ホーム >Blog > デンタルフロスを使うのと使わないのとでは、予防の効果は全く違いますか?

訪問診療をはじめました
削らない虫歯治療
歯周内科
メタルフリー歯科
無痛インプラント
非抜歯矯正
無痛小児歯科
特殊入れ歯
ホワイトニングシステム
オールオン4.6
神経を抜かない治療
週刊早稲田
求人情報
西永福歯科
講演依頼

デンタルフロスを使うのと使わないのとでは、予防の効果は全く違いますか?

西早稲田の歯医者さん、西早稲田駅前歯科矯正歯科です。
今回のテーマは「デンタルフロスを使うと予防の効果は高まるのか」です。
歯磨きの効果を高めるためには、デンタルフロスを使用すると良いと言われています。

デンタルフロスとは歯と歯の間を綺麗にするためのもので、歯ブラシで落とせない汚れも除去できます。
さて、そんなデンタルフロスを使うとどれくらい予防効果が高まるのでしょうか。
ここでは、デンタルフロスを使った時と使わない時を比較して、予防効果の違いを説明していきます。

1. プラーク除去率で比較

ブラッシングのみの歯磨きの場合、例え丁寧に磨いてもプラークの除去率は6割程度と言われています。
ここでデンタルフロスを使用した場合、そのプラーク除去率はさらに2割高まります。
つまり、ブラッシングだけでは6割のプラーク除去率が、デンタルフロスの使用で8割になるのです。

虫歯や歯周病菌はプラークの中に存在していますから、予防の基本はプラークの除去にあります。
その意味では、デンタルフロスを使用した方がプラークの除去率が確実に高まります。
このため、今回のテーマに回答するなら「予防の効果は全く違う」です。

2. 1日1回使用してこそ意味がある

デンタルフロスは1日1回使用してください。タイミングとしてはブラッシングも丁寧にできる時間帯がいいので、
夜寝る前の歯磨きの時に使用するのがベストです。1日3回の歯磨きで毎回する必要はないものの、
デンタルフロスの効果を発揮させるためには1日1回の使用が必要です。

ちなみに、デンタルフロスを週に1回程度しか使用しなかった場合のデータを見てみると、
元々デンタルフロスを使用していない人と比べて虫歯予防効果は大差ないのです。
つまり、使用頻度が低ければデンタルフロスを使ってもその効果を全く得られないのです。

3. 歯周病予防なら歯間ブラシもおすすめ

デンタルフロスはブラッシングで除去しきれない汚れを落とすためのものですが、
それと同じような働きをするものとして歯間ブラシが挙げられます。
ドラッグストアなどに行っても、デンタルフロスと並んで歯間ブラシが販売されています。

この歯間ブラシについてですが、デンタルフロスが歯と歯の間の汚れを落とすのに対して、
歯間ブラシは歯と歯肉の間の汚れを落とせます。そして、デンタルフロスは虫歯予防に効果的であり、
歯間ブラシは歯周病予防に効果的です。もちろん、両方使用することで予防効果はより高まります。

4. 虫歯予防に効果的な理由

デンタルフロスはプラーク除去率が2割高まりますが、その2割はそれほど大きいのでしょうか。
その2割の違いが、虫歯予防にどれだけの差をもたらすのかを考えてみます。
これについては、2割という数値よりもプラークを除去できる箇所がポイントになってきます。
と言うのも、虫歯の大半は歯と歯の間から発生することが多いからです。

歯と歯の間は言わば虫歯の発生ポイントであり、歯ブラシではその箇所をうまくブラッシングできません。
しかし、デンタルフロスを使用すればそんな虫歯の発生ポイントのプラークを容易に除去できるのです。
つまり、「プラーク除去率が2割高まる」という点よりも「歯と歯の間を綺麗にできる」という事実が、
デンタルフロスの虫歯予防の効果の高さを意味しているのです。

5. 歯の異常に気付くきっかけになる

デンタルフロスを使用することは、本来気付かない歯の異常に気付くきっかけにもなります。
例えば、デンタルフロスを使用していて引っ掛かる、切れるといった事態が起こることがあります。
この場合、その箇所に被せ物があった時は、被せ物が合っていない可能性があります。

また、虫歯がある際も同じように引っ掛かるため、これが虫歯に気付くきっかけにもなり得ます。
さらにデンタルフロスから嫌な臭いがした場合は細菌が繁殖していることが考えられ、
歯周病が起きている可能性もあるのです。こうした異常に気付けるのも、デンタルフロス使用のメリットです。

まとめ

いかがでしたか?
最後に、デンタルフロスを使うと予防の効果は高まるのかについてまとめます。

  1. プラークの除去率で比較 :デンタルフロスを使用しない場合は6割、使用する場合は8割になる
  2. 1日1回使用してこそ意味がある :デンタルフロスは1日1回の使用が理想。使用頻度が低いと効果がない
  3. 歯周病予防なら歯間ブラシもおすすめ :歯間ブラシは歯周病予防向け、デンタルフロスは虫歯予防向け
  4. 虫歯予防に効果的な理由 :虫歯の発生頻度が高い「歯と歯の間にあるプラーク」を除去できるため
  5. 歯の異常に気付くきっかけになる :引っ掛かりなどがあった場合は、虫歯が起こっている可能性がある

これら5つのことから、デンタルフロスを使うと予防の効果は高まるのか分かります。
デンタルフロスを使用することで虫歯の予防効果は格段に高まりますし、
歯磨きの効果を最大限発揮させるためにはデンタルフロスの使用は欠かせません。

ちなみに、今回の説明の中で歯間ブラシについてお話ししましたが、
デンタルフロスと歯間ブラシの両方を使用した場合、プラークの除去率は9割以上になるとされています。

PAGE TOP