ホーム >Blog > 噛むと激痛が走るのですが、これはなに?

削らない虫歯治療
歯周内科
メタルフリー歯科
無痛インプラント
非抜歯矯正
無痛小児歯科
特殊入れ歯
ホワイトニングシステム
オールオン4.6
神経を抜かない治療
週刊早稲田
求人情報
西永福歯科
講演依頼

噛むと激痛が走るのですが、これはなに?

噛んだ時に激痛が走る、これは歯があなたに送っている危険信号です。
可能性のある病気はいくつかありますし、いずれも歯科医院で治療が必須となります。
ここでは、噛んだ時に激痛を感じる自覚症状を元に、考えられる原因をいくつか挙げていきます。
食事で噛む際などに痛みがある場合、これらの可能性を考える必要があります。

1. 虫歯菌

噛むと痛むというのは、虫歯と症状が異なるイメージがあります。
しかし、そもそも虫歯というのは虫歯菌に歯が侵される症状のことを指します。
そして、その虫歯菌が特定の箇所に感染することで、噛むと激痛を感じるようになるのです。

例えば、歯の根に存在する歯根膜、ここに虫歯菌が感染すると炎症を起こします。
この症状は歯根膜炎と呼ばれており、これが痛みの原因の可能性があるのです。
ちなみに、歯根膜炎を引き起こす要因は虫歯菌とは限らないため、それぞれの要因に合った治療が必要です。

2. 歯周病

自覚症状がないと思われがちな歯周病ですが、進行すると自覚症状があります。
また、噛むと痛いという自覚症状がある歯周病は、かなり進行してしまっている可能性が高いです。
歯周病は歯の骨を溶かす病気ですが、これが進行することで、骨はどんどん溶けていきます。

そうすると、やがて歯がグラついたり、動くようになってしまい、不安定な状態になります。
この状態で噛むと痛みを感じるようになり、症状としては重度の歯周病になります。
この場合、単に歯石やプラークの除去だけでは治療は不可能で、抜歯が必要になることもあります。

3. 根尖性歯周炎

聞き慣れない病名ですが、虫歯を放置したり、治療を途中でやめてしまうことで起こり得ます。
虫歯によって歯の神経が死んでしまった場合や、歯の根の治療途中だった場合、もしくは治療を終えたはずの歯根が再感染した場合、歯根に膿みが溜まることがあります。

膿みが溜まるのは歯根の先端部分であり、この箇所を根尖と呼ぶため、これが病名に繋がっています。
こうなると、噛むことで激痛を感じるようになりますし、歯茎が腫れてしまうこともあります。
この場合、もし歯茎に膿みが溜まっていれば、切開して膿を出す必要があり、大がかりな治療となります。

4. 咬合性外傷

分かりやすく言えば、強い歯ぎしりなどが原因で歯がダメージを受けている状態です。
健康な歯でも起こり得るため、虫歯も歯周病もないのに噛むと痛い時には、この可能性が高いでしょう。
この場合、元々の咬みあわせが悪い可能性があるため、その調整が治療の一つになります。

また、歯をくいしばったり歯ぎしりするクセがある場合は、そういったクセを改善する必要もあります。
特に、歯ぎしりは無意識で行われるため、自身の意志で改善することは困難ですが、歯科医院では過剰な力の歯ぎしりを回避するため、マウスピースを使った治療方法もあります。

5. 予防するには

どの症状も深刻ですし、こうした事態に陥らないためには、日頃からの予防の徹底が大切です。
重要なのは、まず丁寧な歯磨きを心掛けることで、基本的なことですが、これが第一です。
また、何らかの理由で歯を治療する際には、必ず最後まで治療を受けることです。
痛みが止まったからと言って治療を止めてしまう、それも今回の症状を引き起こす要因になるのです。

また、徹底的なケアを目指すなら、歯科医院で受けることができる定期健診は欠かせません。
定期健診は予防の効果はもちろん、仮に何らかの異常があった際でも、早期発見が可能になり、同時に早期治療が実現できるのです。
特に、症状の要因の一つである虫歯や歯周病は、これらのことを実践すればほぼ確実に予防できます。

まとめ

いかがでしたか?
最後に、噛むと激痛が走るのはなぜかについてまとめます。

  1. 虫歯菌 :虫歯菌が歯根膜に感染すると炎症を起こし、噛むと痛む。これは歯根膜炎と呼ばれる
  2. 歯周病 :歯周病が原因で噛むと痛い場合は、重度の歯周病であることが考えられる
  3. 根尖性歯周炎 :虫歯を放置したり治療を途中で止めると、歯の根の先に膿みが溜まり、噛むと痛む
  4. 咬合性外傷 :歯ぎしりなどで歯にダメージが与えられた状態。マウスピースを使った改善も可能
  5. 予防するには :丁寧な歯磨き、歯科医院での定期健診、治療を最後まで受ける、これらを実践する

これら5つのことから、噛むと激痛が走るのはなぜかが分かります。
いずれの症状も深刻なので、正直治療に抵抗を感じるかもしれません。
しかし、歯の病気は自然には治らないですし、噛む激痛を治すには歯科医院での治療が必須になります。

このため、少しでも早く歯科医院で治療を受けるべきですし、治療後はここで紹介した予防を徹底することで、今後同じような痛みを引き起こすのを防げます。
また、原因によってはさらに悪化する可能性もあるため、少しでも早く治療を受けるようにしてください。
ちなみに、すぐに歯科医院に行けない状況で痛みに襲われた場合、痛み止めなどで応急処置が可能です。

PAGE TOP