ホーム >Blog > 歯の痛みを止める方法を教えて下さい

削らない虫歯治療
歯周内科
メタルフリー歯科
無痛インプラント
非抜歯矯正
無痛小児歯科
特殊入れ歯
ホワイトニングシステム
オールオン4.6
神経を抜かない治療
週刊早稲田
求人情報
西永福歯科
講演依頼

歯の痛みを止める方法を教えて下さい

歯の痛みというのは突然やってくるものです。最も、歯科医院に行ける時であればすぐに行くべきですが、それができない時には、応急処置で痛みを止めるしかありません。
そこで、歯が痛む時に自身でできる、簡単な方法をいくつか紹介します。
ただし、あくまで一時的に痛みを止めるだけなので、根本的な治療は歯科医院で行う必要があります。

1. どんな痛みなのかが重要

単純に歯が痛いと言っても、どれくらい痛むのか、具体的にどこが痛むのか、それによって対処が変わります。
例えば、口内を見た時に本当に虫歯があって痛む場合、もしくは歯茎が炎症を起こしている場合など、痛みの原因は様々です。

そして、痛みの原因に応じた処置をとらないと、いくら応急処置をしても痛みを治まりません。
このため、手当たり次第に歯の痛みを止める方法を試すのではなく、まずはどこがどうやって痛むのか、それを把握してください。

2. 虫歯の痛みと対処

明らかに特定の歯が痛む時は、虫歯が原因の可能性が高いですし、実際に歯が痛い時には、これが原因で痛む人がほとんどです。
この場合、最も簡単な方法は痛み止めを飲むことです。
以前、歯科医院で処方されたものがあれば、それを飲んでください。

また、ない場合はバファリンなどの市販の鎮痛剤で対処できます。
ちなみに、正露丸も歯痛に効果がありますが、正露丸の場合は飲むのではなく、患部につめて使用します。
薬と言っても、治療ではなく痛み止めの効果しか得られないので、あくまで一時的な応急処置です。
また、いくら歯が痛んでも、決められた量や飲む回数は必ず守るようにしてください。

3. 食べカスなどによる痛みと対処

痛む箇所をよく見ると、そこに食べカスが挟まっていることがあります。
これは、その食べカス自体が痛みの原因になっており、歯と歯の間に挟まっていることで、歯茎が圧迫され、それが痛みを引き起こしています。
この場合、その食べカス自体を除去することが、痛みへの対処方法となります。

注意すべき点は、ゴシゴシと歯磨きしないことです。
もし歯茎が炎症を起こしていると、歯磨きの刺激で余計に歯が痛くなってしまいます。
できればデンタルフロスや歯間ブラシを使い、丁寧に食べカスだけ除去するのが理想です。
もし持っていなければ、ぬるま湯でうがいすることで対処できます。

4. 親知らずによる痛みと対処

親知らずで痛む場合も、基本的には痛み止めで対処しますが、冷やして痛みを和らげることもできます。
冷やす場合は直接冷やすのではなく、タオルなどで頬側から冷やすようにしてください。
手でおさえておくのが負担なら、冷えピタを貼っておくのも効果的です。
また、親知らずが痛む場合、痛みの元となる要因はいくつかの可能性があります。

例えば、細菌がたまって周囲の歯茎が炎症を起こすこともあり、この場合はぬるま湯、できればうがい薬を使って口内を清潔な状態にしてください。
また、親知らずの生える方向によっては、隣接する歯を押し、それで痛みに繋がっていることもあります。
歯科医院で抜歯しない限り痛みは続きますが、痛め止めで一時的に痛みを抑えることは可能です。

5. 歯が痛む時の禁止行為

痛みを止める手段ではないものの、次の行為は痛みを悪化させるため、注意が必要です。
ズラリと挙げていくと、喫煙、お酒を飲む、入浴、運動などです。
これらはいずれも血行を良くしてしまい、そうなることで痛みをより感じやすくなります。

つまり、ここに挙げた以外でも、血行が良くなる行為は全て禁止ということになります。
ちなみに、入浴に関しては、控えることができなければ、シャワーだけにしておいてください。
また、やってしまいがちなのが、痛む箇所に触れることで、これも痛みを悪化させる要因になります。

6. 救急センターについて

急に歯が痛くなり、土日で歯科医院に行けない場合は、救急センターを利用してください。
救急センターというと、急病の際に利用するイメージですが、歯科関連の救急センターも存在するのです。
土日や祝日、さらには年末年始でも時間によっては診てもらうことができます。

ちなみに、「歯科 救急 自分の住む地域」などでネット検索すれば、あなたの近くにある歯科関連の救急センターが確認できます。
どうしても我慢できない時には、歯科の救急センターがあることも知っておいてください。

まとめ

いかがでしたか?
最後に、歯の痛みを止める方法についてまとめます。

  1. どんな痛みなのかが重要 :痛む箇所、痛みの程度によって、応急処置の方法が異なる
  2. 虫歯の痛みと対処 :痛み止めが基本。市販のもので対処できるが、正露丸は患部につめて使う
  3. 食べカスによる痛みと対処 :デンタルフロスや歯間ブラシを使う。うがいをするならぬるま湯で行う
  4. 親知らずによる痛みと対処 :痛み止めが基本。生え方が原因で痛むなら、早く歯科医院で抜歯するべき
  5. 歯が痛む時の禁止行為 :血行が良くなる行為全般。喫煙、お酒、運動、入浴などが該当する
  6. 救急センターについて :歯科関連においても救急センターが存在するので、知っておくべき

これら6つのことから、歯の痛みを止める方法について分かります。
どんな方法で痛みを抑えても、痛みの原因を取り除くことはできません。
このため、これらは治療ではなく、一時しのぎの応急処置として参考にしてください。
痛みが治まった後はできるだけ早く歯科医院に行くべきですし、そうしないと悪化するばかりなのです。

PAGE TOP