ホーム >Blog > 歯周病を治療してほしい場合は一般歯科に行けば良いですか?

削らない虫歯治療
歯周内科
メタルフリー歯科
無痛インプラント
非抜歯矯正
無痛小児歯科
特殊入れ歯
ホワイトニングシステム
オールオン4.6
神経を抜かない治療
週刊早稲田
求人情報
西永福歯科
講演依頼

歯周病を治療してほしい場合は一般歯科に行けば良いですか?

西早稲田の歯医者さん、西早稲田駅前歯科矯正歯科です。
今回のテーマは「歯周病治療に対応している診療科目」です。
治療を希望する場合、その治療に対応した病院に行かなければなりません。

例えば風邪を引いた場合は内科、呼吸が苦しい時は呼吸器科など、対応できる病院は診療科目で判断します。
これは歯科も同様で、希望する治療に対応した診療科目を掲げる歯科医院に行かなければなりません。
そこで、ここでは歯周病治療に対応した診療科目についてのお話をしていきます。

基本的には一般歯科で良い

一般的には歯周病治療は一般歯科で対応できます。
ほとんどの歯科医院が一般歯科の診療科目を掲げていますから、
つまりほとんどの歯科医院で歯周病治療を受けられると考えれば良いでしょう。

ただし状態によっては一般歯科で対応できないケースもあり、それは重度の歯周病の場合です。
と言うのも、重度の歯周病になると専門的な治療が必要になることがありますし、
抜歯が必要となった場合、その後の患者さんの希望によっては対応できないことがあります。

一般歯科で対応できない可能性があるケース

上記で説明したとおり、重度の歯周病の場合は一般歯科で対応できないケースがあります。
漠然とした答えになりますが、対応できるかもしれないですが対応できないかもしれません。
その点については直接歯科医院に問い合わせるしかありません。

歯周外科手術が必要な場合

正確にはフラップ手術です。歯周病治療では歯周ポケットに溜まった歯石を清掃しますが、
歯周病が進行して歯周ポケットが深くなると器具を使用しての清掃が困難になります。
この場合、フラップ手術で歯肉を切開して歯根を露出させ、直接目で見て歯周ポケットを清掃します。
治療で手術が必要となると、一般歯科では対応できない可能性もあります。

歯を失ってインプラントを希望する場合

歯周病が重度段階まで進行すると、状態によっては抜歯しなければなりません。
抜歯自体は一般歯科でも対応できるでしょうし、その後の歯周病治療も対応できるかもしれません。
しかし、失った歯への対処としてインプラントを希望する場合、一般歯科では対応できない可能性があります。
と言うのも、インプラントは歯周病治療とは別物で、従来は審美歯科で対応する治療だからです。

腕の良い歯科医から歯周病治療を受けるには

歯周病治療を受ける場合、腕の良い歯科医から治療を受けるにはどうすれば良いでしょうか。
その場合、診療科目ではなく別のことに注目する必要があります。
まず1つは、歯科医院のWEBサイトを確認することです。

どの治療に力を入れているかは歯科医院ごとで異なりますし、
中には歯周病治療に力を入れている歯科医院もあります。
そして歯周病治療に力を入れている歯科医院は、WEBサイトでそのことを告知しているはずですからね。

歯周病治療を専門とする歯科医院で治療を受ければ、医療設備も充実しているでしょうし、
力を入れているだけあって歯科医の腕が良いことも予想できます。
もう1つは、日本歯周病学会の認定医や専門医の資格を持つ歯科医から治療を受けることです。

日本歯周病学会の認定医や専門医になるには厳しい基準を満たす必要があり、
歯周病治療において一定以上の経験や知識がなければなりません。
つまり、日本歯周病学会の認定医や専門医であれば、歯周病治療の経験と知識に長けていることになります。

<認定医や専門医の在籍する歯科医院を探すには?>
日本歯周病学会のWEBサイトを確認すると、認定医や専門医が在籍する歯科医院を検索できます。
さらに都道府県別に検索できるため、認定医や専門医が在籍する歯科医院の住所と連絡先が分かります。

最先端の歯周病治療を希望する場合

歯周病治療の基本は歯石の除去や患者さんによるプラークコントロール、
さらに状態によって行うフラップ手術です。しかし、それ以外にも最先端の歯周病治療があります。
溶かされた歯槽骨の再生を促すエムドゲイン法、薬の力で歯周病を治す歯周内科治療、
また、レーザー照射によって歯周病を治す治療方法もあります。

こうした治療方法に対応した歯科医院は元々少ないですし、診療科目から対応の有無を判断できません。
仮にこれらの治療方法を希望するのであれば、歯科医院に直接問い合わせるしかないでしょう。
もしくは、「エムドゲイン法 対応 歯科医院 〇〇(地名)」などで検索し、該当する歯科医院を探すことです。

まとめ

いかがでしたか?
最後に、歯周病治療に対応している診療科目についてまとめます。

1. 基本的には一般歯科で良い :基本的な歯周病治療なら一般歯科でも対応できる
2. 一般歯科で対応できない可能性があるケース :歯周病が進行していて歯周外科手術が必要な場合など
3. 腕の良い歯科医から歯周病治療を受けるには :歯周病治療に力を入れた歯科医院を探すなど
4. 最先端の歯周病治療を希望する場合 :診療科目からは判断できないため、歯科医院に直接問い合わせる

これら4つのことから、歯周病治療に対応している診療科目について分かります。
基本的な歯周病治療であれば、一般歯科に行けばほぼ確実に対応できるでしょう。
対応できないケースとしては、基本的な歯周病治療では治せない場合です。
歯周病の進行度によってはフラップ手術などが必要なため、
そのような治療が必要と判断されると中には対応できない一般歯科があるでしょう。

PAGE TOP