ホーム >Blog > 虫歯の治療の際に根管治療が必要と言われたのですが、どういう意味ですか?

削らない虫歯治療
歯周内科
メタルフリー歯科
無痛インプラント
非抜歯矯正
無痛小児歯科
特殊入れ歯
ホワイトニングシステム
オールオン4.6
神経を抜かない治療
週刊早稲田
求人情報
西永福歯科
講演依頼

虫歯の治療の際に根管治療が必要と言われたのですが、どういう意味ですか?

根管治療とは、文字どおり歯の根にあたる根管の治療です。虫歯が神経まで進行した際に必要な治療で、
虫歯菌に侵された神経を除去して根管の清掃や消毒を行います。
また、これはあくまで一例であり、他にも根管治療が必要なケースがいくつかあります。
ここでは、根管治療が必要なケースに加えて、実際の治療の流れを分かりやすく説明していきます。

1. 虫歯が神経まで進行している

根管治療は神経を除去した後、根管内の清掃や消毒を行う治療です。
つまり、基本的に虫歯によって神経の除去が必要な際に根管治療は行われます。
このため、虫歯が神経まで進行している際は根管治療が必要になります。

また、虫歯によって歯の根の周囲の歯茎が炎症を起こしている場合も根管治療を行います。
ちなみに、根管治療の目的は根管内の炎症や痛みを抑えるためです。
さらに、神経にまで達していなくても、神経の近くまで虫歯が進行している場合、
治療の痛みなどを考慮して歯科医の判断で神経を除去し、根管治療を行うことがあります。

2. 根管治療後の状態が悪い

いわゆる再治療のパターンです。根管治療は難易度の高い治療ですし、
炎症や根管の状態は人によって全く異なります。中には簡単に治療できる形の根管を持った人もいますが、
逆に、まるで蜘蛛の巣のように細かく複雑な形の根管をした人もいるのです。

そういった場合は器具を使っても難しく、時には細菌の一部が残ってしまうことがあるのです。
根管治療の後、経過が思わしくなく痛みを感じる場合は担当の歯科医に相談し、
状態によっては再治療という形で再び根管治療が行われることがあります。

3. 根管治療の流れ

根管治療の流れを大まかに説明すると、治療は4段階に分けられます。
まずは治療前の準備として神経と根管を露出させ、神経を除去していきます。
次に、専用の器具で根管内の清掃を行います。その後、薬剤を使った洗浄と消毒を行います。

治療自体はこれで終わりですが、最後に根管への細菌の侵入を防ぐための仕上げをします。
専用の薬剤で根管を埋めていき、ここで特に問題がなければ被せ物や詰め物の準備をします。
後は、被せ物や詰め物のための型を取り、完成後にこれらで対処して治療完了です。

4. 根管治療の痛み

根管治療で痛むタイミングは、治療中と治療後の2つのパターンがあります。
治療中の痛みとしては、神経が残っていた場合の治療中にそこに触れてしまうケース、
または治療の際に器具が周囲の組織に通う神経に触れてしまうケースです。
神経に一切触れずに治療するのは難しく、必要であれば麻酔で対処することもできます。

一方、治療後に痛みを感じることもありますが、その際は我慢せずに担当の歯科医に相談してください。
可能性として考えられるのは、根管治療の際に細菌に感染した部分や神経を除去しきれていないことです。
この場合、上記で説明したように再治療が必要となることがあり、その際は再び根管治療を行います。
また、歯そのものにヒビが入っていたり噛み合わせが悪いと、根管治療後に痛みを感じることがあります。

5. 治療期間

根管治療の治療期間は、炎症や根管の状況次第で大きく変わります。
すんなりと治療できるほどの簡単な形をした根管であれば、2週間ほどしか掛かりません。
しかし、炎症が酷かったり根管の形が複雑になっていると、長くて3ヶ月ほど掛かることもあるのです。

つまり、何も問題がなければ約2週間、問題があった場合は長くて3ヶ月と考えておくといいでしょう。
ただし、根管治療に大切なのは治療期間の短さよりも確実に細菌が除去されているかどうかです。
その意味でも、軽い虫歯治療以上に歯科医院にこだわり、信頼できる歯科医から治療を受けるのが理想です。

まとめ

いかがでしたか?
最後に、虫歯治療の際に行われる根管治療についてまとめます。

  1. 虫歯が神経まで進行している :根管治療は虫歯が神経まで、もしくは神経付近に進行している時に行う
  2. 根管治療後の状態が悪い :根管治療後の状態が悪いと、原因によっては再び根管治療を行う
  3. 根管治療の流れ :神経と根管を露出させ、清掃した後に殺菌と洗浄、最後は根管に薬剤を詰める
  4. 根管治療の痛み :治療後に痛みを感じるなら、まず担当の歯科医に相談する
  5. 治療期間 :早くて約2週間、長くて約3ヶ月。炎症の状態や根管の形状次第で期間に大きく差が出る

これら5つのことから、虫歯治療の際に行われる根管治療について分かります。
治療の複雑さや痛みの点から見ると、誰もが根管治療はやりたくないと思うでしょう。
根管治療は虫歯治療の際に行われるものですが、神経付近まで虫歯が進行した時のみ必要となる治療です。

と言うことは、神経付近まで虫歯が進行しない限り必要のない治療と言い換えることもできるのです。
つまり、虫歯を放置するようなことさえなければ、根管治療を行う機会はありません。
虫歯の放置は自身の健康を害するのはもちろんですが、こうした大掛かりな治療を招く要因にもなるのです。

PAGE TOP