ホーム >Blog > インプラント治療はやはり大変ですか?

削らない虫歯治療
歯周内科
メタルフリー歯科
無痛インプラント
非抜歯矯正
無痛小児歯科
特殊入れ歯
ホワイトニングシステム
オールオン4.6
神経を抜かない治療
週刊早稲田
求人情報
西永福歯科
講演依頼

インプラント治療はやはり大変ですか?

インプラント治療はとても手軽とは言えず、
治療期間や治療内容、費用において従来の歯科治療よりも大掛かりなものになります。
このため、インプラント治療は大変と考える人が多く、興味はあっても治療しないパターンが多いのです。
では、実際にどんな部分が大変なのかを挙げていきます。

1. 治療内容

インプラントの仕組みは、顎の骨に人工の歯の埋め込むことで安定させており、
治療の際にはそのための手術が必要です。
また、手術も2回に分けて行われますし、手術前にはカウンセリングや精密検査も行います。

麻酔を使用するので痛みは問題ないものの、手術への不安や緊張、恐怖を感じる人も多いのです。
従来の歯科治療なら、そこまで不安や恐怖を感じることもないですし、
インプラント治療には治療内容が大掛かりなため、精神面の負担も大きくなるのです。

2. 治療期間

およその目安になりますが、インプラントの治療期間は半年以上掛かりますし、
患者さんの状態によっては10ヶ月ほど掛かることもあります。
また、治療が終わったとしても、その後は一定期間ごとにメンテナンスを行います。

歯科医院によっては短期コースを設けているところもありますが、
それでも治療に3ヶ月は掛かるでしょうし、メンテナンスが必要な点は同じです。
このように、従来の歯科治療に比べると治療期間は相当長くなります。

3. 通院

インプラント治療では通院も大変です。
まず治療期間自体が長いため、必然的に通院期間も長くなりますし、
遠くの歯科医院に通うとなれば、それだけ手間も時間も掛かります。

インプラント治療は歯科医院選びも重要ですし、近所の歯科医院では対応すらしていないことが大半です。
このため、治療の際は遠くの歯科医院に通うケースが多く、距離によっては交通費も深刻になります。
高齢の患者さんの場合、長期間の通院が体力的に難しいと判断されることもあり、
その際はインプラント治療が受けられなくなります。/p>

4. 精神的負担

上記でも少し触れましたが、インプラント治療では手術が必要になるため、
身体はもちろん精神的な負担や疲労も大きくなります。
手術内容を聞けば怖く感じるのは普通ですし、治療そのものに不安を感じる患者さんもいるでしょう。

例えば、歯周病の治療と親知らずの抜歯とでは、後者の方が緊張しますし怖くも感じるものです。
インプラント治療では、そういった治療への怖さや緊張に覆われることになります。
ちなみに、歯科医院によってはリラックスできる鎮痛法という麻酔を採用しているところもあります。

5. メンテナンス

これも上記で少し触れましたが、インプラントは治療を終えて終わりではありません。
その後はメンテナンスのための通院が必要になりますし、これを欠かすのは厳禁です。
つまり、インプラント治療をするからには、いつまでも歯科医院に通うことになるのです。

通院が好きな患者さんなんているはずないですし、
治療が終われば歯科医院に行く必要がなくなるのが普通です。
しかし、インプラント治療ではそうはいかず、治療後においても定期的な通院が必要になるのです。

6. 治療を受ける条件

インプラント治療は誰でも受けられるというわけではないですし、
実際に治療前にはそれを判断するための精密検査も行われます。
このため、持病や身体の状態によっては治療を受けられないことがありますし、
例え治療可能と判断されたとしても、場合によっては内科の主治医との連携が必要になってきます。

また、口内の状態が良好だとしても、年齢や体力面の問題で治療不可能と判断されることもあります。
そういった意味ではインプラント治療は敷居が若干高く、
虫歯治療のような一般的な治療ではないのです。

まとめ

いかがでしたか?
最後に、インプラント治療は大変なのかについてまとめます。

  1. 治療内容 :二度の手術も行うため、虫歯や歯周病治療のように簡単にはいかない
  2. 治療期間 :半年以上の治療期間を要することも多く、人によっては10ヶ月以上も掛かる
  3. 通院 :長期間の通院が必要となる上、遠方まで通わなければならないケースもある
  4. 精神的負担 :手術を必要とすることから、不安や恐怖といった精神的負担も大きい
  5. メンテナンス :治療が終わっても、定期的にメンテナンスのための通院が必要
  6. 治療を受ける条件 :持病などによっては治療を受けられず、誰でもできるというわけではない

これら6つのことから、インプラント治療は大変なのかが分かります。
何事にもメリットとデメリットがありますが、
インプラント治療の場合、ここで挙げた大変なことがイコールデメリットになります。

保険が適用できないために費用が高いですし、治療も大掛かりなものになります。
また、それだけ通院期間も長くなり、治療後もメンテナンスのための通院が必要です。
このように、とても手軽な治療とは言えないのがインプラントの特徴ですが、
ただしその分、天然の歯と同じ感覚で生活できるという他の治療では得られない利点も持っています。

PAGE TOP