ホーム  > 診療メニュー  >  歯髄回復治療

歯髄回復治療

歯の神経を残す『歯髄回復治療』

当院では「歯を抜かずに残す」ことをモットーに、治療を行ってきました。
歯を抜かずに治療をすることで歯を長く保存出来るメリットがあるためです。
しかし、歯の奥にある神経にまで虫歯菌が侵入してしまうと抜歯せざるを得ない状態になってしまいます。

神経を抜いた歯は死んだ状態に近くなっており、最終的には抜くことになってしまうことも多いのが現状です。

そこで当院では神経を抜くことなく、特殊な薬剤を使って治療する方法を考案しました。
歯髄にまで虫歯菌が及んでしまった場合でも、神経を抜かずに治療ができ、生きた状態で歯を残すことができることで歯を長く保存できる可能性が高まることは大きなメリットになります。

抜髄までの流れ

通常、痛みを感じたら歯医者に行くという人も多いかもしれません。
しかし、痛みを感じる状態では虫歯が神経まで進行しており、抜髄することになるケースも多いものです。

具体的に抜髄とは歯の中にある神経を切り取り、骨の部分にある神経を保存する治療法のことです。
まずは、麻酔をかけて歯に穴を開け神経を抜きます。金属をグリグリとお口の中で動かす作業で神経を取っているのです。
神経を抜いた後は一度仮の蓋をして、中の状態が安定するまで約数か月間様子を見ます。

抜髄までの流れ

その後、中に薬剤を入れて蓋をしてかぶせ物をすれば完成です。
しかしながら、神経を抜いた歯は脆くなることから、折れやすく色も黒ずんでしまう場合があります。

当院では、すでに神経を抜いてしまった歯に対する抗菌性根充法という治療法もおこなっております。

歯髄回復治療の特徴

  • 神経を抜かなくてすむ
  • 歯の寿命が長くなる
  • 治療回数が少ない
  • 時間的・経済的な負担が少ない

一度神経を抜いてしまうと歯の寿命が大きく縮まり、歯はもう元には戻りません。
定期的に健診に通うなど事前の予防が第一ですが、諦める前にまず一度、当院へお越しください。

PAGE TOP