ホーム >Blog > インプラントをしてから、頬や舌のあたりを噛んでしまいます

削らない虫歯治療
歯周内科
メタルフリー歯科
無痛インプラント
非抜歯矯正
無痛小児歯科
特殊入れ歯
ホワイトニングシステム
オールオン4.6
神経を抜かない治療
週刊早稲田
求人情報
西永福歯科
講演依頼

インプラントをしてから、頬や舌のあたりを噛んでしまいます

西早稲田の歯医者さん、西早稲田駅前歯科矯正歯科です。
今回のテーマは「インプラント後に頬や舌を噛む悩み」です。
インプラントを使用していると、ちょっとした症状が気になってしまうことがあります。
そして、「すぐに頬や舌を噛んでしまう」というのもその一つです。

このように何らかの症状が気になった場合、単に偶然だと決めつけずに歯科医院に行くことが大切です。
例えば頬や舌を噛むというのもインプラントに何らかの問題が起きているかもしれないですし、
そうであった場合はいち早く診察を受けて対処しなければ大きな問題に繋がる危険性もあるのです。
では、実際に頬や舌を噛むことの原因、さらにはそれがどんな問題に発展し得るかを解説していきます。

1. 歯がない期間が長いと起こり得る

歯がなくなることでそこに空間が生まれることになりますが、そうするとそこに頬や舌が入り込んできます。
そして、その期間が長くなると頬や舌はそこに空間があることが当たり前であるかのようになるのです。
インプラントをすることでその空間は歯で埋まりますが、頬や舌からすればそれは突然の環境の変化です。
このため、頬や舌の筋肉がその環境の変化に対応しきれなくなるのです。

今まで入り込んでいた箇所に歯があるものの、対応しきないことで少し入り込んでしまい、
その結果噛む時に挟まって頬や舌を噛んでしまうのです。
これを改善するには、最初はゆっくり噛んで頬や舌の筋肉を新たな環境になじませるしかありません。
それを無視すると何度も頬や舌を噛み、噛んで腫れることでまた噛むという悪循環を生んでしまいます。

2. 噛み合わせが合っていない問題

噛み合わせが合っていないことで頬や舌を噛んでしまうこともあります。
噛み合わせはインプラントを使用する上で大変重要で、
なぜなら、噛み合わせが悪いことで特定の歯に負担が掛かってしまい、
それが原因でインプラントにダメージを与えてしまうこともあるからです。

とは言え、そもそもインプラントをした時に噛み合わせの調整は慎重に行います。
しかし、インプラントを使用するにつれて徐々に調整が崩れてくるのです。
最も、インプラントしてすぐに頬や舌を噛むようであれば元々の調整が合っていなかった可能性もありますし、
その意味で考えても歯科医院に行って担当の歯科医に相談すべきでしょう。

3. インプラント治療後のメンテナンス

インプラント治療を行った後には、メンテナンスのための通院が定期的に必要です。
この時、口の中の状態をチェックするのはもちろん、必要に応じて噛み合わせの調整も行います。
もしこのメンテナンスを疎かにしてしまうと、噛み合わせがどんどん悪くなってしまいますし、
仮にメンテナンスを疎かにしていて頬や舌を噛むようになった場合は、すぐ歯科医院に行ってください。

と言うのも、噛み合わせの調整をしなければならないのはもちろんですが、
インプラント周囲炎など、インプラント脱落を招きかねない症状が起こっていることもあるからです。
本来、メンテナンスに通っていればそういった症状のチェックも行いますが、
メンテナンスを疎かにしていることで、今自分の口の中がどんな状態にあるか分かりません。
もしかすると、噛み合わせの問題以外にも別の症状が起こっている可能性もあるのです。

4. インプラントのリスク

噛み合わせが悪いにせよ、歯がない期間が長かったからにせよ、
インプラント周囲炎も含めて何だかインプラントは問題だらけだと思ってしまう人もいるかもしれません。
インプラントでは手術の行うため、確かに入れ歯と比べればリスクが高い治療になることは事実ですし、
メンテナンスの通院や治療期間を考えると、手間の掛かる治療であることもまた事実です。

そして、こうしたリスクを少しでも減らすために重要なのが歯科医院選びです。
本来歯科医院を選ぶ時には通院のしやすさを基準に選ぶことが多いでしょうが、
インプラントの場合はそれよりも歯科医の技術や信頼性で選ぶといいでしょう。
そうすることで、最初から噛み合わせが合わないなどというトラブルも回避できるのです。

まとめ

いかがでしたか?
最後に、インプラント後に頬や舌を噛む悩みについてまとめます。

  1. 歯がない期間が長いと起こり得る :歯がないことに頬や舌の筋肉が慣れてしまっている
  2. 噛み合わせが合っていない問題 :噛み合わせが合っていないことで頬や舌を噛んでしまう
  3. インプラントのリスク :インプラントはリスクがある治療だからこそ、信頼できる歯科医院で治療を受ける

これら4つのことから、インプラント後に頬や舌を噛む悩みが分かります。
この場合、どちらにしても歯科医院で相談すべきでしょう。
インプラントに不慣れなことが原因なら、少しでも早く慣れるためのアドバイスを受けられますし、
噛み合わせに問題があるなら、その時は歯科医院でしか調整ができないからです。

PAGE TOP