ホーム >Blog > 歯磨きだけでは虫歯の予防は難しいと聞きました

削らない虫歯治療
歯周内科
メタルフリー歯科
無痛インプラント
非抜歯矯正
無痛小児歯科
特殊入れ歯
ホワイトニングシステム
オールオン4.6
神経を抜かない治療
週刊早稲田
求人情報
西永福歯科
講演依頼

歯磨きだけでは虫歯の予防は難しいと聞きました

西早稲田の歯医者さん、西早稲田駅前歯科矯正歯科です。
今回のテーマは「虫歯を予防するための方法」です。
皆さんは、虫歯予防のために普段から実践していることはあるでしょうか。

この質問に対して「歯磨きをしている」と答える人の場合ですが、
虫歯予防のためにしていることが歯磨きだけなら、正直充分な予防をしているとは言えません。
歯磨きだけで虫歯を予防するのは難しく、実は歯磨き以外にも虫歯の予防方法は存在するのです。

毎日の歯磨きを見直してみる

歯磨きをしているか、していないかの二択の質問なら、ほとんどの人は「している」と回答するでしょう。
ただ、歯磨きも磨き方次第では虫歯予防の効果は低く、そこで今一度毎日の歯磨き見直してみてください。

デンタルフロスは使っていますか?

歯ブラシだけの歯磨きでは、およそ4割の磨き残しがあると言われています。
一方、デンタルフロスを使えば磨き残しを2割まで減らせるため、より多くのプラークを除去できます。
歯と歯の隙間は歯ブラシが届かないため、虫歯予防においてデンタルフロスを使った歯磨きは必須です。

正しい歯の磨き方を知っていますか?

歯磨きには、自分の歯並びに合った正しい磨き方があります。
それを知ると知らないとでは歯磨きの精度に差があり、後者の場合は磨き残しも多いでしょう。
正しい歯の磨き方は、歯科医院での定期検診や予防歯科の受診で教わることができます。

プラークテスターを使ったことはありますか?

プラークは目に見えないため、実際にどのくらいの磨き残しがあるかを確認できません。
また、歯磨きの癖があるとどうしても毎回磨き残しが多い箇所もあるでしょう。
しかし、プラークテスターを使えばプラークを染色できるため、歯磨き時の磨き残しが目で見て確認できます。

生活習慣の改善でできる虫歯予防

歯磨き以外の虫歯の予防方法として、生活習慣の改善が挙げられます。
どれもすぐにできることばかりなので、早速明日からでも実践してください。

食生活の改善

食生活次第では、虫歯になるリスクが高まります。例えば、ダラダラ食いは脱灰だけを進めてしまい、
間食の多さは再石灰化が追い付かなくなります。また、糖の摂取が多いとそれだけで虫歯になりやすく、
こうした食生活の見直しと改善が虫歯予防につながります。

適度な水分補給とリラックス

身体の水分が不足すると、唾液の分泌量が抑えられて再石灰化が不充分になります。
そのため、適度に水分補給をして身体の水分を充分に保ちましょう。
また、緊張状態になると口が渇いて唾液が蒸発するため、リラックスできる時間帯を確保してください。

充分な睡眠の確保

睡眠不足は身体を疲労させ、身体の疲労は免疫力を低下させます。
虫歯は虫歯の原因菌に感染することで起こる…言わば感染症の一つであり、
そのため充分な睡眠などで身体の疲労を解消すれば、虫歯の原因菌に感染しにくい身体を作れます。

歯科治療でできる虫歯予防

歯科医院では、虫歯を治すためだけでなく予防するための治療も行っています。
次の治療はいずれも虫歯予防に効果的なので、この機会に覚えておくと良いでしょう。

予防歯科

予防歯科では、虫歯を予防するための治療を行っています。
例えば、歯のクリーニングでは歯の表面がツルツルになり、口の中に存在するプラークを綺麗に除去。
また、フッ素塗布では虫歯の原因菌の出す酸に負けない、強い歯を作ることができます。

セラミック治療

虫歯の再発を意味する二次虫歯は、セラミック治療によって予防しやすくなります。
セラミック治療とは詰め物・被せ物の素材をセラミックにする治療であり、
プラークが付着しにくい、接着が剥がれにくいなどの理由から二次虫歯を予防しやすいのです。

矯正治療

矯正治療は審美目的で希望する人が多いですが、実は虫歯を予防しやすくなる効果もあります。
なぜなら、歯並びを改善することで歯磨きがしやすくなるためで、
歯磨きがしやすくなれば磨き残しが減少し、磨き残しが減少すれば虫歯を予防しやすくなるのです。

まとめ

最後に、虫歯を予防するための方法についてまとめます。

  1. 毎日の歯磨きを見直してみる :デンタルフロスの使用の有無、正しい歯の磨き方に対する知識など
  2. 生活習慣の改善でできる虫歯予防 :食生活の改善、適度な水分補給とリラックス、充分な水分補給の確保
  3. 歯科治療でできる虫歯予防 :予防歯科、セラミック治療、矯正治療

これら3つのことから、虫歯を予防するための方法について分かります。
まず虫歯予防の基本は歯磨きですが、その歯磨きがしっかりできているかを確認しましょう。
歯磨きの時にデンタルフロスを使っていなければ、正直その歯磨きは虫歯予防として不充分です。

また、歯磨き以外の虫歯予防の方法はいくつかあり、
食生活、水分補給、身体の免疫力向上など、生活習慣の改善も虫歯予防につながります。
歯科治療に関して言えば、予防歯科の受診、二次虫歯に対してはセラミック治療が効果的です。

PAGE TOP