ホーム >Blog > 子供の虫歯を予防するにはどんなことに注意すれば良いですか?

削らない虫歯治療
歯周内科
メタルフリー歯科
無痛インプラント
非抜歯矯正
無痛小児歯科
特殊入れ歯
ホワイトニングシステム
オールオン4.6
神経を抜かない治療
週刊早稲田
求人情報
西永福歯科
講演依頼

子供の虫歯を予防するにはどんなことに注意すれば良いですか?

西早稲田の歯医者さん、西早稲田駅前歯科矯正歯科です。
今回のテーマは「子供の虫歯予防」です。
子供は大人に比べて虫歯になりやすく、また年齢的に考えて虫歯の怖さを知りません。

ですから、子供の虫歯を予防するには親が色々と考えて注意しなければなりません。
そこで、ここでは子供の虫歯予防のために親が知っておくべきことをお伝えします。
虫歯の基本的な予防方法はもちろん、意外な予防方法についても解説するので参考にしてください。

歯磨きの予防効果を高めよう

虫歯予防の基本は歯磨きであり、これは大人も子供も同じです。
とは言え、歯磨きの技術には大人と子供で大きな差があり、子供の歯磨きの技術は未熟です。

それどころか、面倒という理由で歯磨きを適当してしまう子供も少なくありません。
そこで、親として次のことを心掛けてください。

ゆっくり歯磨きできる時間を確保してあげる

就寝前に「早く歯を磨いて寝なさい!」と叱りつけるような接し方は止めて、
時間をかけて焦らずに歯磨きできる時間を確保してあげてください。
歯磨きに時間をかけられなければ丁寧に磨けるはずもなく、磨き残しが多くなってしまいます。

親が仕上げをしてあげる

子供が歯磨きした後は、親が仕上げをしてあげましょう。
仕上げの目的は二つあり、一つは子供の磨き残しを減らすためです。
もう一つは歯磨きの大切さを教えるためで、毎回仕上げをすることで子供は歯磨きが大切さを学びます。

歯ブラシを定期的に交換する

子供にとって歯磨きの力加減は難しく、そのため強い力で磨きがちです。
このため、大人に比べて短い期間で歯ブラシの毛先が曲がってしまいます。
毛先の曲がった歯ブラシでは細かい箇所が磨きにくいため、定期的に新品のものと交換してあげましょう。

定期検診を受けよう

子供が歯科医院に行く場合は小児歯科に行くと思いますが、
小児歯科では虫歯を治すだけでなく、予防するための治療にも対応しています。

このため、乳歯が生えた後は定期的に小児歯科で検診を受けましょう。
ちなみに、小児歯科の定期検診では次の予防治療を行っています。

フッ素塗布

フッ素は虫歯予防に効果的なため、今ではほとんどの歯磨き粉に配合されています。
一方、フッ素塗布で使用するフッ素は濃度が高く、より虫歯を予防しやすくなります。
フッ素の効果によって虫歯菌の出す酸に負けない、強くて丈夫な歯を作ります。

シーラント

歯磨きにおいて子供が苦手とするのが奥歯であり、このため子供は奥歯が虫歯になりやすい傾向があります。
シーラントは奥歯の溝を専用のプラスチックで塞ぐ治療で、奥歯への細菌の付着を防ぎます。
塞いだプラスチックは自然に溶けますし、身体に害もないので安心です。

歯のクリーニング

歯磨きで磨ける箇所には限界があり、実質全てのプラークを除去することはまず不可能です。
歯のクリーニングは、そんな歯磨きで対応しきれないプラークまで綺麗に除去できます。
明らかに歯がツルツルになるため、子供も心地よく感じます。

その他の虫歯予防の方法

子供の虫歯予防の基本は毎日の歯磨きと定期的な検診ですが、
それ以外にも虫歯予防に効果的な方法がいくつかあります。

中には手軽にできない方法もありますが、お伝えするのは全て子供の虫歯予防に効果的なため、
可能であれば全て実践するとより虫歯を予防しやすくなります。

食事のルールを作ろう

頻繁にお菓子を食べる、ダラダラ食いをする、よく噛まない、
子供にありがちなこれらの行為はいずれも虫歯になるリスクを高めます。
おやつの時間を決める、食事の決めるなどのルールを作り、子供を虫歯から守りましょう。

矯正治療で歯並びを改善しよう

歯並びが悪いと歯が磨きにくく、そのため磨き残しが増えて虫歯になるリスクが高まります。
矯正治療は、費用や治療期間の長さを考えると決して手軽な治療ではないですが、
小児矯正で子供の頃から矯正すれば、非抜歯で行える可能性が高いなどのメリットがあります。

家族全員が虫歯を予防する

虫歯菌は唾液を介して人から人に移動します。
このため、いくら子供の虫歯予防を徹底しても親がしっかり予防しなければ、親の虫歯菌が子供に移動します。
そうならないためには、家族全員が虫歯の予防意識を高めなければなりません。

まとめ

いかがでしたか?
最後に、子供の虫歯予防についてまとめます。

1. 歯磨きの予防効果を高めよう :ゆっくり歯磨きできる時間を確保する、親が仕上げをするなど
2. 定期検診を受けよう :フッ素塗布、シーラント、歯のクリーニングなどの予防治療を受けられる
3. その他の虫歯予防の方法 :食事のルールを作る、矯正治療で歯並びを改善するなど

これら3つのことから、子供の虫歯予防について分かります。
乳歯の虫歯を軽視する人がいますが、乳歯の虫歯は永久歯に影響します。
虫歯で乳歯が抜けてしまえば永久歯の歯並びが悪くなる可能性がありますし、
乳歯の虫歯の進行度によっては永久歯が変色してしまいます。
このため、乳歯の頃から虫歯予防は徹底しなければなりません。

PAGE TOP