ホーム >Blog > 虫歯の痛みが自然に治まりました。これは虫歯が治ったと考えていいのですか?<

削らない虫歯治療
歯周内科
メタルフリー歯科
無痛インプラント
非抜歯矯正
無痛小児歯科
特殊入れ歯
ホワイトニングシステム
オールオン4.6
神経を抜かない治療
週刊早稲田
求人情報
西永福歯科
講演依頼

虫歯の痛みが自然に治まりました。これは虫歯が治ったと考えていいのですか?<

西早稲田の歯医者さん、西早稲田駅前歯科矯正歯科です。
今回のテーマは「虫歯の痛みが治まるケース」です。
虫歯の痛みを感じつつも放置すると、やがて痛みは激痛へと変化します。

ここでさらに痛みを放置した場合、今度は逆に痛みが治まります。
治療したわけでもないのに、痛みが突如治まるのはなぜなのでしょうか。
もしかすると虫歯が治ったのかもしれない…そう思うかもしれませんが、本当にそうなのでしょうか。

虫歯は自然に回復しない

冒頭での説明のように、治療していないのに虫歯の痛みが治まった場合は虫歯が治ったわけではありません。
と言うのも、一度進行した虫歯は自然に治ることはないのです。
正確に言えば、完全な初期段階の虫歯ならケア次第で自然に治る可能性もあります。

しかし、痛みを感じる時点で既に虫歯は進行していますから、
今回のテーマのような状況では虫歯が自然に治ることはありません。
ではなぜ虫歯の痛みが治まったのか?…それは歯の神経が死んでしまったことが理由です。

歯の神経が死んでしまった場合

歯の神経まで虫歯が進行すると、神経が炎症を起こして激痛を感じるようになります。
ここでさらに放置すると、虫歯の影響によって神経が死んでしまいます。
そして、神経が死ぬことで痛みを感じなくなるのです。

つまり、虫歯の痛みが急に治まるのは虫歯が治ったわけではなく、
むしろ悪化して神経が死んでしまったためなのです。
死んでしまった神経は治療しても元に戻すことはできず、そのため2つの問題が起こります。

痛みという自覚症状が失われる

神経が死んだ歯は、虫歯を治療しても神経が失われたままになります。
このため、仮にその歯に虫歯が再発しても一切痛みを感じることはないため、虫歯の再発に気付けません。
痛みという大切な自覚症状を失うため、歯に異常が起こってもそれに気付けなくなるのです。

歯が脆くなる

神経が死んだ歯には栄養が行き届きにくくなります。
そして栄養が届かないことで歯は脆くなり、変色して見た目も悪くなってしまいます。
脆くなった歯は細菌にも感染しやすくなり、今まで以上に歯が弱くなってしまうのです。

虫歯を放置することで起こる問題

「歯の神経が死んだら元に戻せない」、「歯の神経が死んだら虫歯の痛みを感じない」、
これら2つことから、中にはそのまま虫歯を放置しても構わないと思う人もいるかもしれません。
しかし、それは絶対にやってはいけません。なぜなら、治療しない限り虫歯の原因菌は生き続けるからです。

虫歯の原因菌は神経を破壊した後、今度は歯もボロボロにしてしまいます。
そうなると被せ物も立てられなくなるため、抜歯するしかなくなります。
つまり、虫歯の放置で歯を失うことになってしまうのです。

そして、これで終わりではありません。
虫歯の原因菌は治療しない限り消滅しないため、歯を破壊した後も生き続けます。
今度は血液の中に入り込み、血管を通じて全身にまわってしまいます。

その結果、脳梗塞や心筋梗塞を招く危険性があり、実際に死亡した事例も存在します。

虫歯を放置する人の心理

そもそも虫歯を放置する人の場合、その理由は2つ考えられます。
1つは仕事などで忙しく、手間を掛けて治療したくないという気持ちがあるからです。
もう1つは虫歯治療に対する恐怖が理由で、治療が怖いから放置するというケースです。

しかし、虫歯を放置することは手間も治療の恐怖も余計に増してしまう結果を招きます。
まず手間についてですが、虫歯を放置すればそれだけ虫歯は進行しますし、
虫歯が進行すればそれだけ治療期間も長引きます。このため、通院の手間が余計に増してしまいます。

そして治療の恐怖ですが、虫歯の治療は進行するほど治療も大きなものになり、
酷い場合は根管治療や抜歯が必要になるケースもあるのです。
つまり、歯を削るのを恐れて放置してしまえば、いざ治療する際に削る以上に辛い治療が必要になるのです。

このため、虫歯を放置することは何より自分にとって大きなマイナスになるのです。

まとめ

いかがでしたか?
最後に、虫歯の痛みが治まるケースについてまとめます。

1. 虫歯は自然に回復しない :進行した虫歯は自然に治らない。痛みが治まったのは神経が死んだため
2. 歯の神経が死んでしまった場合 :痛みという自覚症状を感じなくなり、以降その歯の異常に気付けない
3. 虫歯を放置することで起こる問題 :歯を失い、さらに虫歯の原因菌が全身にまわって脳梗塞などを起こす
4. 虫歯を放置する人の心理 :治療の恐怖や通院の手間は、虫歯を放置することで逆に増してしまう

これら4つのことから、虫歯の痛みが治まるケースが分かります。
虫歯の痛みが治まるのは、虫歯が治ったためではありません。
むしろ、虫歯が進行して歯の神経が死んでしまったことが原因です。

そもそも、一度虫歯が進行した場合は自然に治ることはありません。
放置すれば進行する一方なので、痛みの有無関係なく治療しなければなりません。
もし放置し続ければ、虫歯の痛みとは比較にならないほどの深刻な事態を招いてしまう可能性もあるのです。

PAGE TOP