ホーム >Blog > 定期検診を受ければ歯周病を予防できるのでしょうか?

削らない虫歯治療
歯周内科
メタルフリー歯科
無痛インプラント
非抜歯矯正
無痛小児歯科
特殊入れ歯
ホワイトニングシステム
オールオン4.6
神経を抜かない治療
週刊早稲田
求人情報
西永福歯科
講演依頼

定期検診を受ければ歯周病を予防できるのでしょうか?

西早稲田の歯医者さん、西早稲田駅前歯科矯正歯科です。
今回のテーマは「定期検診を受ければ歯周病を予防できるのか」です。
歯科医院では症状を改善するための治療だけでなく、症状を予防するための治療も行っています。

例えば定期検診…がん検診などのように、
歯科医院でも定期的にお口の健康状態を知る定期検診を受けることができます。
では歯周病を予防しようと考えた時、この定期検診を受けることで予防ができるのでしょうか。

定期検診で行う歯周病の予防治療

一般的に定期検診とは病気の有無…すなわち健康状態を調べるために行うものですが、
歯科医院の定期検診の場合は診療内容の中にいくつかの予防治療が含まれています。
歯科医院によって内容が異なる部分もあるでしょうが、一般的に以下の予防治療を行います。

歯のクリーニング

歯磨きでは除去しきれないプラークまで綺麗に除去し、さらに歯石も除去できます。
特に歯石は歯磨きでは除去できないため、定期的に歯のクリーニングをする必要があります。

ブラッシング指導

正しい歯の磨き方を指導し、日頃のブラッシング効果を高めます。
プラークチェッカーを使用して磨き残しを目で確認するため、指導内容も分かりやすいものになっています。

歯肉や歯の健康状態のチェック

歯肉や歯の健康状態を確認し、歯周病や虫歯の有無をチェックします。
また、自分では気づきにくい詰め物や被せ物の劣化も発見できます。

お口に関する悩みの相談

「歯磨きしてもすぐ虫歯になってしまう」など、お口に関する悩みや質問ができます。
歯科医は患者さんの悩みや質問を元に、それを改善するためのアドバイスを行います。

歯周病の予防効果

定期検診を受ければ歯周病の予防効果は高まります。
とは言え、定期検診さえ受ければ歯周病を予防できるわけではありません。
例えば、いくら定期検診を受けたとしても毎日の歯磨きが適当なら、それが原因で歯周病になるでしょう。

さらに定期検診を受ける頻度も重要です。1回受けただけでは大きな予防効果はなく、
定期検診という名前のとおり定期的に受けなければ意味がないのです。
ちなみに、定期検診を受ける頻度は3ヶ月に1回のペースが理想です。

また歯周病は細菌による感染症ですから、身体の免疫力を高めることが予防につながります。
そのためには、生活習慣を見直して正しい日常生活を過ごさなければなりません。
つまり、定期検診さえ受ければ歯周病を予防できるというわけではないのです。

・精度の高い歯磨き
・3ヶ月に1回の定期検診
・生活習慣の改善

3ヶ月に1回の定期検診を含め、精度の高い歯磨きと生活習慣の見直し、
これら3つをしっかり実践できてこそはじめて歯周病の予防効果が高まるのです。

<精度の歯磨きについて>
精度の高い歯磨きは、定期検診のブラッシング指導で覚えたことを実践することで行えます。
ただし歯ブラシだけ…つまりブラッシングだけの歯磨きではプラークの除去率として不充分です。
そこでおすすめなのが、デンタルフロスや歯間ブラシを使用することです。

これらを使用することでプラークの除去率が2割以上高まります。
ちなみにデンタルフロスと歯間ブラシは好きな方を使用しても良いですが、
磨く箇所から判断してデンタルフロスは虫歯予防向け、歯間ブラシは歯周病予防向けと言われています。

予防以外の定期検診のメリット

定期検診を受けるメリットは、歯周病を予防できることだけではありません。
既に歯周病になっている人にとっては、それを早期発見できるメリットがあります。
みなさんは歯周病が「静かなる病気」と呼ばれていることをご存じでしょうか。

歯周病には虫歯の痛みのような明確な自覚症状がなく、
そのため自分が歯周病になっても気づかない人がほとんどです。
そして気づかない間に進行してしまう…それが「静かなる病気」と呼ばれる理由です。

しかし、定期検診を受ければそんな歯周病を早期発見することが可能です。
これは定期検診で歯科医が患者さんの口腔内の健康状態をチェックするためで、
早期発見することで早期治療でき、重症化する前に対処できるのです。

まとめ

いかがでしたか?
最後に、定期検診を受ければ歯周病を予防できるのかについてまとめます。

1. 定期検診で行う歯周病の予防治療 :歯のクリーニング、歯磨き指導、歯肉や歯の健康状態の確認など
2. 歯周病の予防効果 :定期検診だけで予防はできず、精度の高い歯磨きと生活習慣の改善が必要
3. 予防以外の定期検診のメリット :歯周病の予防だけでなく早期発見もできる

これら3つのことから、定期検診を受ければ歯周病を予防できるのかについて分かります。
今回のテーマは歯周病だったため、歯周病の予防や早期発見の効果を説明しました。
しかし、実際には歯周病に限らず虫歯においても同じことが言えます。
つまり、定期検診は歯周病の予防や早期発見ができるだけでなく、虫歯の予防や早期発見もできるのです。

PAGE TOP