ホーム >Blog > 歯と歯の隙間が気になるのですが…

訪問診療をはじめました
削らない虫歯治療
歯周内科
メタルフリー歯科
無痛インプラント
非抜歯矯正
無痛小児歯科
特殊入れ歯
ホワイトニングシステム
オールオン4.6
神経を抜かない治療
週刊早稲田
求人情報
西永福歯科
講演依頼

歯と歯の隙間が気になるのですが…

歯と歯の間に隙間があるのは気になりますし、すきっ歯と言われるために見た目も気になりますね。
要するに歯並びが悪いわけですから、改善策としては矯正を想像しがちです。
もちろんそれも選択肢の一つですし、全体の歯並びによっては矯正した方がいいこともあります。
しかし単に隙間を埋めるだけなら、矯正以外にも改善する方法はあるのです。

1. すきっ歯であることの問題点

そもそもすきっ歯だとなぜ悪いのか?見栄えが悪いのはもちろんですが、それ以外にも問題点があります。
隙間が空くことでプラークが付着しやすくなるので、その箇所に歯石が溜まってしまうのです。
これは歯周病の原因になりますし、隙間が細菌だらけになってしまうことで口臭にも繋がります。
プラークが付着しやすいわけですから、もちろん歯周病だけでなく虫歯のリスクも高くなります。

また、すきっ歯であることで噛み合わせも悪くなってしまいます。
そうなると噛んだ時の力の掛かり方が不自然になるため、結果的に顎に悪影響を及ぼしてしまうのです。
顎に余計な負担が掛かることで変形を招き、顎の変形は顔そのものの変形にも繋がるのです。
たった一か所の隙間から、こうした口内の病気や変形のリスクが生じてくるわけです。

2. 歯列矯正以外の方法の検討

歯列矯正で正すことはできますが、単に隙間を埋めるだけなら他の方法も考えてみるべきです。
と言うのも、歯列矯正は費用も高額ですし、長期間の治療が必要になるからです。
もちろん歯列矯正を選択肢に入れることは悪くないですが、他の方法を知ることも大切です。
そもそも歯の隙間が気になる理由が見た目にあるのなら、矯正装置を使うことも気になるはずですね。

また、矯正はあくまでも歯並びの悪さを改善することが目的ですし、それ以上の効果はありません。
しかし他の方法はそれに加えたメリットを持っているのです。
このため安易に矯正を考えず、一旦別の方法も考え、それらを含めた上で治療方法を決めてください。
もちろん自身で結論を出すのが難しいこともあるため、実際に歯科医院で相談することをおすすめします。

3. ラミネートベニアで対応

方法の一つがラミネートベニアです。これはセラミック治療の一つであり、セラミックを貼りつける方法です。
例えるなら女性のつけ爪をイメージしてください。つけ爪は、元の爪の上から爪を貼って美しく見せます。
ラミネートベニアはこの応用で、元の歯にセラミックを貼りつけることで隙間を失くすことができるのです。
この方法の利点は、何と言っても仕上がりが美しいことです。

隙間だけでなく歯自体をセラミックで覆うので、結果的に白くて隙間のない歯が手に入るのです。
また、セラミックは変色しない上に汚れが付着しにくいと言う特徴を持っています。
このため見た目の綺麗さだけでなく、歯としての清潔さも維持できるのです。
ただし、隙間が大きすぎると対処できないことと、費用が高くなることが欠点です。

4. ダイレクトボンディングで対応

歯の隙間をプラスチックで埋める方法です。場合によっては保険が適用できるケースもあり、矯正も含め、保険の適用で隙間を埋めることができる唯一の方法です。
治療自体も難しくなく、短時間で終えることができるのが利点です。
ちなみに隙間自体は埋まっても、仕上がりの色はラミネートベニアには劣ります。

これは材質に差があることが理由で、ダイレクトボンディングの素材はプラスチックであるため、天然の歯のような白さを出すことはできないですし、2年ほどで変色も起こります。
保険を適用させなければ色の調整も細かくできますが、それでもラミネートベニアには及びません。
簡単に治療できて安い、この手軽さこそがダイレクトビンディングの特徴であり、メリットでもあります。

5. 自分でできるケア方法

ここで挙げた治療を検討するのであれば、その間に少しでも症状が改善するように、自身でできる簡単なケア方法も紹介しておきます。
基本となるのは歯茎のマッサージとデンタルフロスです。

デンタルフロスで隙間の清潔さを維持しつつ、歯茎をマッサージすることで少しずつ隙間が埋まります。
治療とは異なるため、これだけに頼るのはおすすめしませんが、実際に治療を受けるまでのケアとしては役立ちますし、単純に虫歯や歯周病予防にもなるのです。

まとめ

いかがでしたか?
最後に、歯と歯の隙間が気になる際の対処についてまとめます。

  1. すきっ歯であることの問題点 :見た目が悪いだけでなく、虫歯や歯周病や口臭の原因になる
  2. 歯列矯正以外の方法の検討 :単に隙間を埋めるだけなら、矯正よりもおすすめの方法がある
  3. ラミネートベニアで対応 :セラミックを貼りつける方法。隙間が埋まる上に歯の色も白くなる
  4. ダイレクトボンディングで対応 :プラスチックを埋める方法。保険が適用できることがあるのが利点
  5. 自分でできるケア方法 :歯茎のマッサージやデンタルフロスを行うことで、徐々に隙間も埋まる

これら5つのことから、歯と歯の隙間が気になる際の対処について分かります。
大抵は対処方法として矯正を連想するでしょうが、少しの隙間を埋めるだけなら他の方法がおすすめです。
ラミネートベニアなら歯の色自体も白くなりますし、ダイレクトボンディングなら安くて簡単に改善することができます。
矯正だけでなく、これらの方法も含めて検討してみてください。

PAGE TOP