ホーム >Blog > 詰め物をした歯が虫歯になるのはなぜですか?

削らない虫歯治療
歯周内科
メタルフリー歯科
無痛インプラント
非抜歯矯正
無痛小児歯科
特殊入れ歯
ホワイトニングシステム
オールオン4.6
神経を抜かない治療
週刊早稲田
求人情報
西永福歯科
講演依頼

詰め物をした歯が虫歯になるのはなぜですか?

西早稲田の歯医者さん、西早稲田駅前歯科矯正歯科です。
今回のテーマは「二次虫歯が起こる理由」です。
一度虫歯治療をした歯に虫歯が再発することを二次虫歯と呼びます。

しかし、そもそも虫歯治療をした歯には詰め物が入れてありますし、
詰め物を入れるのは細菌が入り込むのを防ぐのが目的でもあります。
それでも結果的に二次虫歯が起こってしまうのはどうしてなのでしょうか。

二次虫歯が起こるまで

虫歯治療で削った歯は、象牙質が剥き出しの状態になっています。
本来なら歯は表面のエナメル質に保護されていますが削ったことでエナメル質が失われ、
象牙質が剥き出しの脆い状態にあり、このままだとすぐに細菌に感染してしまいます。

それを防ぐために詰め物を入れるのですが、詰め物は人工物なので年数の経過で劣化します。
そして、詰め物が劣化すると歯との接着が弱まり剥がれてくるのです。
接着が剥がれることで詰め物と歯との間に僅かな隙間が生じ、そこから細菌が入り込んでしまいます。

これが二次虫歯のきっかけです。
細菌が入り込むことで象牙質が剥き出しになった歯が細菌に感染し、二次虫歯が起こってしまうのです。
実は成人の虫歯治療の場合、この二次虫歯によるケースが非常に多いのです。

 二次虫歯の問題

二次虫歯が起こってもまた治療すれば良い…そう考えている人もいるでしょう。
しかし二次虫歯が起こることには2つの問題があり、1つは歯を失う危険性があることです。
「二次虫歯→治療→二次虫歯→治療」…このサイクルが繰り返されたとします。

そうすると治療のたびに歯を削ることになりますから、結果的に歯はどんどん削られていきます。
このため、これがずっと繰り返されればやがて歯は失われてしまうのです。
もう1つの問題は、二次虫歯そのものに気付きにくいことです。

詰め物で覆われているため虫歯を目で確認できない上、
仮に最初の虫歯治療で神経を除去していれば痛みすら感じることもありません。
虫歯に気付けなければ虫歯はどんどん進行しますから、二次虫歯は重症化しやすいのです。

二次虫歯の予防方法

二次虫歯を予防する方法はいくつかありますが、
ポイントは最初の虫歯治療の時点で二次虫歯の予防を考えることです。

•歯科医院選びにこだわる
最初の虫歯をする際、マイクロスコープの使用など精密な治療が可能な歯科医院で治療を受けましょう、
そうすれば歯と詰め物のサイズに誤差が生じにくく、歯と詰め物がピッタリと合って隙間の発生を防げます。

•定期検診を受ける
詰め物が劣化すると歯との間に隙間が生じますが、それに自分で気付くのは困難です。
その点、定期検診を受ければ歯科医が口腔内の健康状態を確認するため、詰め物の劣化や異常に気付けます。

•歯と詰め物の境目をしっかり磨く
詰め物に細菌がたまると二次虫歯が起こりやすくなるため、
歯磨きの時には詰め物と歯の境目をしっかりと磨いて常に綺麗な状態にしておきましょう。

•最初の虫歯は可能な限り削らずに治してもらう
歯を削らずに虫歯が治れば詰め物は必要ないため、今回のテーマのような二次虫歯は防げます。
ただしそれには早期治療が必須ですから、定期検診を受けるなどのしっかりとした予防対策が欠かせません。

•セラミックの詰め物にする
ツルツルしたセラミックにはプラークが付着しにくく、さらにセラミックは歯との接着の相性も良いのです。
その上銀歯に比べて長持ちして劣化も起こりにくいため、二次虫歯を予防しやすくなっています。

銀歯は二次虫歯になりやすい

銀歯を詰め物にしていると、二次虫歯が起こりやすくなります。
既に銀歯を使用している人は、実際に二次虫歯の繰り返しに悩んでいるのではないでしょうか。
では、なぜ銀歯は二次虫歯になりやすいのでしょうか。

そもそも銀歯は歯と接着させられないため、専用のセメントで接着させることになります。
そして、このセメントは年数が経過すると接着が剥がれてしまうのです。
これによって歯との間に隙間が生じ、二次虫歯が起こってしまいます。

また、銀歯はプラークが付着しやすいので衛生面を維持しにくいですし、
詰め物としての寿命も5年ほどと短くなっています。
費用が安いのは長所ですが、その分詰め物としての質はあまり高くないのです。

まとめ

いかがでしたか?
最後に、二次虫歯が起こる理由についてまとめます。

1. 二次虫歯が起こるまで :詰め物の接着が剥がれて歯との間に隙間が生まれ、そこから細菌が入り込む
2. 二次虫歯の問題 :治療を繰り返しその都度歯を削っていれば、やがて歯は失われてしまう
3. 二次虫歯の予防方法 :歯科医院選びにこだわって精密な治療を受ける、セラミックの詰め物にするなど
4. 銀歯は二次虫歯になりやすい :接着が剥がれやすくプラークも付着しやすいため

これら4つのことから、二次虫歯が起こる理由が分かります。
ここ最近、ニュースで「虫歯になる人が減少している」と聞いたことがある人も多いでしょう。
これは事実で、その理由はフッ素配合の歯磨き粉の効果などが挙げられます。
しかし虫歯になる人は減少傾向にあるものの、二次虫歯に至っては依然深刻な状態です。
虫歯になる人が減った分、虫歯において二次虫歯になる人の割合は非常に高くなっているのです。

PAGE TOP