ホーム >Blog > 以前、急に歯が痛んで困ったことがあります。そんな時はどうすれば良いですか?

削らない虫歯治療
歯周内科
メタルフリー歯科
無痛インプラント
非抜歯矯正
無痛小児歯科
特殊入れ歯
ホワイトニングシステム
オールオン4.6
神経を抜かない治療
週刊早稲田
求人情報
西永福歯科
講演依頼

以前、急に歯が痛んで困ったことがあります。そんな時はどうすれば良いですか?

西早稲田の歯医者さん、西早稲田駅前歯科矯正歯科です。今回のテーマは「歯が痛む時の対処方法」です。歯が痛む時にどうすれば良いか?…それは言うまでもなく歯科医院に行くことです。

とは言え、歯の痛みは急にやってくるため、時には夜遅くに痛むことだってあるでしょう。このように歯科医院に行きたくても行けない状況で歯が痛んだ時、ただ我慢していてはいけません。歯の痛みを一時的に解消できる方法をお伝えするので、いざという時のために覚えておきましょう。

冷やす

歯が痛む時に温めるべきという意見がありますが、それは間違いです。確かに生理痛など、症状によっては温めた方が良い場合もありますが、歯の痛みに対しては温めるのではなく冷やしてください。

なぜなら、温めると血行が良くなるため血流によって神経が圧迫され、余計に痛んでしまうからです。また、患部を直接冷やすと刺激によって知覚過敏を引き起こす可能性もあるため、頬側から水で濡らしたタオルや解熱シートを貼るなどして冷やしましょう。

鎮痛剤を飲む

いわゆる痛み止めです。歯科医院から処方されたものがあればそれはもちろん、ドラッグストアで販売されているものでも構いません。効果欄に注目して、「歯痛」と明記されているか確認してから飲んでください。

ただし歯の痛みは度合いが様々で、例えば神経まで進行した虫歯の痛みとなるとそれは激痛です。そこまでの痛みになると、痛み止めを飲んでも完全には痛みが解消されない可能性があります。また、痛み止めには即効性がないため、効果が出るまでには少し時間がかかります。

噛み合わせない

歯が痛いとどうしても患部が気になり、ガチガチと噛み合わせる人がいます。気分的に痛みが紛れるかもしれないですが、実は歯の痛みの多くは噛み合わせた時に発生するため、噛み合わせてしまうと逆に痛みを感じやすくなってしまいます。

このためわざと噛み合わせるのは避け、食事の時の強く噛まないようにしてください。また、普段歯に痛みを感じない人が噛み合わせた時だけに痛むのであれば、それは歯周病や噛み合わせの悪さが原因の可能性があります。

冷たいものや熱いものの飲食を避ける

歯の痛みの解消方法として食事をする人はいないでしょうが、冷たい水や熱いお湯を飲もうとする人はいます。しかし極端な冷たさや熱さは患部への刺激となり、知覚過敏を引き起こす可能性があります。

このため、歯が痛い時にはあまり冷たいものや熱いものは飲食しないようにして、水を飲むのであればぬるま湯を飲むようにしてください。ちなみに、薬を飲む時やうがいをする時も同様の意識を持ってください。

ぬるま湯でうがいをする

食べカスなどが詰まって神経が圧迫されて歯が痛むことがあり、その場合は原因である詰まった食べカスなどを除去すれば痛みを解消できます。ただし歯磨きは患部を傷つける可能性があるため、うがいを繰り返して除去した方が良いでしょう。

患部を傷つけないよう、やさしくゆっくりとしたうがいを繰り返してください。また、上記の「冷たいものや熱いものの飲食を避ける」で説明したとおり、冷たさや熱さで知覚過敏を引き起こす可能性があるため、うがいはぬるま湯でしてください。

正露丸を詰める

「正露丸の使用方法=飲む」のイメージですが、歯の痛みに対しては「詰める」が正解です。最も、これは正露丸の使用方法にも明記されているため、その点をしっかりと読んでいれば間違える心配はありません。

ちなみに、詰め方は患部に押し込むだけです。正露丸は粘土状のかたさですから、患部に押し込めばそのまま詰めることができます。詰めた後はそのままにしておけば、唾液によって徐々に溶け出していきます。

まとめ

いかがでしたか?
最後に、歯が痛む時の対処方法についてまとめます。

1. 冷やす :直接冷やすのは患部への刺激となるため、頬側から冷やすようにする
2. 鎮痛剤を飲む :ドラッグストアで販売されているものでも良い。酷い痛みの場合は完全には解消されない
3. 噛み合わせない :歯の痛みは噛み合わせた時に感じることが多いため、できるだけ噛み合わせない
4. 冷たいものや熱いものの飲食を避ける :冷たさや熱さが患部への刺激となってしまうため
5. ぬるま湯でうがいをする :強いうがいは患部を傷つけるため、やさしくゆっくりとしたうがいを繰り返す
6. 正露丸を詰める :飲むではなく詰める。患部に押し込めば痛みが解消され、正露丸も自然に溶けていく

これら6つのことから、歯が痛む時の対処方法について分かります。注意点として、これらの対処方法で痛みを解消しても根本的な解決にはなりません。仮に虫歯が原因による痛みであれば、痛みが解消されても虫歯はそのままの状態です。

このため、放置すれば虫歯はどんどん進行して症状がより悪化してしまいますし、例え痛みが解消されたとしても必ず歯科医院で診察を受けてください。今回お伝えした方法は、治療ではなくあくまで一時的な応急処置です。

PAGE TOP