ホーム >Blog > 銀歯を目立たなくする方法はありますか?

削らない虫歯治療
歯周内科
メタルフリー歯科
無痛インプラント
非抜歯矯正
無痛小児歯科
特殊入れ歯
ホワイトニングシステム
オールオン4.6
神経を抜かない治療
週刊早稲田
求人情報
西永福歯科
講演依頼

銀歯を目立たなくする方法はありますか?

銀歯は被せ物としては安くて手軽ですが、目立ってしまうところが短所です。
目立つことで笑顔に自信を失くし、多くの人がコンプレックスすら抱いてしまいます。
そこで思うのが、銀歯を目立たなくすることができるかということです。
ここでは、そんな銀歯を目立たなくさせる方法について考えていきます。

1. 銀歯に代わる被せ物を考える

目立たなくさせるためには、銀歯を天然の歯と同じ色にすることです。
とは言え、銀歯をホワイトニングすることは不可能ですから、銀歯に代わる目立たない被せ物を考える必要があります。
そこで候補となるのがセラミックやコンポジットレジンです。

特にセラミックは、今や銀歯以上に一般的な被せ物になりつつありますし、セラミック自体種類が豊富なので、予算に合わせたタイプのものを選択することもできます。
また、セラミックほどの人気や知名度はないものの、コンポジットレジンを選択する手もあります。
いずれにしても銀歯の目立つ欠点を補っているため、それで悩んでいる人におすすめです。

2. セラミックの特徴

天然の歯と変わらない美しさが特徴で、被せ物とすら感じさせない見た目を誇ります。
セラミックは被せ物としての寿命も長く、銀歯のように二次虫歯になるリスクも少ないです。
また、銀歯は金属が溶けて歯茎が黒く変色しますが、金属を使用しないセラミックにはそれもありません。
つまり、見た目としても被せ物の質としても、銀歯を上回っているのが人気の秘訣です。

一方、セラミックならではの欠点があることも事実です。
一番の欠点は費用の高さであり、保険が適用できない上に費用そのものも高額になります。
特に最も美しいオールセラミックは、10万円前後の費用が掛かることもあります。
選択肢自体は豊富で、費用を抑えるためにハイブリッドセラミックやメタルボンドと言ったものもあります。

3. コンポジットレジンの特徴

プラスチックの被せ物です。もちろん歯科治療ならではの専用のプラスチックなので、市販の脆いプラスチックとは全く違います。
セラミックには遠く及ばないものの、銀歯に比べると格段に目立ちにくいのが特徴で、さらにセラミックよりも安いと言う利点を持っています。
全てのケースとは限らないですが、多くの場合で保険が適用されるのが魅力です。

保険を適用させつつ銀歯を目立たなくさせる方法は、コンポジットレジン一択になります。
コンポジットレジンの欠点としては、プラスチックアレルギーの人には使えない点です。
また、目立たない被せ物であるものの、美しいとまでは言えない見栄えも欠点になります。
銀歯よりも目立たないのは間違いないものの、セラミックが誇る美しさとは全く違います。

4. 主流なのはセラミック

銀歯も含め、被せ物として現在主流になっているのはセラミックです。
確かに費用は高額ですし、歯科治療の一つとして捉えてしまうと正直抵抗を感じる金額ですね。
しかしセラミックを希望する人は、単に治療としてではなく自分の身体への投資として考えます。
つまり脱毛やエステと同じで、自分の身体を美しくするための投資としてセラミックを希望するのです。

被せ物としてだけ考えれば高額ですが、審美治療として考えれば費用に見合った満足度を得られます。
実際に被せ物としても優秀ですし、美しい見た目を10年維持できると考えれば、寿命が短く二次虫歯の治療を繰り返す銀歯に比べて、お得感も安心感もあるのです。
これらの点からセラミックを求める人が多く、特に女性は銀歯を選択するケースが少なくなっています。

5. 長い目で考えるべき

被せ物を決める時に最もやってはいけないことが、後で後悔することです。
もちろん被せ物を変更することはできますが、細かく言えば最初の被せ物の費用はムダになります。
安いと言う理由で銀歯を選ぶと、目立つことに悩まされて私生活に影響したり、二次虫歯を引き起こして余分な虫歯治療が必要になるはめになってしまいます。

その時の費用だけでなく、今後被せ物と身体の一部として考えた時、本当に今の選択でいいかを考えてみてください。
これが銀歯を選ぶ人が少なくなって理由でもあります。
例え10万円掛かっても、10年安心できるならセラミックを検討する価値は充分にありますし、私生活でコンプレックスを抱かなくて済むと言う点で、お金以上の価値があるのです。

まとめ

いかがでしたか?
最後に、銀歯を目立たなくする方法はあるかについてまとめます。

  1. 銀歯に代わる被せ物を考える :銀歯とは違った、目立たない被せ物を選ぶことで解決できる
  2. セラミックの特徴 :天然の歯と変わらない美しさが特徴。保険が適用できなくて高額なのが欠点
  3. コンポジットレジンの特徴 :セラミックほどではないが目立たない。保険が適用できることが多い
  4. 主流なのはセラミック :人気で言うならセラミック。自分の身体への投資として考えれば高くない
  5. 長い目で考えるべき :セラミックは寿命が長く、私生活の充実にも繋がる。10年満足の安心感がある

これら5つのことから、銀歯を目立たなくする方法について分かります。
方法としてはセラミックかコンポジットレジンの被せ物を選ぶことです。
問題はどちらがおすすめかという点ですが、一般的な人気や満足度、機能性や実用性を考えれば、セラミックをおすすめします。

PAGE TOP