• ホーム
  • ブログ
  • セラミックにしたいのですが、自分の歯の色に合った白さに調整できますか?

セラミックにしたいのですが、自分の歯の色に合った白さに調整できますか?

西早稲田の歯医者さん、西早稲田駅前歯科矯正歯科です。
今回のテーマは「セラミックと色の調整」です。
セラミックの詰め物や被せ物は美しい白さを誇っていますが、ただ白ければ美しいというわけではありません。

重要なのは自分の歯と合った白さをしているかどうかで、
いくら美しい白さでも自分の歯の白さと色が違えれば逆に目立ってしまいます。
そこで気になるのが、セラミックの色は自分の歯の色に合った白さに調整できるかということです。

白さの調整について

結論から言えば、セラミックの色…つまり白さを調整することは可能です。
白い歯と一言で表現しても、白さの度合いは人それぞれ異なります。
このため、セラミックではあらゆるパターンの白さを用意してその人にピッタリ合った白さを選んでいます。

このため、セラミック治療を希望する人は色の調整については心配する必要ありません。
では、セラミックにすれば誰もが自然な白さになるのか?…それは違います。
なぜなら、セラミックにはいくつかの種類があるからです。

つまり白さの調整は可能なものの、選ぶセラミックの種類によって美しさに差が出るということです。
ちなみに、セラミックにはどんな種類があるのでしょうか?
そこで、セラミックの種類を以下で挙げていきます。

セラミックの種類

セラミックの中で最も美しいのはオールセラミックです。
100%セラミックで仕上げられており、自然な白さと光沢から天然の歯と見分けがつかないほどの美しさです。
さらに変色することもなく審美性、機能性の両面に秀でていますが、その分費用が高いのがデメリットです。

次にジルコニアセラミック、これはセラミックの中で最も硬く仕上げられたタイプです。
セラミックは審美性においては金属を遥かに超える美しさがあるものの、強度の点では金属に劣ります。
その点ジルコニアセラミックの強度は高く、見た目もオールセラミックに次ぐ美しさを誇ります。

そしてハイブリッドセラミック、ハイブリッドの名が示すとおり、セラミックとレジンを混ぜ合わせたタイプです。
レジンが混ざっているので審美性の高さにおいてはオールセラミックやジルコニアセラミックに劣ります。
ただしその分費用は安めになっているため、手軽にセラミックにしたい人におすすめです。

最後にメタルボンド、これは見えない箇所に金属を使用したタイプです。
金属を使用していることで金属並みの硬さを誇りますが、
肝心の金属は裏側からは丸見えの状態になっているため、全体的な審美性はそれほど高くありません。

…セラミックの種類は、現状これらの4つです。
ただし、全ての歯科医院が全ての種類のセラミックを取り扱っているとは限りません。

ホワイトニングをすすめるケース

いくらセラミックの白さの種類が豊富でも、場合によってはホワイトニングもすすめるケースがあります。
それは、元の歯が白くないほど変色しているケースです。例えば黄ばんだ歯をしてしまっている場合は、
どんな種類の白を選択しても見た目が不自然になってしまいます。

この場合はセラミック治療によって詰め物や被せ物を白くして、
あわせてホワイトニングを行って元の歯も白くするのがベストでしょう。
つまり、セラミックとホワイトニングのコンビネーション治療をするというわけです。

審美性にこだわる時のおすすめのセラミック

あくまで審美性の高さにこだわるなら、
セラミックはオールセラミックやジルコニアセラミックにするのがおすすめです。
と言うのも、これらのタイプは長年使用しても変色が起こらないからです。

今回のテーマはセラミックの自然な白さがポイントになっていますが、
ハイブリッドセラミックの場合は長年使用すると変色が起こります。
このため、10年先を視野に入れるとその頃には変色して元の歯との色合いが不自然になってしまうのです。

ただし、これはあくまで審美性の高さだけに注目した場合の話です。
重視するポイントによってはむしろハイブリッドセラミックやメタルボンドがおすすめのケースもあるため、
自分が何を重視してセラミックにするかを考えてみてください。

まとめ

いかがでしたか?
最後に、セラミックと色の調整についてまとめます。

1. 白さの調整について :調整は可能だが、選ぶセラミックの種類によって美しさに差がある
2. セラミックの種類 :オールセラミック、ジルコニアセラミック、ハイブリッドセラミック、メタルボンド
3. ホワイトニングをすすめるケースがある :元の歯の色によってはあわせてホワイトニングも行うと良い
4. 審美性にこだわる時のおすすめのセラミック :オールセラミックやジルコニアセラミックは変色もしない

これらの4つのことから、セラミックと色の調整について分かります。
元の歯がある程度白ければ、その色に合ったセラミックを入れることができます。
ただし、どの種類のセラミックを選ぶかによって美しさに差があります。
また、元の歯が白いとは言えない状態であれば、ホワイトニングとのコンビネーション治療がおすすめです。