ホーム  > 医院案内  > メディア紹介  >  Leaders Style

Leaders Style

Leaders Styleインタビュー内容

そうですね、基本的には、患者さんは「痛くない」とか、「やっぱり削りたくない」という気持ちが強いので、やっぱりその考えに沿った診療スタイルではやりたいですよね。

学生時代から歯医者自体がすごくアナログだなぁと思っていたんです。
虫歯治療でも削ったのに対して詰め物を詰めるだけ。
それ自体がもうずっと何十年も繰り返し行われていたということ自体にはもともと疑問を持っていいました。
歯周病って歯周病菌が悪さをしているのであれば、(治療において)歯石取りとか関係なくって、菌をやっつければ治せるのではないか。
ドッグスベストセメントを使うような、あとは歯周除菌治療をするようなそういう内科的に治療するようなお薬っていうのはもともと探していました。

私の実家がお菓子屋さんななんです。
でまぁ将来的には兄がそこのお家を継ぐってことで、私自身は外に出ていかなきゃいけないので、親が「あんたも資格、手に職があるほうがいいんじゃないの」っていうところで歯科医のすすめがありましたね。

いい歯医者さんっていうのは分かりやすいところでいうと患者さんからとかスタッフからの人気がある歯医者さんがいいのかなぁと思いますけど。
そのためにはまずは自分が人間性豊かじゃなくてはいけないのかなぁって思います。
人間性って大事なんだよ、人の上にたつ院長っていうのはスーパーマンじゃなくてはいけない、というのは私が勤務医の時にすごく言われていました。

私は小さい頃から父親に言われてたのが、苦あれば楽あり、楽あれば苦ありということです。
子供心にもそれって簡単な言葉ですし凄い理解できて、確かに最初に楽しちゃうと後に絶対自分が痛い目みることが多いなとか、凄くあったんで、まずは自分が率先していやな仕事をたくさん苦労して最終的にそれがスタッフがよく見てくれて、あ、院長いい人だなとか、院長人間性溢れる人だなと思ってくれれば(いいなと思っています)。
で、後々そういう意味で仕事面で僕に何倍にも返してくれればいいなとか、そういうのもちょっと考えたりします。

PAGE TOP