ホーム >Blog > インプラント治療ってなんですか?

削らない虫歯治療
歯周内科
メタルフリー歯科
無痛インプラント
非抜歯矯正
無痛小児歯科
特殊入れ歯
ホワイトニングシステム
オールオン4.6
神経を抜かない治療
週刊早稲田
求人情報
西永福歯科
講演依頼

インプラント治療ってなんですか?

インプラントとは失った歯を取り戻せる治療方法で、
入れ歯やブリッジとは全く違い、天然の歯と同じ感覚の人工の歯を手に入れることができます。
最も、入れ歯やブリッジに比べて歴史が浅い分、インプラント治療をよく知らないという人も多いです。
そこで、インプラント自体の説明や治療の流れなど、インプラントに関する様々なことを解説していきます。

インプラントとは

手術によって人工の歯の根を埋め込み、その上に人工の歯を被せる治療です。
人工の歯は天然の歯と遜色ない見た目や質を誇っていますし、人工の歯の根があるので安定もしています。
このため、天然の歯と同じ感覚で生活することが叶い、インプラントは第二の永久歯とも言われています。
ちなみにインプラントの構造を説明すると、インプラントは三つのパーツから成り立っています。

まず人工の歯の根、これが実際にインプラントと呼ばれるものです。
さらに人工の歯、そしてインプラントと人工の歯を繋ぐ、いわばジョイントの役割を果たすアバットメント、
インプラントはこれら三つのパーツでつくられているのです。
手入れが面倒で見た目が悪い入れ歯と違い、天然の歯を取り戻せる点で大きな魅力を持った治療です。

インプラントのメリット

最大の魅力は審美性です。見た目が美しいだけでなく、天然の歯と変わらない感覚で生活できる、
これがインプラントの最大のメリットです。特に前歯の場合、このメリットは一層魅力的なものになります。
安心して固いものを噛むことができますし、入れ歯のような装着の違和感もありません。

例え歯を失ってもインプラントすることで、今までと同じ日常生活や食生活を送れるのです。
また、実感は薄いかもしれませんが、良く噛めることは周囲の歯にも良い影響を与えます。
つまり、インプラントは他の歯や身体の健康面においても、プラスの役割を果たしてくれるのです。

インプラントのデメリット

まず治療が大掛かりなものになるため、通院の手間を嫌う人にとってはこれがデメリットになります。
治療期間も長いですし、治療後にもメンテナンスのための通院が必要になります。
インプラント治療できる歯科医院も少ないため、手軽な通院や治療が叶わないのが欠点です。

また、治療費が高くなることもデメリットの一つです。
審美目的を兼ねているため基本的な保険が適用できないですし、一般的に治療に比べて高額です。
あくまで平均ですが、一本につき30万円~45万円というのがインプラントの相場になります。

インプラント治療の流れ

治療の流れを大まかに説明すると、まずは精密検査やカウンセリングを行います。
精密検査はMRIなどを使用した本格的なものになります。また、費用や治療計画もこの時点で説明します。
その後は本格的な治療に入り、まず一次手術を行ってインプラント、つまり人工の歯の根を埋め込みます。
手術後は定着期間となり、インプラントが骨に完全に定着するために期間を空けます。

定着期間を終えた後、今度は二次手術を行ってアバットメントを装着します。
二次手術の後は再び期間を空け、最後に人工の歯を被せて治療が完了します。
つまり、人工の歯の根、歯の根と歯の連結部分、人工の歯、この順番で治療をすすめていくことになります。
また、治療後はメンテナンスが必要になるため、その後も定期的な通院が必要になります。

格安インプラントの罠

インプラントの特徴を考えた時、誰もが思うことが治療費の高さです。
そんな中、歯科医院によっては格安のインプラントを謳っているところもいくつか存在します。
治療費の平均と全く違い、数万円といった激安の費用でインプラントを告知する歯科医院もあるのです。
そして、こうした格安インプラントには注意が必要です。

ありがちなパターンとしては、トータルの治療費でなく治療費の一部だけを提示しているパターンです。
この場合、格安につられて治療を受けてしまうことで、
治療の段階ごとに予想外の出費が必要になってしまうことがあります。
また、粗悪な素材を使用しているために安くしている、残念ながらそんな歯科医院があるのも事実です。

まとめ

いかがでしたか?
最後に、インプラント治療とは何なのかについてまとめます。

  1. インプラントとは :人工の歯の根を埋め込むことで、天然の歯と変わりない感覚の人工の歯が手に入る
  2. インプラントのメリット :天然の歯と同じ感覚で日常生活、食生活を送ることができる
  3. インプラントのデメリット :費用が高く、治療期間も長い。入れ歯に比べ、お手軽な治療とは言い難い。
  4. インプラント治療の流れ :精密検査の後、二回に分けて手術が行われる。治療後の通院が必要になる
  5. 格安インプラントの罠 :費用の一部しか提示していない、素材が粗悪などの可能性がある

これら5つのことから、インプラント治療とは何なのかが分かります。
入れ歯などでコンプレックスを抱えている人にとっては、
インプラントはそんなコンプレックスを解消させることができる画期的な治療です。
治療費の高さはネックですが、それに見合う満足を得られるのも事実です。

PAGE TOP