ホーム >Blog > 虫歯は放置するとどうなるの?

削らない虫歯治療
歯周内科
メタルフリー歯科
無痛インプラント
非抜歯矯正
無痛小児歯科
特殊入れ歯
ホワイトニングシステム
オールオン4.6
神経を抜かない治療
週刊早稲田
求人情報
西永福歯科
講演依頼

虫歯は放置するとどうなるの?

虫歯治療のために歯科医院に行くのは、正直大人でも嫌なものです。
あの歯を削る機械音に寒気を覚える人すらいますし、歯科医院が苦手な大人は意外と多くいるはずです。
しかし、苦手なだけならまだいいですが、治療が嫌なあまり、虫歯を放置してしまうとなると問題です。
ここでは、虫歯を放置することによって起こる症状、問題などについて説明していきます。

1. 自然治療は不可能

余程初期の状態であれば、再石灰化で治療されることはありますが、一度でも進行してしまうと、100%自然治療には期待できず、むしろ悪化するばかりです。
つまり、治療するまで永遠に虫歯を患ったままということになります。

また、虫歯の進行が最大まで達すると、歯を失うことになりますが、これは、年齢は一切関係ありません。
つまり、仮にあなたに虫歯があったとして、あなたが20代の若者であったとしても、虫歯を放置して、進行が最大にまで達してしまえば、その歯はほとんど失われてしまいます。

2. 痛みが増す

自覚症状でもあるため、虫歯の放置においては、これが最も実感できる部分でもあります。
最初は冷たいものがしみるようになり、やがて熱いものもしみるようになります。
さらに進行すると神経まで達し、こうなると何もしていなくても常にズキズキと痛むようになります。

本来なら痛みに対しては痛み止めが有効ですが、この場合常に痛む状態になっているため、例え痛み止めを飲んだとしても、効果がきれた途端に再び痛むようになります。
あまりに酷いと、痛み止めすら効果を得られないこともあります。

3. 口臭が増す

女性にとっては、痛みよりもむしろこちらの方が気になるのではないでしょうか。
虫歯は細菌によって引き起こされるものなので、虫歯がある以上、口内には細菌が残っている状態になります。
また、進行することで細菌も増殖されますし、こうした細菌が口臭の原因になっています。

つまり、虫歯を放置すれば、虫歯は進行し続けることになりますし、それに比例して口臭も増していきます。
例え歯磨きをしたとしても、口臭の源を絶っているわけではないので、治療をしない限り、口臭がおさまることはありません。

4. 全く別の病気に発展する

歯や歯茎の神経には血管が通っていますし、歯茎から出血することを考えれば、これは当然のことです。
虫歯が進行し、神経にまで達してしまうことで、虫歯菌が血管を通じ、全身に流れてしまうことがあります。
こうなると虫歯だけでなく、全く別の、それも怖い病気を引き起こす可能性が出てきます。

一般的に言われているのが、心筋梗塞や脳梗塞で、どちらも命に関わる病気です。
現に海外では、10代の女性が、虫歯が原因で死亡した例もありますし、口内だけの病気だと思っているなら、それは大きな間違いです。

5. 骨髄炎への発展

これも神経が関わっており、虫歯菌が神経の中に入ることで、それが顎の骨にも影響してきます。
こうなることで顎の骨の中で炎症が起き、それが骨髄炎へと繋がります。
症状としては、痛みに加え、発熱も起こし、やがて顎の骨を腐らせてしまいます。

この状態になってしまうと、歯茎を切る必要がでてきますし、治療と言うよりも手術が必要になります。
虫歯治療が容易に思えるほどの大がかりな治療になり、患者の負担も大きくなってしまいます。
ちなみに骨髄炎の痛みは、単なる痛みと言うよりは激痛に近いため、絶対にここまで発展させてはいけません。

6. 急に痛みがなくなるのは危険信号

虫歯の痛みに耐え、放置し続けると、ある日突然痛みがなくなるケースがあります。
もちろんそこまで進行した虫歯が、突然治療もせずに治ることはあり得ません。
これは、虫歯が進行したことによって、神経が死んでしまったのが原因です。

痛みがないからと言って、この状態を喜ぶのは大きな間違いです。
こうなることで膿みが出て、悪臭も放つようになり、炎症も引き起こしてしまうのです。
仮に歯が残っていたとしても、ここまで進行してしまうと、治療が困難で、抜歯の可能性も出てきます。

いかがでしたか?
最後に、虫歯を放置するとどうなるかについてまとめます。

  1. 自然治療は不可能 :余程の初期でない限り、虫歯が自然に治ることはない
  2. 痛みが増す :虫歯の進行に比例して痛みが増し、最終的には何もしなくても常に痛むようになる
  3. 口臭が増す :虫歯があるということは細菌があるということになり、進行に応じて細菌による口臭も増す
  4. 全く別の病気に発展する :心筋梗塞や脳梗塞など、命に関わる病気に発展することもある
  5. 骨髄炎への発展 :神経が侵されることによって、顎の骨を腐らせる骨髄炎に発展することもある
  6. 急に痛みがなくなるのは危険信号 :痛みなくなったら神経が死んだ証。炎症や膿みが引き起こされる

これら6つのことから、虫歯を放置するとどうなるかが分かります。
虫歯の治療は確かに嫌ですし、時間もかかります。
しかし、放置することで、それが楽に思えるほどの重い症状にかかってしまう可能性が出てくるのです。
後悔する前に、虫歯に気づいたら、すぐに歯科医院で治療してもらってください。

PAGE TOP