ホーム >Blog > インプラントをしている時、食べ物で気をつけたほうがよいものはありますか?

削らない虫歯治療
歯周内科
メタルフリー歯科
無痛インプラント
非抜歯矯正
無痛小児歯科
特殊入れ歯
ホワイトニングシステム
オールオン4.6
神経を抜かない治療
週刊早稲田
求人情報
西永福歯科
講演依頼

インプラントをしている時、食べ物で気をつけたほうがよいものはありますか?

インプラントは見栄えの良さだけでなく、安定性や実用性が高い点も魅力です。
人工の歯の根を埋め込むことで天然の歯同様の安定性を誇り、
また天然の歯同様の日常生活を送れることで実用性の高さにも優れているのです。
そこで気になるのが食生活です。天然の歯同様の日常生活が送れるということは、
天然の歯同様の食生活が送れるということなのか?ここではインプラントと食事について説明します。

天然の歯よりは衝撃を受けやすい

インプラントは人工の歯ですから、天然の歯のように歯根膜がありません。
歯根膜は言わばクッション代わりのようなもので、噛んだ時の衝撃を和らげる役割を持っています。
これがないことで、天然の歯に比べて噛んだ時の衝撃が強くなるのです。

このため、噛む強さによっては人工の歯の部分が欠ける、割れるといったことが起こりますし、
埋め込んだインプラント自体もダメージを受けてしまいます。
と言うことは、そこまで強い力で噛まなければならないほどの食べ物はおすすめできないということです。

注意が必要な食べ物

漠然的な表現かもしれませんが、硬すぎるものは食べない方がいいでしょう。
よく挙がるのは、堅焼せんべいや硬すぎるパンなどです。
インプラントならせんべいやパンは普通に食べられますが、それらの中でも硬すぎるものは禁物です。

確実なのは、自身の好物や食べたいものの中で硬いものを挙げ、
実際にそれが問題ないかどうかを歯科医に確認することです。
また、こうしたものでも飲み物を口に含んで柔らかくするなどの工夫をすれば、問題なく食べられます。

硬いものを噛み砕く行為に注意

硬いものを噛み砕くといってもピンとこない人が多いでしょうが、
インプラントが欠ける例としては氷やアメを噛み砕く、ナッツ類の殻を噛み砕くなどの行為です。
また、人によっては梅干しやフルーツなどにある種を噛むクセのある人もいます。

これらの行為はいずれもインプラントが欠ける、割れるといった要因になり得ます。
また、氷やアメや種を噛み砕くというのは食事というよりは一種のクセに近いため、
つい無意識にやってしまいがちなのが問題です。このクセに自覚のある人は必ず改善して直してください。

手術直後の食生活には制限がある

手術した直後は、治療した箇所に出血や腫れが見られます。
これらは通常時間の経過とともに回復していきますが、食事次第で回復が遅れてしまうのです。
手術直後では硬いものはもちろんですが、それ以外に辛いものなど刺激物も厳禁です。

刺激物の類も出血や腫れを悪化させてしまいますし、もっと言えば噛む行為自体がおすすめできません。
とは言え、栄養を摂取することも大切なので、手術直後は噛まずに栄養を摂取できるものを食べましょう。
例えば、お粥や栄養の高いゼリーのようなものが理想です。

食べ物が歯と歯の間に詰まりやすくなる

インプラントを使用している人に多い悩みがこれですが、
歯と歯の間に食べ物が詰まるのは食材に問題があるわけではありません。
これは、歯と歯茎の隙間が天然の歯だった頃と全く同じ再現ができないことが原因です。

分かりやすく言えば、天然の歯の時には見られなかった隙間がインプラントだと見られるようになり、
そこに食べ物が詰まってしまうのです。元の歯を完全再現するのは不可能なのでどうしても起こり得ますが、
食材で原因でない以上、食べ物が詰まるという点で食事を気にする必要はありません。

食後の注意点

ここで説明したように、インプラントを使用している時は食べ物にいくつかの注意点があります。
しかし、それだけでなく食べた後にも大きな注意点があるのです。
それは、天然の歯以上にしっかりと歯磨きをすることです。

知っている人もいるかもしれませんが、インプラントで最も怖いのは歯周病です。
歯周病が悪化することで顎の骨が溶かされ、さらにその箇所にインプラントが埋め込んである場合、
埋め込まれたインプラントが不安定になって最終的にインプラントが抜け落ちてしまうのです。

まとめ

いかがでしたか?
最後に、インプラントをしている時の食べ物の注意点についてまとめます。

  1. 天然の歯よりは衝撃を受けやすい :歯根膜がないので噛んだ衝撃が伝わりやすい。強く噛むのは要注意
  2. 注意が必要な食べ物 :一般的には堅焼せんべいなど。硬い好物があれば歯科医に相談するのが確実
  3. 硬いものを噛み砕く行為に注意 :氷やアメや種などを噛み砕くクセがある人はそのクセを直すべき
  4. 手術直後の食生活には制限がある :手術直後は硬いものはもちろん、刺激物を食べるのも禁止
  5. 食べ物が歯と歯の間に詰まりやすくなる :よくある症例だが、これは食材とは一切関係ない
  6. 食後の注意点 :食べるだけでなく、食べた後の歯磨きも大切。特に歯周病は大きな問題を招く

これら6つのことから、インプラントをしている時の食べ物の注意点が分かります。
インプラントは硬いものでも食べられますが、硬すぎるものは割れや欠けに繋がります。
しかし、硬いものと硬すぎるものを区別するのは普通に考えて難しいでしょう。
このため、硬い食べ物で好物がある人はその食べ物が問題あるかどうかを歯科医に確認するのが確実です。

PAGE TOP