ホーム >Blog > セラミックとはどんな治療法で、銀歯とは何が違うのですか?

訪問診療をはじめました
削らない虫歯治療
歯周内科
メタルフリー歯科
無痛インプラント
非抜歯矯正
無痛小児歯科
特殊入れ歯
ホワイトニングシステム
オールオン4.6
神経を抜かない治療
週刊早稲田
求人情報
西永福歯科
講演依頼

セラミックとはどんな治療法で、銀歯とは何が違うのですか?

虫歯治療と聞くと、どうしてもドリルで歯を削るイメージが真っ先に思い浮かびます。
確かにそれは治療のメインですが、その後の被せものも、虫歯治療における重要な要素です。
なぜなら、被せものは材質を選択できますし、今後人前で会話するたびに、目に見える部分だからです。

そんな被せもので今注目されているのが、セラミックです。
一昔前は銀歯が主流でしたが、それが今ではセラミックの方が一般的になりつつあります。
ここでは、セラミック治療の特徴を挙げ、さらに銀歯との比較を中心に説明していきます。

1. セラミック治療とは

言葉だけではどんな治療方法か分かりづらいですが、簡単に言えば、セラミックを被せものにする治療です。
虫歯を治療する際、最終的に、削った部分に被せものを乗せます。
この被せものと聞いて真っ先にイメージするのが、「銀歯」ではないでしょうか。
しかし、銀歯は目立つため、治療の跡が人から丸分かりですし、見栄えの意味では評判は良くありません。

このため、銀歯をしている人は後ろめたさがあり、人前で堂々と笑顔を見せられないという意見もありました。
この問題を解決した治療方法がセラミック治療なのです。
銀歯の代わりにセラミックを使うことで、見栄えもよく、天然の歯と遜色ない光沢と色をした被せものが、再現できることになったのです。

2. 銀歯との違い

まず、名前のとおり素材が異なり、セラミックは金属を使用しないため、金属アレルギーの人でも使用できます。
また、材質もセラミックも方が優れており、被せものとしての寿命も銀歯以上になっています。
当然見栄えもセラミックの方が美しく、この点に関しては比較になりません。

天然の歯と変わりない出来栄えですし、前歯の被せものとして使用しても、何も違和感がありません。
銀歯と比較してこれだけの差がある分、費用としては高額になりますし、保険も適用外になります。
ただし、銀歯は保険適用内である分、材質が安くなり、これが寿命の短さなどの質の低さに繋がっています。

3. セラミックは一種類ではない

銀歯を希望した場合、銀歯そのものに選択肢はないですが、セラミックは一種類だけではありません。
オールセラミックやハイブリッドセラミックといった感じで、セラミックの被せものには種類があります。
これらには、100%セラミックかどうかの違いや、色の違いなど、それぞれ特徴があります。

一般的には前歯や奥歯など、実際に被せものをつける箇所に適した方を選ぶようになっています。
ただ、どの種類のセラミックにも言えることは、やはり目立ちにくく、隣接する歯と比べても違和感がないということです。

4. 銀歯は二次虫歯になりやすい

銀歯とセラミックを比較した際、見た目同様に大きな違いとして、二次虫歯のなりやすさが挙げられます。
ちなみに二次虫歯になりやすいのは、銀歯になります。
金属と歯というのは、接着する意味での相性は最悪で、そもそもお互いがくっつきません。

このため、銀歯を被せる時には、専用のセメントを使用してくっつける仕組みになっています。
実はこのセメントには隙間ができることが多く、この隙間から虫歯菌が侵入してしまうのです。
これが、銀歯が二次虫歯になりやすい理由です。

5. セラミック治療のデメリット

セラミックと銀歯を比較すると、被せものの質自体では、全てにおいてセラミックが上回っています。
敢えてセラミック治療のデメリットを挙げるとすれば、費用が高くなることです。
これは上記でも簡単に紹介しましたが、セラミック治療は保険ができようできないため、高額になるのです。

最も、高額な分、銀歯と比較すると、あらゆる点で圧倒的にセラミックの方が上回っています。
このため、多くの人が銀歯との費用の差を、デメリットに感じていないのが現実です。
高額な分、それに見合う魅力を誇っている、これがセラミック治療なのです。

まとめ

いかがでしたか?
最後に、セラミック治療の説明と銀歯との違いについてまとめます。

  1. セラミック治療とは :虫歯治療の被せものとして、従来の銀歯ではなくセラミックを使用する治療方法
  2. 銀歯との違い :天然の歯と遜色ない見栄えが最大の違い。セラミックなら、堂々と笑顔を見せられる
  3. セラミックは一種類ではない :オールセラミックやハイブリッドセラミックなどの種類がある
  4. 銀歯は二次虫歯になりやすい :銀歯はセメントで歯にくっつけるが、隙間が空いて菌が侵入しやすい
  5. セラミック治療のデメリット :費用の高さがデメリットだが、それに見合うクオリティを誇っている

これら5つのことから、セラミック治療の説明と銀歯との違いについて分かります。
歯科の世界で医療技術が進歩した今、ただ治療するだけでなく、見栄えにこだわる人が多くなっています。
その意味では銀歯はお世辞にも美しいとも言えないですし、これにコンプレックスを抱く人すらいます。
その点セラミックは天然の歯に近い見栄えを実現しており、人前でも安心して笑顔を見せられるのです。
つまり、セラミック治療は、単に虫歯治療だけなく、日常生活の快適さにおいても、大きく貢献しているのです。

PAGE TOP