ホーム >Blog > 治療した歯(かぶせもの等)はまたむし歯になりますか?

削らない虫歯治療
歯周内科
メタルフリー歯科
無痛インプラント
非抜歯矯正
無痛小児歯科
特殊入れ歯
ホワイトニングシステム
オールオン4.6
神経を抜かない治療
週刊早稲田
求人情報
西永福歯科
講演依頼

治療した歯(かぶせもの等)はまたむし歯になりますか?

結論からお伝えするなら、治療した歯も虫歯になることがあります。
しかし、それはかぶせものが虫歯になるという意味ではありません。
ではどういう意味で虫歯になってしまうのでしょうか。
どのようにして守ることができますか。

治療した歯で虫歯になる部分

虫歯治療をした歯というのは、いくつかの種類に分類されます。
神経を抜いたものから、表面の部分だけ治療したもの、完全にかぶせたものから噛み合わせ部分のみに人工補綴物が入っている場合まで、様々です。

神経を抜いた歯の場合

神経を抜いている歯は、虫歯が歯の中心の神経部分にまで達してしまっています。
クラウンという見える部分は完全に補綴物で覆う処置の場合、見える部分が虫歯になるということはありません。

しかし、補綴物をかぶせている歯の根っこ、また被せ物の内側の土台部分にはもともとの歯が残されています。
補綴物の隙間から本来の歯の部分に菌が侵入して虫歯になる場合があります。

神経を抜いていない歯の場合

神経を抜いていない歯の多くは、インレーと呼ばれる詰め物やレジン系の詰め物を虫歯部分に詰めています。
この場合は、神経があるので、虫歯になると他の歯と同じように気付きます。

一度虫歯になった歯は、他の歯よりもさらに虫歯になる危険性があります。
神経を抜かない場合、虫歯菌が侵食している部分を取り除きます。
この時、痛みが出ないよう注意を払いながらギリギリのラインで削ることがよくあります。

虫歯菌が増えないよう消毒して詰め物をしますが、完全に虫歯菌を取りきれなかったり、詰め物の隙間から菌が入り込むことがあります。
最初は神経を取らずに済んでいても、痛みが出るような虫歯になると、次は神経を取らなければならない場合が多いので注意が必要です。

治療した歯が虫歯になる要因

神経を抜いた歯が虫歯になる場合、虫歯になったことに気付きにくくさせる2つの要因があります。

虫歯になったのが見えない

神経を抜いた歯の多くは、見える部分はすべて人工の補綴物がかぶさります。
補綴物は虫歯になりませんが、その内側でもとある天然の歯が虫歯になる時、補綴物が邪魔して見えない場合があります。

補綴物と歯茎の隙間部分に歯間ブラシや歯ブラシが入るようになった、補綴物が揺れるようになった、など違和感を感じたら早めに歯医者さんで診てもらいましょう。

痛くない

歯医者さんから足を遠ざける一因として、神経を抜いた歯は虫歯になっても痛くないという点があります。
神経がないため、かなり大きな虫歯になって、被せ物の内側で歯がボロボロになっても気づかないことがあります。

また、虫歯になっていると分かるほど違和感があっても、痛みがないだけで放っておいてしまう方は大勢おられるようです。
そのまま放置しておくと、歯の根っこの先端部分にまで虫歯が進み、その歯を失うだけでなく顎の骨にも影響を及ぼす場合があるので、早めに歯医者さんで診てもらいましょう。

神経を残した歯も注意が必要

神経を残している歯は、他の歯よりも虫歯が再発しやすいので注意が必要です。
見えやすい部分なら普通に歯磨きをしておけば再発を防ぐことができますが、歯と歯の間や奥歯の噛み合わせ部分などは、磨きにくいので虫歯になりやすいということを覚えておきましょう。

治療した歯を虫歯にしないために

こまめな歯磨き

神経を抜いた歯でも神経を抜いていない歯でも、毎日丁寧に歯磨きをすることは大切です。
虫歯治療をした周りの歯も菌にさらされて弱くなっています。
周りの歯も、治療した歯もこれ以上虫歯にしないためにこまめに歯磨きをしてあげましょう。

補助的清掃用具の使用

これは歯間ブラシやフロス、ワンタフトブラシなどの歯磨き用具のことを言います。
自分の口の状態を知り、また人工の部分と天然の部分の境目をいつも清潔に保つために、このような道具を使うことができます。

被せ物と歯茎のわずかな隙間には虫歯の原因となるプラークが溜まりやすく、また歯ブラシでは汚れを取りきることができません。
入るなら歯間ブラシ、難しければフロスを使って隙間の汚れを取ってあげましょう。

定期的な検診

特に神経を抜いた歯は、自分で神経を抜いたことに気づくのが難しいので、こまめに検診を受けるようにしましょう。
歯医者さんなら、歯ブラシを当てるだけでは気づかない部分を専門の器具を使って調べてくれます。

虫歯になって間もない状態であれば、早めに処置をしておくことで、治療した歯を長く使うことができるのです。
検診の際に、お口のクリーニングを受けておくことも虫歯にさせないためのポイントです。

結論とまとめ

治療した歯でも虫歯になることがあります。

  • 神経を抜いた歯はかぶせものの隙間から虫歯になることがあり、痛みがないため気付きにくいのが特徴です。
  • 神経を抜いていない歯の場合、人工の詰め物の隙間から虫歯になりやすいので注意が必要です。
    普通の虫歯と同じようにすすむと痛みます。
  • 治療した歯の虫歯を避けるためには、こまめで丁寧な歯磨きと歯間清掃用具の使用が大切です。
  • 定期的な検診で虫歯になっていないかチェックしてもらいましょう。

PAGE TOP