ホーム >Blog > 二次虫歯って何ですか?

削らない虫歯治療
歯周内科
メタルフリー歯科
無痛インプラント
非抜歯矯正
無痛小児歯科
特殊入れ歯
ホワイトニングシステム
オールオン4.6
神経を抜かない治療
週刊早稲田
求人情報
西永福歯科
講演依頼

二次虫歯って何ですか?

二次虫歯とは、文字どおり一度虫歯治療をした箇所が再度虫歯になってしまうことです。
これは二次カリエスとも呼ばれており、成人にとって歯周病に匹敵するほど一般的な症状です。
しかし、なぜ治療したはずの歯が再び虫歯になってしまうのでしょうか。
ここでは、詳しい説明や原因、対処など、二次虫歯全般について説明していきます。

1. 二次虫歯とは

二次虫歯とは、虫歯治療で詰め物などを施した後、その詰め物と歯の隙間から虫歯になることです。
元々虫歯治療の際には何らかの材料を使って詰め物を入れますが、
その詰め物は年月が経つことで劣化していきます。

その劣化によって隙間が生まれ、再び虫歯を発生させてしまうのです。
また、ブラッシングをおろそかにするなど虫歯になりやすい状況を作った場合も、
言うまでもなく二次虫歯が引き起こされやすくなるのです。

2. 銀歯は二次虫歯になりやすい

最も多いパターンが、銀歯を使用したことによる二次虫歯です。
銀歯は保険が適用できる点で費用が安いという利点があるものの、
劣化が早く接着力も弱いため、たった数年で劣化して隙間が生まれてしまうのです。

また、同じ保険が適用できるプラスチックの素材も劣化は早いです。
細菌はセラミックと銀歯を比較するケースが多く、それぞれのメリットとデメリットが挙げられますが、
銀歯は二次虫歯になりやすいというデメリットが一般的になっています。

3. 二次虫歯を防ぐセラミック

基本的には、最初の虫歯治療の際に劣化しにくい素材を使うのが効果的です。
だからこそ、今ではセラミックを選択するケースが増えています。
セラミックは見栄えの良さが目立ちますが、それだけでなくプラークが付着しにくい、長持ちするなど、
二次虫歯を予防できる特徴をいくつも持っているのです。

ただし、セラミックは保険が適用できないので銀歯に比べて高額になります。
また、セラミックと言ってもオールセラミックやハイブリッドセラミックなど種類も豊富です。
このため、セラミックを希望する場合は単に二次虫歯のなりにくさだけで判断せず、
それぞれの特徴や費用を把握した上で検討してください。

4. 人工物の存在が二次虫歯を生む

例えば、同じ虫歯治療でも少し歯を削っただけの治療と詰め物を使用した治療とでは、
後者の治療の方が二次虫歯のリスクが格段に高くなります。もっと分かりやすく言えば、
口内に詰め物などの人工物を使用するほど二次虫歯になりやすくなるのです。

最も、少し削るだけの虫歯治療は早期発見できてこそ可能な治療方法です。
その意味では、日頃から歯科医院で定期検診を受けることをおすすめします。
定期検診を受けていれば痛みを感じないほどの初期段階の虫歯にも気付けますし、
何より虫歯そのものを予防することができるのです。

5. 歯の根元のブラッシングを大切にする

仮に虫歯治療で被せ物を使っているなら、噛み合わせ部分から虫歯になることはありません。
二次虫歯のきっかけになるのは被せ物と歯茎の間、つまりこれらの境目になります。
ここに隙間が生じることで細菌が侵入し、それが二次虫歯を引き起こしてしまうのです。

このため、ブラッシングも歯の根元を綺麗にすることを意識した方法で行うのが理想です。
ちなみに、こうした根元を磨くことで歯茎も磨かれるため、それが歯周病の予防にも繋がります。
また、歯科医院に行けばこうした正しい歯磨き方法を指導してもらうことができます。

6. 二次虫歯は歯を失う可能性がある

二次虫歯の厄介なところは、今後も治療と虫歯の繰り返しが予想されることです。
治した歯が再び虫歯になって再び治療する、
その繰り返しで発生するデメリットは単に手間や費用の問題だけではありません。

治療を繰り返すことでどんどん歯が削られ、
最終的に歯を失ってしまう可能性があるのが最大のデメリットなのです。
その意味でも、材質や予防をしっかり行って二次虫歯は防止しなければなりません。

まとめ

いかがでしたか?
最後に、二次虫歯とは何なのかについてまとめます。

  1. 二次虫歯とは :虫歯治療で詰め物などを施し、後にその詰め物と歯の隙間から虫歯が出ること
  2. 銀歯は二次虫歯になりやすい :劣化が早く、歯と金属はくっつきにくいので隙間も生まれやすい
  3. 二次虫歯を防ぐセラミック :セラミックは寿命が長くてプラークも付着しない
  4. 人工物の存在が二次虫歯を生む :口内に詰め物などの人工物を使うと二次虫歯のリスクが高まる
  5. 歯の根元のブラッシングを大切にする :被せ物の場合、被せ物と歯茎の間が二次虫歯のポイント
  6. 二次虫歯は歯を失う可能性がある :治療を重ねることで最終的に歯を失う可能性がある

これら6つのことから、二次虫歯とは何なのかが分かります。
虫歯治療の際には、様々なことを選択する場面が訪れます。
歯科医院選びはもちろん、治療の際に使用する詰め物の素材などです。
こうした場合は、二次虫歯になりにくい選択をするのがおすすめです。
何より歯を守ることを優先するのであれば、二次虫歯は決して起こしてはならない事態なのです。

PAGE TOP