ホーム >Blog > セラミックは保険でできるのでしょうか?

削らない虫歯治療
歯周内科
メタルフリー歯科
無痛インプラント
非抜歯矯正
無痛小児歯科
特殊入れ歯
ホワイトニングシステム
オールオン4.6
神経を抜かない治療
週刊早稲田
求人情報
西永福歯科
講演依頼

セラミックは保険でできるのでしょうか?

見た目が気になるはずの被せものが美しく見えるという点で、セラミック治療は話題になっています。
虫歯治療の被せものと言えば、銀歯を連想する人が大半でしたが、それが今ではセラミックが主流です。
ただし、治療とは言え、セラミックは保険適用外になるのが事実です。
ここでは、セラミックと保険をテーマにして、セラミックが保険適用外になる理由を解説していきます。

1. 保険適用は治療の目的で決まる

セラミックが保険適用外なのには、もちろん理由があります。
それは、セラミックを使用する目的が、治療以外にもあるからです。
被せものとして使用するのは確かですし、これは虫歯治療においても必要不可欠な治療です。
しかし、それに加えて見た目の美しさを目的としているため、美容としての意味も含まれているのです。

つまり、この点においては美容整形などと何ら変わりないわけですし、セラミック治療の目的に美容が含まれているため、ルール上、保険適用外になってしまうのです。
保険適用となるのは、生活に支障をきたす症状を改善するために行う治療の場合であり、これは健康保険という名前のとおりということになるのです。

その点、セラミックにおいては、美容目的という、生活の支障と全く関係ない治療を施すことになります。
ここが健康保険のルールに引っ掛かっているわけです。
もちろん、虫歯治療の際には被せものは必要ですし、その被せものに美容目的がなければ、保険適用となります。
それが銀歯というわけです。

2. 金属アレルギーの人はどうなのか

金属アレルギーの人は、銀歯を使用することでアレルギー反応を起こすことがあります。
その点、セラミックは金属ではないため、アレルギー回避としての効果も持っています。
では、金属アレルギーの人がアレルギーを理由にセラミックを希望した場合、保険適用となるのでしょうか?

残念ながら、これも保険適用外となります。
確かに金属アレルギーを避けるためのセラミック使用なら、美容とは目的が全く異なります。
しかし、現在の日本の健康保険のルールにおいては、この場合も適用されないのです。

これには納得できないという人もいるかもしれませんが、保険適用の有無は歯科医院が個別で設定するものではなく、国のルールで決められているのです。
ちなみに、このケースの対処法ですが、プラスチックの被せものを使用することで、アレルギーを回避できます。

3. 審美治療における保険の知識

病院に内科や外科が存在するように、歯科医院においても様々な分野や存在します。
そんな中、審美治療というものがあり、これはホワイトニングや矯正など、歯における美容を目的とした治療を行う分野です。

このため、「審美治療=全て保険適用外」というイメージがあるかもしれませんが、実際にはこれはイコールにはならず、保険適用になるケースもあります。
例えば、矯正においては顎変形症など、単に美容目的ではなく、矯正をしなければ支障をきたす場合には保険が適用となります。

また、ここで挙げている被せものに関しても、銀歯は保険適用となるため、審美治療の全てが保険適用外と思っているのなら、それは間違いです。
審美の「美」という言葉で勘違いしてしまう人も多いので、注意してください。

4. セラミック治療を安く行う方法

セラミックに保険が適用されない以上、セラミック治療は基本的に高額となります。
では、安くセラミック治療を行う方法はゼロなのでしょうか?これはそうとは限りません。
なぜなら、歯科医院によっては、治療費そのものを安く設定しているところもあり、いわば格安セラミックというのが存在するのです。

これは、商品で例えれば定価を安く設定しているようなものなので、通常よりも安い費用でセラミック治療を受けることができます。
最も、この場合、そのセラミックが確かなものかどうかという心配があるでしょう。

これについては、その歯科医院ごとの情報を仕入れるのが確実です。
なぜ格安が実現できるのか、材質はどうなのか、実際にいくらでできるのかなど、実際の治療を受ける前に、これらの点を調べておくことが必要です。

まとめ

いかがでしたか?
最後に、セラミックが保険でできるのかについてまとめます。

  1. 保険適用は治療の目的で決まる :健康保険は、美容目的のセラミック治療においては適用されない
  2. 金属アレルギーの人はどうなのか :この場合も保険適用外。解決策は、プラスチックを使用すること
  3. 審美治療における保険の知識 :審美治療の全てが保険適用外なわけではない
  4. セラミック治療を安く行う方法 :格安セラミックを実現した歯科医院も存在するが、情報収集は必須

これら4つのことから、セラミックが保険でできるのかについて分かります。
セラミックは保険適用外になるため、銀歯に比べて費用は高額になってしまいます。
ただし、銀歯に比べて見た目が美しいのも事実ですから、この費用の差をどう考えるかです。
セラミックは高額である分、美しさを追求することができますし、そこにこだわりがないなら、銀歯でも充分に被せものとしての役割を果たしてくれます。この二択を決めるのは、あなた自身なのです。

PAGE TOP