ホーム >Blog > 歯周病は自覚症状がないと言いますが、初期の段階で気付くことは不可能なのですか?

削らない虫歯治療
歯周内科
メタルフリー歯科
無痛インプラント
非抜歯矯正
無痛小児歯科
特殊入れ歯
ホワイトニングシステム
オールオン4.6
神経を抜かない治療
週刊早稲田
求人情報
西永福歯科
講演依頼

歯周病は自覚症状がないと言いますが、初期の段階で気付くことは不可能なのですか?

歯周病は虫歯の痛みのような目立った自覚症状がないため、初期段階で気付きにくいのが難点です。
このため、ある程度進行してから気付く人が多く、だからこそ歯周病で歯が失う人が多いのです。
しかし、実際に歯周病になっている以上、いくら気付きにくいとは言え何らかの変化が起こることも事実です。
そんな小さな変化に気付くことができれば、初期段階の歯周病も発見することができるのです。
そこで、ここでは歯周病の初期段階で起こり得るささいな症状を挙げていきます。

1. 口臭

エチケットの意味で誰もが気にすることですが、歯周病になると口臭を感じるようになります。
と言うのも、歯周病になると口内が歯周病菌だらけになるため、それが口臭を招くのです。
また、歯周病は歯茎に膿みが出ますし、出血もしやすくなります。

そういった膿みや出血もまた、口臭の原因になるのです。
最も、口臭があるからと言って歯周病とは限らないですし、他の原因の可能性も確かにあり得ます。
しかし、実際に歯周病でも口臭が起こる以上、この自覚症状を無視してはいけません。

2. 出血

歯周病になると歯茎が炎症を起こして腫れてきます。
歯茎には血管が通っているため、この状態になると多少の刺激で出血しやすくなるのです。
ちなみに、出血しやすい場面は歯磨きと食事の際です。

ブラッシングで歯ブラシが歯茎に当たったり、食事でリンゴのように堅いものを噛むと、
それが刺激になって歯茎から出血してしまうのです。例えわずかでも歯ブラシに血がついた時には、
強く磨きすぎたなどと解釈せず、歯周病である可能性を疑ってください。

3. 歯が長くなる

この状態になるとある程度進行はしているものの、
歯周病の症状の中では気付きやすい方なので敢えて挙げておきます。
歯周病は顎の骨を溶かしますが、実際に溶けてしまうとそこを覆っていた歯茎も退縮します。

このため、歯茎が全体に下がってくるのです。そして、その影響で歯の根元が露出します。
つまり、本来なら歯茎で覆われていた箇所が露出することで歯が長くなって見えるのです。
特に、前歯がこの状態になればすぐに気付きます。

4. 歯茎の変色

健康な歯茎は綺麗なピンク色をしていますが、歯周病になるとこれが変色します。
具体的にはまず赤くなり、さらに進行すると今度は紫っぽい色になっていきます。
分かりやすく言うと、進行すればするほど歯茎が濃く変色していくのです。

ちなみに、歯茎が変色しても痛みはないのでこれは見た目で発見するしかありません。
また、歯と歯の間の部分の歯茎は柔らかくなっています。
ささいな症状ですが、これに気付いてすぐ治療すれば歯を失うような大きな問題にはなりません。

5. 熱いものや冷たいものがしみる

これは、上記で説明した「歯が長くなる」に関係してくる症状です。
歯周病になると歯茎が下がり、歯の根元が露出して長くなったように見えると説明しました。
実は、この歯の根元と言うのは刺激に対して非常に敏感な特徴を持っているのです。

本来は歯茎に覆われているのでそれは実感できませんが、
露出したことによってこの刺激に敏感な特徴をハッキリ実感できるようになります。
それが、熱いものや冷たいものがしみた時なのです。

6. 確実に気付ける方法

歯周病の初期段階はどれもささいな症状ですが、確実に気付ける方法が一つだけあります。
それは、歯科医院で定期検診を受ける習慣を身につけておくことです。
歯科医院は治療するだけでなく、予防のために通うこともできるのです。

定期検診では口内をクリーニングするため、プラークはもちろん歯石も完全に除去でき、
この上ない歯周病予防になるのです。また、口内の状態も細かくチェックしてもらえるため、
気付きにくい初期段階の歯周病も容易に発見することができるのです。

まとめ

いかがでしたか?
最後に、初期段階の歯周病に気付くことは不可能なのかについてまとめます。

  1. 口臭 :口内の歯周病菌、膿みや出血などが原因で口臭がするようになる
  2. 出血 :歯茎が腫れると出血しやすくなる。ブラッシングや食事の際に出血した時は歯周病を疑うべき
  3. 歯が長くなる :歯茎が下がることで歯の根元が露出し、そのせいで歯が長くなって見える
  4. 歯茎の変色 :最初は赤く、次第に紫っぽく変色する。痛みはないので見て確認するしかない
  5. 熱いものや冷たいものがしみる :歯の根元は刺激に敏感。そこが露出することでしみを感じるようになる
  6. 確実に気付ける方法 :歯科医院で定期検診を受けること。早期発見だけでなく予防の効果も絶大

これら6つのことから、初期段階の歯周病に気付くことは不可能なのかが分かります。
注目すべきポイントは、歯科医院で定期検診を受ければ確実に気付けるという点です。
つまり、自身の力だけでは初期段階の歯周病に確実に気付くことは難しいのです。
自身の歯を守るためにも、予防の意味も兼ねて歯科医院で定期検診を受けることをおすすめします。

PAGE TOP