ホーム >Blog > インプラントは自分の歯と同じように噛むことはできますか?

訪問診療をはじめました
削らない虫歯治療
歯周内科
メタルフリー歯科
無痛インプラント
非抜歯矯正
無痛小児歯科
特殊入れ歯
ホワイトニングシステム
オールオン4.6
神経を抜かない治療
週刊早稲田
求人情報
西永福歯科
講演依頼

インプラントは自分の歯と同じように噛むことはできますか?

西早稲田の歯医者さん、西早稲田駅前歯科矯正歯科です。
今回のテーマは「インプラントは自分の歯と同じように噛めるのかについて」です。
インプラントは審美治療であり、審美治療とは見た目の美しさを得るための治療です。
確かに、インプラントには審美の名に相応しい見栄えの美しさがあるのは事実です。

しかし、歯にとって大切なのは美しさだけではありません。
いくら見栄えが良くても、快適な食生活が送れないようでは歯としての意味を持たないのです。
審美性ばかりが注目されがちなインプラントですが、今回は実用性について考えてみます。
そこで、ここではインプラントは自分の歯と同じように噛めるのかについて説明します。

1. 自分の歯に近い咬合力

噛む時の力を咬合力と言いますが、インプラントの咬合力は非常に高いです。
自分の歯を100%とするなら、インプラントではそれに限りなく近い90%ほどの咬合力を誇ります。
とは言え、入れ歯やブリッジがそれを上回っていてはむしろ90%は低い数値となるでしょう。

そこでこれらにおいても咬合力を挙げておくと、入れ歯の場合は総入れ歯で10%、
部分入れ歯で30%ほどの咬合力になりますし、ブリッジにおいては60%ほどになります。
この点から見ても、インプラントがいかに噛む力に優れているか分かります。
9割という数字のとおり完全に同じとまではいきませんが、自分の歯で噛む時と同じくらいの強さで噛めます。

2. 食生活について

噛む力が最も発揮されるのは食事の際ですから、インプラント使用時の食生活についても触れておきます。
インプラントは極端に硬いものでなければ何でも食べられます。
また、入れ歯のように付着してとれなくなることもないため、ガムや餅も問題なく食べられます。

つまり噛む力に優れているだけでなく、やわらかくて付着する特徴を持ったものも苦手としないのです。
ちなみに前述した「極端に硬いもの」ですが、これは堅焼きやアメ玉などが該当します。
さらに種を噛むクセがある人も要注意で、いくらインプラントでもこれらを噛むと破損する可能性があります。

3. 噛めることは健康と自信に繋がる

自分の歯と同じ感覚で噛めることは、健康と自信にも繋がります。
食生活が充実して何でも食べられれば、栄養が偏ってしまう心配もありません。
つまり何でも食べられることは身体の健康にも繋がるのです。
また、何でも食べられることで人前でも堂々と食事ができ、それが自分への自信にもなります。

歯を失ったことがコンプレックスになる人は多いですし、それを気づかれたくない人もいるでしょう。
入れ歯の場合は食材を限定することで、見栄えも含めて周囲に入れ歯だと気づかせてしまいます。
一方インプラントなら何でも噛めますし、その姿を見てインプラントだと気づく人はほとんどいません。
このため、友人や仕事仲間と食事する場面で引け目を感じることもなくなります。

4. 何でも噛める理由

インプラントなら何でも噛めると言うと、「それはなぜ?」と疑問に思う人もいます。
インプラントが何でも噛める理由は、人工の歯の根を埋め込むことによる安定性にあります。
入れ歯やブリッジは単に装着するだけなので、土台となる支えはありません。

一方インプラントは手術によって人工の歯の根を顎の骨に埋め込み、これが土台となるのです。
言わば土台が安定した建築物と同じようなもので、安定しているからこそ強い力で噛むことができます。
つまり、何でも噛める理由はインプラントの構造にあるのです。

5. 調整とケアを欠かさない

何でも噛めるということは、入れ歯などに比べてそれだけ噛む機会も増えることになります。
このため、噛み合わせの調整や歯磨きなどのケアは絶対に欠かしてはいけません。
実際にインプラントの治療後には定期的にメンテナンスのための通院が必要になりますが、
そこでは口の中の状態をチェックするとともに噛み合わせの調整も行います。

また、インプラントは自分の歯と違うため虫歯にはならないものの、
歯肉がある以上歯周病にはなりますし、インプラントにとって歯周病は天敵とも言える存在です。
メンテナンスの通院や毎日の歯磨き、これらをしっかり行ってこそ快適な生活が送れるのです。

まとめ

いかがでしたか?
最後に、インプラントは自分の歯と同じように噛めるのかについてまとめます。

  1. 自分の歯に近い咬合力 :自分の歯を100%とすると、インプラント90%の噛む力を持つ
  2. 食生活について :極端に硬いものでなければ食べられる。入れ歯のようにガムが付着する心配もない
  3. 噛めることは健康と自信に繋がる :何でも食べることで栄養バランスもとれ、人前でも堂々と食事できる
  4. 何でも噛める理由 :人工の歯の根を埋め込むことで安定した土台ができるため
  5. 調整とケアを欠かさない :噛み合わせの調整と歯周病予防、これらを徹底してこそ快適な生活を送れる

これら5つのことから、インプラントは自分の歯と同じように噛めるのかについて分かります。
このようにインプラントは自分の歯をほぼ同じように噛むことができます。
このため、食事において不自由に感じることはないでしょう。
インプラントは見た目の美しさだけでなく、歯としての実用性にも優れているのです。

PAGE TOP