ホーム >Blog > 虫歯と歯周病の両方になってしまいました。どちらの治療を優先すべきですか?

削らない虫歯治療
歯周内科
メタルフリー歯科
無痛インプラント
非抜歯矯正
無痛小児歯科
特殊入れ歯
ホワイトニングシステム
オールオン4.6
神経を抜かない治療
週刊早稲田
求人情報
西永福歯科
講演依頼

虫歯と歯周病の両方になってしまいました。どちらの治療を優先すべきですか?

西早稲田の歯医者さん、西早稲田駅前歯科矯正歯科です。
今回のテーマは「虫歯と歯周病の両方になった場合の治療の優先順位」です。
虫歯と歯周病は症状が異なるように、治療内容もまた異なります。

このため、両方になった場合はどちらか一方の治療を優先することになります。
最も、患者さんがその選択を迫られることはないため、その点は安心してください。
結論を言うと、ほとんどの歯科医院で基本的に歯周病の治療を優先します。

歯周病の治療を優先する理由

冒頭でお伝えしたように、虫歯と歯周病の両方になった場合は基本的に歯周病の治療を優先します。
これには2つの理由があり、1つ目の理由は虫歯の治療の精度を考慮した結果です。
歯周病になると歯肉が炎症を起こし、さらに進行すれば歯槽骨が溶かされて歯がグラつきます。

このため、歯肉と歯が非常に不安定な状態になるのです。その状態で歯を削れば精度が落ちますし、
何よりリスクが生じるため歯周病の治療を優先するのです。
2つ目の理由は詰め物や被せ物に細菌が入り込むのを防ぐためです。

歯周病の治療の基本はプラークや歯石を除去すること…言わば口の中を清潔な状態にすることです。
逆に言えば、歯周病の治療をしなければ口の中に大量のプラークや歯石が存在しているわけで、
そんな状態で詰め物や被せ物の処置をすると、そこに細菌が入り込んでしまう可能性があるのです。

そうならないよう、まずは口の中を清潔な状態にする…つまり歯周病の治療を優先します。
最も、これはあくまでマニュアル的な基準ですから、
虫歯の痛みが酷い場合などはその対処として虫歯の治療を優先することもあります。

<二次虫歯について>
詰め物や被せ物をした中に細菌が入り込むと、虫歯が再発してしまいます。
虫歯治療で削った患部は脆く、すぐに細菌に感染してしまいます。
詰め物や被せ物に細菌が入り込むのを防ぐのは、虫歯の再発を防ぐためでもあるのです。

虫歯の治療を優先するケース

上記で説明したとおり、歯周病の治療を優先するのはあくまでマニュアル的な基準です。
虫歯と歯周病、それぞれの状態によっては虫歯の治療を優先するケースもあり、
例えば以下のようなケースが挙げられます。

・虫歯の痛みが酷い
ズキズキと激痛を感じるほどの虫歯の場合、痛みを解消しないことには私生活にも支障を及ぼします。
その状態では睡眠も不可能でしょうし、仕事するのも辛いですからね。
このため、虫歯の痛みが酷い場合はひとまず痛みを解消させるため、虫歯の治療を優先するのです。

・虫歯の方が大きく進行している
虫歯と歯周病の両方になったとしても、それぞれの進行度には差があります。
例えば虫歯が重度段階まで進行しているのに対して、歯周病は初期段階であるケースもあるでしょう。
この場合は虫歯の方が明らかに深刻な状態にあるため、虫歯の治療を優先します。

…このように虫歯の治療を優先するケースもあるため、
何らかの理由で虫歯の治療を優先したい場合は歯科医に相談してみると良いでしょう。

虫歯の治療を優先することのリスク

仮に虫歯の治療を優先した場合は以下のリスクが発生します。
このため何らかの事情で虫歯の治療を優先した場合も、
その事情を解消した時点で歯周病の治療に切り替えることがあります。

リスク1. 詰め物や被せ物に血液が混入する
歯周病になると歯肉が炎症を起こし、ささいな刺激で歯肉から出血しやすくなります。
このため虫歯の治療が刺激となって歯肉から出血することもあり、
その状態で詰め物や被せ物で処置すれば血液が混入してしまう可能性があります。

リスク2. 被せ物の高さが合わなくなる
歯周病が進行すると歯肉退縮が起こって歯肉が下がります。
そして、歯肉が下がれば本来歯肉に覆われているはずの歯の根が露出します。
そうなると露出した分だけ歯が長くなるため、当初の被せ物の高さが合わなくなってしまいます。

リスク3. 痛みが解消されないこともある
虫歯の治療を優先する場合、その理由として最も多いのは虫歯の痛みを解消するためです。
確かに虫歯が原因による痛みなら、虫歯の治療を優先することで痛みは解消されるでしょう。
しかし歯周病による知覚過敏などが原因だった場合、虫歯の治療をしても痛みはそのまま続きます。

まとめ

いかがでしたか?
最後に、虫歯と歯周病の両方になった場合の治療の優先順位についてまとめます。

1. 歯周病の治療を優先する理由 :虫歯の治療を安定した状態で行うためなどの理由がある
2. 虫歯の治療を優先するケース :虫歯の痛みが酷い場合や、虫歯の方が大きく進行している場合
3. 虫歯の治療を優先することのリスク :詰め物や被せ物に血液が混入するなどのリスクがある

これら3つのことから、虫歯と歯周病の両方になった場合の治療の優先順位について分かります。
虫歯と歯周病を家に例えるなら、虫歯は家で歯周病は家を支える土台です。
家の修理は安定した土台があるからこそ行えるわけで、これは歯科治療においても同じことが言えます。
まず土台である歯周病を治療して安定させ、それから家を修理する…これが安全な流れになるのです。

PAGE TOP