肉の切開で、フラップ手術と呼ばれるものです。

初期段階で歯周病に気づけば簡単な治療で治せるものを、
気づけないことで歯周病が進行し、そうなると手術を行うほどの治療が必要です。
これは患者さんの身体面や精神面に大きな負担になりますし、治療費や治療期間にも影響してきます。

その他の歯周病の怖いところ

歯周病が怖い最大の理由は目立った自覚症状がなく、そのため進行しやすいことです。
進行すれば症状が悪化して最終的に歯を失いますし、
治療した場合も進行した歯周病においては歯肉の切開が必要になることがあります。
そして、それ以外の歯周病の怖いところもお伝えします。

口臭がする

歯周病になると、細菌や血液や膿みなどが原因で口臭がします。
口臭の原因は様々ですが、歯周病による口臭は特にきつく、
一緒にいる相手に与える不快感は相当なものになるでしょう。
自分の口臭で相手が悩む…そんな事態が起こってしまうのです。

人にうつる

歯周病は人から人にうつる病気です。
正確には歯周病が直接うつるわけではなく、細菌…つまり歯周病の原因菌がうつります。
感染経路は唾液を介すことで、食器の共用や回し飲みなどが原因になります。
このように自分が歯周病になったことが原因で、親しい相手にそれをうつしてしまう可能性があるのです。

まとめ

いかがでしたか?
最後に、歯周病の怖さについてまとめます。

1. なぜ歯周病を怖くないと考える人が多いのか :「痛み」の自覚症状がないため
2. 「痛み」がないことの問題 :自分が歯周病だと気づくきっかけがなくなる
3. 歯周病に気づけないことの問題 :歯周病の進行を許し、手術などの治療が必要になることがある
4. その他の歯周病の怖いところ :口臭がする、人にうつしてしまう

これら4つのことから、歯周病の怖さについて分かります。
歯周病は痛みがないから怖くないと考える人がいますが、実は全く逆です。
痛みがないからこそ怖い病気であり、なぜなら自分が歯周病であることに気づけないからです。

自分が歯周病だと気づけなければ、いつの間にか歯周病は進行してしまうでしょう。
その場合、進行度によっては歯を失いますし、治療も簡単なものではすまなくなります。
これが歯周病が怖い理由であり、実際に日本人の成人の7割が歯周病になっているとも言われています。

PAGE TOP