ホーム >Blog > 銀歯とセラミックで迷っていますが、セラミックの利点を教えて下さい

削らない虫歯治療
歯周内科
メタルフリー歯科
無痛インプラント
非抜歯矯正
無痛小児歯科
特殊入れ歯
ホワイトニングシステム
オールオン4.6
神経を抜かない治療
週刊早稲田
求人情報
西永福歯科
講演依頼

銀歯とセラミックで迷っていますが、セラミックの利点を教えて下さい

虫歯治療後の被せものには、銀歯とセラミックがあります。
もちろん好きな方を選べますが、一般的にはセラミックを選ぶ人が多くなっています。
一昔前は銀歯だったのに対して、なぜ今はセラミックが主流になりつつあるのでしょうか。
ここでは、銀歯とセラミックで迷っている人のために、セラミックの利点を説明していきます。

1. 見栄えがいい

虫歯の治療跡は、本来人に見せたくない部分であり、会話や笑顔の際にはつい気になってしまうのです。
特に銀歯はあからさまに目立ちますし、それが前歯であれば、堂々と笑顔を見せるにも気が引けてしまいます。
しかしセラミックは被せものとして非常に見栄えが良く、被せものであることすら分からないほどです。

天然の歯と違和感ない違いに仕上がっているため、見栄えのよさが銀歯とは段違いなのです。
ホワイトニングが一般的になってきたように、歯の美しさにこだわる人が今は増えています。
このため、被せものにこだわる人も多く、その意味では、美しくて堂々と見せられるセラミックは最適です。

2. 衛生面でも優れている

被せものをしたからと言って、そこが二度と虫歯にならないわけではありません。
むしろ銀歯の場合、接着させたセメントの隙間から菌が入り、二次虫歯を引き起こすケースが多々あります。
一方、セラミックは衛生面に優れており、被せものとしての寿命も銀歯を上回っています。

さらに、セラミックは歯肉との相性もいいため、プラークが付着せず、結果的に歯肉の健康の維持にもなります。
また、セラミックは金属を使用していないため、金属アレルギーの人でも問題なく使えます。
こうした衛生面やアレルギーへの配慮など、使う人の健康面において銀歯よりも格段に優れているのです。

3. 今後の主流になりつつある

被せものはファッションではないものの、やはり流行しているものとそうでないものがあります。
ちなみに、銀歯とセラミックを比較すると、今被せもので話題を集めているのはセラミックです。
実際にセラミックは、オールセラミックをはじめ、新しいジルコニアセラミックというものも登場しています。

このため、被せものとしては間違いなく今後の主流になってくるでしょうし、それだけのメリットや魅力を持っているのも確かです。
こうした流行の差でセラミックを選択する人もいますし、これもまた、セラミックの一つの利点と言えます。

4. 被せものとしての寿命が長い

上記でサラリと触れましたが、セラミックの被せものは銀歯よりも長持ちします。
これは、接着剤との相性の良さが理由であり、歯とピッタリとくっついて、長期間役割を果たしてくれるのです。
また、見栄えの良さがセラミックの特徴ですが、変色しにくいため、この見栄え自体も長持ちします。

費用が高い点がネックだという声もありますが、銀歯に比べて長持ちするため、長期間視野に入れて考えれば、費用の差も、実はそれほどネックにならないのが事実です。
つまりセラミックは、被せものとしての耐久性そのものが銀歯よりも優れているのです。

5. 銀歯は最低限の役割だけ

最近の歯科の世界の医療技術を考えると、銀歯はもはや過去の被せものと言っても過言ではありません。
と言うのも、銀歯が果たしている役割は、被せものとしての最低限の効果しか果たせていないからです。
セラミックは、見栄えや寿命、二次虫歯へのなりにくさなど、様々な点をカバーしています。

一方銀歯は、日常生活に支障のない噛み合わせは実現しているものの、言い方を変えれば、その点だけを追求した被せものになっているのです。
つまり、どちらも被せものとしては使えますが、セラミックにはそれ以上の魅力が含まれているわけです。

まとめ

いかがでしたか?
最後に、銀歯とセラミックを比較した際の、セラミックの利点についてまとめます。

  1. 見栄えがいい :最大の利点であり、天然の歯と遜色ない。人前でも堂々と笑顔を見せることができる。
  2. 衛生面でも優れている :プラークがつかない、金属アレルギーでも安心。さらに二次虫歯にもなりにくい
  3. 今後の主流になりつつある :流行を考えればセラミック。種類も豊富で、新しいタイプのものも続々と登場
  4. 被せものとしての寿命が長い :寿命が長いため、費用は高くてもトータルではむしろ銀歯よりお得
  5. 銀歯は最低限の役割だけ :銀歯は被せものとしての、最低限の役割を果たしているだけ

これら5つのことから、銀歯とセラミックを比較した際の、セラミックの利点について分かります。
被せものは治療の跡とイコールなので、堂々と見せられるものではありません。
しかし、これは過去の常識であり、セラミックが登場したことでその常識は覆りました。

安心して使える上、見栄えも美しくて長持ちするというセラミックの被せものは、被せものを堂々と人前に見せられるという大きな利点を実現してくれたのです。
つまり、銀歯とセラミックを比較した際、利点を挙げるどころか、全てにおいてセラミックが上回っています。

PAGE TOP