ホーム >Blog > 予防歯科に通うことで、虫歯や歯周病を確実に予防できますか?

削らない虫歯治療
歯周内科
メタルフリー歯科
無痛インプラント
非抜歯矯正
無痛小児歯科
特殊入れ歯
ホワイトニングシステム
オールオン4.6
神経を抜かない治療
週刊早稲田
求人情報
西永福歯科
講演依頼

予防歯科に通うことで、虫歯や歯周病を確実に予防できますか?

西早稲田の歯医者さん、西早稲田駅前歯科矯正歯科です。
今回のテーマは「虫歯や歯周病は予防歯科に通えば確実に予防できるのか」です。
虫歯や歯周病を予防するためには、歯磨きだけでは予防として不充分です。

そこでおすすめなのが予防歯科を受けること…現に虫歯治療をした際、
今後の予防を考えて予防歯科の受診を歯科医にすすめられたという人も多いでしょう。
では、予防歯科に通うことで虫歯や歯周病は確実に予防できるのか?…今回はそれについてお話しします。

1. 予防効果は高まるが絶対ではない

絶対というのは100%を意味しますから、そもそも絶対に虫歯や歯周病を予防できる方法はありません。
ただし、予防できる確率を限りなく100%に近くすることは可能ですし、
そのためには予防歯科の治療を受けることが必要不可欠です。

このため、今回のテーマに回答するなら「確実とは言えないが予防できる確率は格段に上がる」です。
最も、予防歯科の効果を活かすためには患者さんの努力も必要ですし、
それができなければ予防歯科の効果は半減するでしょう。
では一体どんな努力が必要なのか、以下の項目で具体的に説明していきます。

2. 精度の高い歯磨きをする

虫歯や歯周病の予防には歯磨きが必須ですし、歯磨きの効果を発揮させるのは精度の高い歯磨きが必要です。
予防歯科に通ったとしてもこの事実は変わりません。つまり、いくら予防歯科の治療を受けたとしても、
精度の高い歯磨きを怠ってしまえば予防効果は不充分になってしまうのです。

予防歯科の治療を行うのは当然歯科医ですし、
予防歯科という診療科目からもそれを受けていれば虫歯や歯周病を確実に予防できそうなイメージです。
しかし、予防のメインはあくまで毎日の精度の高い歯磨きにあるのです。

3. 定期的に通う必要性

予防歯科の治療は1度受けただけでは効果がなく、定期的に通ってこそ効果が得られます。
例えば、予防歯科ではPMTCという歯のクリーニングを行いますし、それによって歯はツルツルになります。
しかしその効果が永遠に続くわけではなく、時間が経てばいずれまた歯は汚れます。

このため、予防歯科は定期的に通わなければなりません。
理想は1ヶ月に1回のペースですが、実際それは難しいという人も多いでしょう。
ですから3ヶ月に1回、最低でも6ヶ月に1回のペースで通わなければしっかりとした予防効果は得られません。

4. 予防歯科でのアドバイスを守る

予防歯科で行うメニューの中には、ブラッシング指導や生活習慣改善のアドバイスがあります。
言うまでもなく、ブラッシング指導も生活習慣のアドバイスもただ聞くだけでは何の意味もありません。
指導やアドバイスの内容を理解して、それを実践してこそ意味があるのです。

特に生活習慣においては、いくらアドバイスをもらってもすぐに改善するのは難しいかもしれません。
しかし、少しずつ改善する努力をしなければならないですし、
それができてこそ予防歯科の効果が得られるのです。

5. 予防歯科で行うこと

予防歯科に興味を持った方のために、予防歯科で行われる治療内容を説明しておきます。
まずPMTCという歯のクリーニング、プラークの除去はもちろん、歯もツルツルになるのが実感できます。
そしてスケーリング、これは歯石の除去で、歯磨きでは除去できない歯石を除去できること自体メリットです。

さらにフッ素塗布、これは歯磨きに配合されているフッ素よりも濃度の高いフッ素を塗布しますし、
虫歯になりにくい丈夫な歯を作ることができます。
他には、上記で説明したブラッシング指導や生活習慣改善のアドバイスなどがあります。

まとめ

いかがでしたか?
最後に、虫歯や歯周病は予防歯科に通えば確実に予防できるのかについてまとめます。

  1. 予防効果は高まるが絶対ではない :100%予防できるとは限らないが、限りなく100%に近くできる
  2. 精度の高い歯磨きをする :予防のメインは歯磨きなので、精度の高い歯磨きをしなければならない
  3. 定期的に通う必要性 :3ヶ月に1回、最低でも6ヶ月に1回は通わないと効果を得られない
  4. 予防歯科でのアドバイスを守る :アドバイスを受けても、それを守って実践しなければ意味がない
  5. 予防歯科で行うこと :PMTC、スケーリング、フッ素塗布、ブラッシング指導、生活習慣改善のアドバイス

これら5つのことから、虫歯や歯周病は予防歯科に通えば確実に予防できるのかが分かります。
予防歯科に通うことで、虫歯や歯周病の予防効果は格段に高まります。
ただしそれは、予防歯科で教わったブラッシング方法や生活習慣改善のアドバイスを守ることが前提です。

これらを守って実践しつつ、予防歯科にも通って丁寧な歯磨きを心掛けていれば、
大抵の虫歯や歯周病は予防できるでしょう。また、仮に虫歯や歯周病にかかったとしても、
予防歯科に通っていることで早期発見できますし、進行する前の段階で確実に治療できるようになります。

PAGE TOP