ホーム >Blog > 詰め物に選べる素材にはどんな種類のものがありますか?

削らない虫歯治療
歯周内科
メタルフリー歯科
無痛インプラント
非抜歯矯正
無痛小児歯科
特殊入れ歯
ホワイトニングシステム
オールオン4.6
神経を抜かない治療
週刊早稲田
求人情報
西永福歯科
講演依頼

詰め物に選べる素材にはどんな種類のものがありますか?

西早稲田の歯医者さん、西早稲田駅前歯科矯正歯科です。
今回のテーマは「詰め物に選べる素材の種類」です。
虫歯治療の経験がある人は、現在その歯は詰め物で処置されているでしょう。

ではその詰め物はどうやって選んだのでしょうか。大抵の人は、歯科医の言うとおりに従ったのだと思います。
しかし、実際には詰め物にはいくつか種類があり、それぞれ素材が異なっているのです。
素材が異なる以上、当然それぞれの詰め物では特徴も異なります。
ここでは、詰め物として選べる素材の種類、さらには素材ごとの特徴について説明していきます。

1. 銀歯

詰め物として最も一般的なものであり、保険適用となるため費用の安さが最大のメリットです。
ただ、メリットらしきメリットは費用の安さくらいしかなく、安い分デメリットがいくつも存在します。
まず審美性が低いこと、銀歯の銀は非常に目立つため、中には会話することにも抵抗を感じる人がいます。

また、銀歯は劣化することで金属イオンが溶け出してくるため、それによって歯肉が変色することもあります。
さらに歯との隙間が生じやすいので二次虫歯が起こりやすいですし、金属アレルギーの人は使用できません。
健康保険適用の条件が示すとおり、「最低限の処置」の表現がピッタリの欠点の多い素材です。

2. レジン

素材はプラスチックですが一般で見かけるプラスチックとは全く異なり、合成樹脂の歯科専用のものです。
銀歯同様に保険適用となりますし、白くて銀歯よりも目立たないのがメリットです。
ただし、あくまで目立たないのは見た目だけであり、使用した時の感触は天然の歯と全く異なります。

舌で触った時の感触が違いますし、天然の歯ほど丈夫でもありません。
また、劣化しやすい上に劣化すると変色するという欠点があります。
金属アレルギーの人でも使用できますが、反対にレジンアレルギーの人は使用できません。

3. 金歯

銀同様の金属の素材ですが、こちらは保険が適用できないので費用は高額になります。
銀歯との大きな違いは二次虫歯になりにくいことですね。
また、天然の歯に近い硬さを誇っているため、耐久性においても申し分ありません。

しかし審美性においては銀歯同様に低く、やはり金歯の詰め物は目立ちます。
以前は希望する人もそれなりにいましたが、近年では金の高騰、
そして何よりセラミックの人気が影響して金歯を希望する人は減少傾向にあります。

4. セラミック

詰め物の中で最も人気の素材であり、既に他の詰め物を使用している人がセラミックに変えることもあります。
見た目が天然の歯と変わらないことから審美性が高く、虫歯の治療跡と感じさせない美しさがあります。
また、審美性のみでなく機能性としても非常に高い特徴を持っています。

セラミックは歯との接着の相性も良いので隙間が生じにくく、銀歯にありがちな二次虫歯を予防できます。
さらにプラークも付着しにくい上に詰め物としても寿命も長いため、長期間清潔な状態を維持できるのです。
唯一の欠点は費用が高いこと、審美性を兼ねたセラミックは保険の適用外になるからです。

5. おすすめの素材について

ここまで詰め物の素材に種類があるとなると、患者さんとしてはどれがおすすめなのか気になるところです。
最も、おすすめの素材は患者さんが何を重視するかによって異なってきます。
とにかく費用を安くすませたいのであれば、保険適用となる銀歯かレジンの2択でしょう。

しかし、詰め物に審美性や機能性を求めるとなると、おすすめなのは断然セラミックになります。
ただ、歯科医としての意見を言うとやはりお口の中の健康は維持してほしいですし、
せっかく虫歯治療をした以上、二次虫歯は何としても予防してほしいと思います。
そう考えると、費用は高くなるもののトータル的にはセラミックがおすすめですね。

まとめ

いかがでしたか?
最後に、詰め物に選べる素材の種類についてまとめます。

  1. 銀歯 :保険適用のため安い。ただしメリットは安さのみで、審美性の低さや二次虫歯の招きやすさが問題
  2. レジン :保険適用のため安い。見た目は銀歯よりも目立たないが、劣化しやすく変色も起こる
  3. 金歯 :保険適用外。銀歯の欠点を克服しているので機能性は高いが、依然審美性は低い
  4. セラミック :保険適用外。審美性にも機能性にも長けており、費用に見合った価値がある
  5. おすすめの素材について :費用重視なら銀歯かレジン。審美性と機能性重視ならセラミック

これら5つのことから、詰め物に選べる素材の種類が分かります。
近年ではこれらの中でセラミックを選択する人が急増しています。
これは、歯を美しく見せることへのこだわりを持つ人…つまり審美性を求める人が増えてきたからです。

最も、セラミックは機能性にも長けていることから、歯科医の観点から言ってもセラミックはおすすめです。
ちなみに、セラミックを希望する際はセラミック自体にもいくつか種類が存在するため、
歯科医と相談しながらあなたにピッタリのセラミックを選んでください。

PAGE TOP