ホーム >Blog > 歯が痛くないということは、お口の中が健康ということですか?

削らない虫歯治療
歯周内科
メタルフリー歯科
無痛インプラント
非抜歯矯正
無痛小児歯科
特殊入れ歯
ホワイトニングシステム
オールオン4.6
神経を抜かない治療
週刊早稲田
求人情報
西永福歯科
講演依頼

歯が痛くないということは、お口の中が健康ということですか?

西早稲田の歯医者さん、西早稲田駅前歯科矯正歯科です。
今回のテーマは「歯が痛くない場合のお口の健康状態」です。
お口の病気を連想した時、誰もが真っ先に思いつくのが虫歯です。

そして虫歯の特徴を連想した時、誰もが真っ先に思いつくのが歯の痛みです。
これらの点から、多くの人は「歯が痛くない=虫歯がない」、「虫歯がない=健康」というイメージを抱き、
「歯が痛くないということはお口の中が健康である」と捉えてしまいがちです。

しかし、実際にはそうとは限りません。
なぜなら、お口の病気の中には歯に痛みを感じさせないものもあるからです。

虫歯

そもそも虫歯だからといって必ずしも歯が痛むとは限りません。
初期段階の虫歯ならまだ象牙質まで達していないため、痛みを感じることはありません。
また、一度神経を抜いて治療した歯が再度虫歯になった場合、神経がないことで痛みを感じません。

さらに言えば、虫歯で歯が痛みつつもそれを放置した場合、やがて神経が死んで痛みを感じなくなります。
いずれも虫歯であることに変わりないですが、どのケースも歯が痛むことがないのです。
つまり、例え歯が痛くなくてもこれらのケースによる虫歯が発生している可能性があるのです。

歯周病

虫歯と同じくらい知名度の高い病気ですが、虫歯との違いの1つが自覚症状です。
虫歯は痛みという分かりやすい自覚症状があるのに対して、歯周病には目立つ自覚症状はありません。
実際、歯周病は「静かに進行する病気」と呼ばれているほどです。

つまり、歯が痛くなくても歯周病になっている可能性があるのです。
ちなみに、歯周病も全く自覚症状がないというわけではありません。
以下のような自覚症状があるため、該当する項目がある人は歯が痛くなくても歯周病を疑うべきでしょう。

歯肉が腫れている、変色している
食事や歯磨きの時、歯肉から出血することがある
口臭を感じる
歯が長くなって見える、もしくは歯肉が下がって見える
冷たいものや熱いものの飲食でしみる
歯が動く、グラグラする

…これらはいずれも歯周病の自覚症状です。
特に下の3つの自覚症状をある場合は、既に歯周病がある程度進行している可能性があります。

 詰め物や被せ物の異常

詰め物や被せ物は人工物ですから、それ自体が痛むことはありません。
つまり、これらに異常があっても歯の痛みの有無だけで判断してしまえば気付けないのです。
外れた、欠けた、接着が弱まった、詰め物や被せ物にはこうした異常が起こり得ます。

しかし、いずれのケースにおいても歯が直接痛むことはありません。
このため、例え歯が痛くなくてもこれらに異常をきたしている可能性があるのです。
また、同じ人工物で考えると入れ歯やインプラントの異常においても同じことが言えます。

噛み合わせの悪さ

噛み合わせが悪い場合も、それによって歯が痛むことはありません。
歯並びの状態によっては噛んだ時に違和感があるものの、虫歯のような痛みを感じることはないでしょう。
そもそも、噛み合わせの悪さをそこまで深刻に考えていない人が多いかもしれません。

しかし、噛み合わせが悪ければ頭痛や肩こりの要因になりますし、
状態によっては顎関節症を引き起こしてしまいます。
また、歯並びの悪さによって噛み合わせが悪いなら、虫歯や歯周病になるリスクを高めてしまうのです。

こうした噛み合わせの悪さについては歯の痛みを感じないため、
例え歯が痛くなくても噛み合わせが悪い可能性があるのです。

定期検診のすすめ

上記までの説明から、歯が痛くないからといってお口の中が健康とは限らないことが分かります。
とは言え、実際には健康である可能性もありますし、
そうなるとどうやってお口の健康状態を判断すればいいのか困ってしまうでしょう。

そこでおすすめなのが、歯科医院での定期検診です。
定期検診ではお口の状態を詳しくチェックするため、
歯の痛みの有無関係なくお口の中が健康かどうかを正確に知ることができるのです。

まとめ

いかがでしたか?
最後に、歯が痛くない場合のお口の健康状態についてまとめます。

1. 虫歯 :初期段階の虫歯、神経を抜いた歯の虫歯の再発、神経が死んだ歯の虫歯には痛みがない
2. 歯周病 :歯周病には虫歯の痛みのような自覚症状はない(歯周病の自覚症状は本文参照)
3. 詰め物や被せ物の異常 :詰め物や被せ物が外れている、欠けているなどの場合も歯に痛みはない
4. 噛み合わせの悪さ :歯の痛みの有無から噛み合わせの良し悪しは判断できない
5. 定期検診のすすめ :お口の健康状態を正確に知るためには、歯科医院で定期検診を受けるべき

これら5つのことから、歯が痛くない場合のお口の健康状態が分かります。
歯が痛ければお口の中に何らかの問題が起こっているでしょうが、それは痛くない場合も同様です。
つまり、歯が痛くないというわけではお口の健康状態は判断できないのです。
仮に歯の痛みの有無だけでお口の健康状態を判断していれば、歯周病などを見逃してしまうでしょう。

PAGE TOP