ホーム >Blog > 入れ歯を希望しています。保険と自費の入れ歯はどう違うのでしょうか?

削らない虫歯治療
歯周内科
メタルフリー歯科
無痛インプラント
非抜歯矯正
無痛小児歯科
特殊入れ歯
ホワイトニングシステム
オールオン4.6
神経を抜かない治療
週刊早稲田
求人情報
西永福歯科
講演依頼

入れ歯を希望しています。保険と自費の入れ歯はどう違うのでしょうか?

保険の入れ歯とは?

保険の入れ歯は安価で製作することが出来ますが、一体どんなものなのでしょうか?

入れ歯の素材はレジンと呼ばれるプラスティックのような素材でできています。
最近では、改良を加えたアクリルレジン等の素材も出てきていますが、基本的な特徴は変わりません。

また、部分入れ歯は維持をするために、金属の留め具を使用します。
また人工の歯も保険診療で指定された素材を使用します。
どこの歯科医院でも指定された素材で製作することが決まられているという特徴があります。

自費の入れ歯の特徴

自由診療で使用する素材は指定がないことから、幅広い治療法を選択することが出来ます。
お口の中の状態は人それぞれ異なるため、患者様に合った最適な治療法を選ぶことが出来ます。

使用する素材も様々で見た目や着脱のしやすさを重視したものなど多くの選択肢があります。
どんな入れ歯を使えばいいか分からないという方でも、治療前にしっかりとカウンセリングを行うため、そこで悩みや求めることを相談すれば、患者様に最適な入れ歯をオススメさせていただきます。

違和感が少ない金属床

入れ歯の床の部分に金属を使用したものが金属床です。
金属床は通常のレジンより薄くすることができるため、違和感が少なく、熱も感じることが出来るため、より食事がしやすくなるという特徴があります。
また、使用する金属にも種類があり、比重が軽いものから体に優しい素材のものまで多くの選択肢があるため、予算等に応じて選択することが出来ます。

レジンよりも強度があることから、割れにくいというメリットもあり、保険の入れ歯ですぐに割れてしまう方にもオススメです。

見た目が美しいノンクラスプ義歯

審美的にオススメな入れ歯がノンクラスプ義歯です。
保険の入れ歯では金属の留め具があり、お口を開けたときに目立ってしまいますが、ノンクラスプ義歯では、ピンク色の樹脂のアームを留め具として使用します。
歯ぐきと同じ色をしているため、入れ歯を使用していると分かりにくく、前歯に留め具がかかるケースでも安心です。

また、型取りやレジンに使用する素材も保険のものより精度が高いことから、よりお口にフィットする入れ歯を製作することが可能になります。

着脱が容易なアッチメント

アタッチメント義歯にもいくつかの種類が存在します。
よく使用されているものがマグフィットと呼ばれるもので、磁石で維持を持たせるタイプのものです。
マグネットの土台を入れ、その上を入れ歯で覆います。
金属の留め具がないため見た目も美しく、また着脱もし易いことからお体が不自由な方や介護が必要な方にもおすすめです。

また、アタッチメント義歯にはマグネット以外にもボタン式で着脱を行うタイプのものがあります。
こちらはマグネットよりも、やや着脱にコツは入りますが、しっかり維持できるという特徴があります。

お手入れについて

入れ歯を長く持たせるためにはお手入れをしっかり行うことも大切です。
保険の入れ歯は寿命が短く汚れやすいといわれています。
洗浄はもちろんですが正しい着脱を行うことも大切です。
間違った着脱方法は入れ歯に負担がかかり、割れるなどの原因となることがあります。

特にノンクラスプ義歯では間違った着脱によるヒビや割れが多いため注意が必要です。
また、ノンクラスプ義歯は素材により洗浄剤の種類も異なるため、歯科医院での説明をしっかり聞いておく必要があります。

自費の入れ歯は長持ち?

自費の入れ歯では保険とは異なる素材を使用しています。
金属床をはじめとした金属プレートが入った義歯は強度も強くなります。
また、使用している樹脂も強度が高いことから、細かな傷も付きにくく、汚れにくいというメリットもあります。

しかしながら、自費の入れ歯といえども正しいお手入れをしていなければ、すぐに汚たり割れてしまうこともあるため注意が必要です。
なかには間違った洗浄剤を使用すると入れ歯がダメになってしまうこともあるため先生の説明に従いましょう。

価格はどれくらい?

自費の義歯は高価なイメージがある方も多いかもしれませんが、では保険と自費の入れ歯では実際にどれほど価格が異なるのでしょうか?

保険診療では点数により支払う価格も決まっていますが、自由診療では各歯科医院が自由に設定することが出来るため価格幅が存在します。
そのため、治療費が高い歯科医院の品質が必ずしもいいとは限らないのです。
実際にはカウンセリングをしっかり行ったうえで診療を行う歯科医院を選ぶことが大切です。

治療期間が長い自費義歯

保険の入れ歯でも製作から完成まで治療期間がかかるものですが、実際に保険と自費で治療期間は変わるのでしょうか?
保健診療では、法律で指定された最低限の材料で診療を行い、技工所での入れ歯の製作期間も短いです。

しかしながら、自由診療となると、精密な素材を使用し、仮の入れ歯を作り適合を合わせることもあります。
そして、製作の手間もかかることから技工所の製作期間も長くなり、患者さまに届くまでの時間も多くいただくことになります。

まとめ

保険と自費では機能も異なり、自由診療は最低限の機能で安価なのに対し、自由診療では各患者様のケースにあわせて最適な入れ歯を選ぶことが出来ます。
入れ歯の寿命も丈夫な素材を使用していることから、保険の入れ歯より長持ちします。
治療費はかかりますが、その分、自費義歯にはより食事の時間を楽しむための機能が備わっています。

また、治療期間も保険の入れ歯と比べて長くなるため、患者さまのライフスタイルに合わせて、治療内容を決めることをおすすめします。

PAGE TOP