ホーム >Blog > ドラッグストアなどで売っているホワイトニングと歯科医院で行うホワイトニングの差は?

削らない虫歯治療
歯周内科
メタルフリー歯科
無痛インプラント
非抜歯矯正
無痛小児歯科
特殊入れ歯
ホワイトニングシステム
オールオン4.6
神経を抜かない治療
週刊早稲田
求人情報
西永福歯科
講演依頼

ドラッグストアなどで売っているホワイトニングと歯科医院で行うホワイトニングの差は?

ドラッグストアなどに行くと、ホワイトニングと表記された歯磨き粉がたくさん並んでいます。
ホワイトニングは歯科医院で行うものですが、市販のタイプでそれが叶えば、歯科医院に行く手間もかからないですし、何より費用が格段に安く済みます。
そんなお手軽さを感じる市販のホワイトニングは、歯科医院で行うそれとどれくらいの差があるのでしょうか?
ここでは、それぞれのホワイトニングの仕組みを挙げながら、肝心の効果の差について解説していきます。

1. 歯科医院のホワイトニングの仕組み

歯科医院のホワイトニングでは、歯科医しか扱えない薬剤を使用します。
ホワイトニング剤に含まれた過酸化水素と過酸化尿素の変化を利用して、エナメル質の構造を変化させます。
これによって、黄ばんだ象牙質をマスキングし、歯を白く見せているのです。

この点から分かるように、歯の黄ばみや変色は、表面ではなく、中の象牙質によるものです。
このため、エナメル質が透けることで、奥の象牙質の黄ばみがうつってしまい、変色した歯に見せています。
このエナメル質を構造変化によってマスキングさせ、象牙質の変色を隠すことで白く見せるのが仕組みです。

2. 市販のホワイトニングの仕組み

歯科医院で扱う過酸化水素や過酸化尿素を使用できないため、成分や効果が全く違います。
市販のホワイトニングは、分かりやすく言えば歯のクリーニングが目的になります。
歯磨きによってホワイトニングを行うため、対象となるのは表面のエナメル質のみになります。
市販のホワイトニング歯磨き粉には、歯の表面の汚れや着色を分解させる成分が含まれています。

これを使って歯磨きすることで、歯の表面の汚れや着色を落とすことができるのです。
この仕組み上、コーヒーなどによる表面上の着色であれば、これで綺麗に落とすことができます。
このため、象牙質自体が黄ばんで変色している場合は、市販のホワイトニングでは全く効果が得られません。
つまり、市販のホワイトニング歯磨き粉で行うのは、正確にはホワイトニングではなくクリーニングです。

3. どちらの方法も過剰な期待は禁物

上記の説明から、歯科医院のホワイトニングの方が効果的なことが分かりますが、いずれにしても、絶対に白くなるといった過剰な期待は禁物です。
と言うのも、どちらの方法を用いたとしても、効果が期待できないケースがあるからです。
その代表として挙げられるのが、テトラサイクリンによって変色した歯です。

テトラサイクリンは、もう十年以上も前に、子供用の風邪薬に含まれていることがありました。
時期から推測すると、現在30代前後の人は、これに該当する可能性があります。
テトラサイクリンによる変色は、市販のホワイトニングはもちろん、歯科医院のホワイトニングでも白くするのは難しいと言われています。

4. ネットで購入できるホワイトニング剤

ホワイトニング歯磨き粉は、ドラッグストアなどはもちろん、ネットでも購入できます。
しかし、ネットで購入する際には商品そのものに注意が必要です。
と言うのも、海外のホワイトニング剤においては、日本よりも強力な薬剤が使用されています。
その分、効果が高いという声はあるものの、海外製である以上、おススメはできません。

海外製の場合、その国の人間の身体のバランスに合わせて作られているため、日本人の身体に合わないケースがありますし、副作用の原因でもなるのです。
注意書きの類も日本語ではないでしょうし、購入する際は自己責任になります。
少なくとも、口コミなどの簡単な宣伝文句だけで、安易に購入しないようにしてください。

5. 効果が高いのは歯科医院のホワイトニング

ここまでの説明で分かるように、ホワイトニングの効果は歯科医院でのホワイトニングの方が格段に上です。
最も、費用の差を考えれば、二つのホワイトニングに差があることは当然とも言えます。
重要なのは、二つのホワイトニングは全く種類の異なった別物だということです。

歯科医院のホワイトニングは、エナメル質を利用して、歯そのものを白く見せる本格的なものです。
一方、市販のホワイトニング歯磨き粉は、正確にはクリーニングであって、歯を白くすることはできないのです。
つまり、黄ばんだ歯を白くするなら、比較するまでもなく、歯科医院でのホワイトニングをおススメします。

まとめ

いかがでしたか?
最後に、市販のホワイトニングと歯科医院で行うホワイトニングの差についてまとめます。

  1. 歯科医院のホワイトニングの仕組み :特別な薬剤を使い、エナメル質の構造変化で歯を白く見せている
  2. 市販のホワイトニングの仕組み :歯の表面の着色を落とすだけで、ホワイトニングというよりクリーニング
  3. どちらの方法も過剰な期待は禁物 :テトラサイクリンなど、ホワイトニングが難しい症状もある
  4. ネットで購入できるホワイトニング剤 :海外製品に注意。薬剤が異なる上、身体に合わないこともある
  5. 効果が高いのは歯科医院のホワイトニング :費用が高い分、効果が高いのは歯科医院のホワイトニング

これら5つのことから、市販のホワイトニングと歯科医院で行うホワイトニングの差について分かります。
これらは差があると言うよりは、仕組みや得られる効果が異なるため、全くの別物になります。
このため、歯自体が変色している場合は、歯科医院でのホワイトニングをおススメしますし、簡単な表面の着色だけなら、市販のホワイトニング歯磨き粉でも効果はあります。

PAGE TOP