ホーム >Blog > 痛くない虫歯の治療方法ってあるのですか?

削らない虫歯治療
歯周内科
メタルフリー歯科
無痛インプラント
非抜歯矯正
無痛小児歯科
特殊入れ歯
ホワイトニングシステム
オールオン4.6
神経を抜かない治療
週刊早稲田
求人情報
西永福歯科
講演依頼

痛くない虫歯の治療方法ってあるのですか?

西早稲田の歯医者さん、西早稲田駅前歯科矯正歯科です。
今回のテーマは「痛くない虫歯の治療方法」です。
虫歯の治療と聞くと、ほとんどの人が痛いというイメージがあると思います。

また、そのイメージが原因で虫歯になっても治療せずに放置する人も少なくありません。
しかし、最近では痛くない虫歯を行っている歯科医院も多く、
治療の痛みに対して様々な工夫がなされているのです。

 無痛治療の導入

歯科医院の中には、虫歯治療において無痛治療を導入しているところもあります。
無痛治療とは、従来の虫歯治療に比べて痛みの少ない治療方法です。
具体的にどんな治療方法なのかは歯科医院によって異なりますが、一般的には以下の方法が挙げられます。

表面麻酔の使用
虫歯治療で痛みを伴うと判断された場合、その対処して麻酔を行います。
しかし、中には麻酔自体が痛くて嫌だという人もいるでしょう。
表面麻酔は麻酔の前に患部に麻酔液を塗る…いわば麻酔の麻酔で、麻酔の注射の痛みを感じなくできます。

細い注射針の麻酔
これも麻酔に関することですが、麻酔の注射針が従来のタイプより数分の一ほども細い針になっています。
単純に注射する面積が小さくなるので痛みも小さくなりますし、
注射針に対する威圧感や恐怖も軽減されます。

笑気ガスの使用
リラックスした気分で治療を受けられるようにするための方法です。
治療に対して痛みよりも恐怖が気になる人向けの方法で、眠ったような気分になって治療を受けられます。
人によっては治療していた時のことを全く覚えていないこともあります。

…こうした方法以外に、麻酔にしても注射する角度や箇所にこだわるなど、
無痛治療では痛みを最小限に抑えるための工夫をしています。

患者と歯科医のコミュニケーション

治療の痛みとは直接関係ないと思うかもしれませんが、
患者さんと歯科医が良好なコミュニケーションをとることも痛みの軽減につながります。
まず、しっかりとコミュニケーションをとれば患者さんの治療への不安が解消されます。

どこが悪いのか?どんな治療をするのか?その治療にどんな効果があるのか?
こうした点が分からなければ患者さんも不安でしょうし、そのためにはコミュニケーションは欠かせません。
また、会話が弾むほどの楽しい雰囲気になれば緊張も解け、それによって痛みや恐怖もやわらぎます。

早期治療の重要性

虫歯治療で確実に痛くない方法があり、それは早期治療をすることです。
虫歯治療の方法は一定ではなく、虫歯の進行度によって異なります。
例えば「虫歯治療=歯を削る」というイメージがありますが、あくまでそれは虫歯が進行している場合です。

実際、完全な初期段階の虫歯であれば削らずに治せることがありますし、
その場合は削ったとしても範囲はごく僅かですから、治療で痛みを感じることはないのです。
つまり、虫歯になった時は早く歯科医院に行けば最小限の治療で治すことができるのです。

<虫歯の早期治療のために>
虫歯の早期治療は実はとても難しく、なぜなら初期段階の虫歯は痛みなどの自覚症状がないからです。
みなさんは歯が痛むことで虫歯を自覚しますが、歯が痛むほどの虫歯は既に進行しています。
早期治療…つまり初期段階で虫歯を治すためには、痛みのない時点で虫歯に気付かなければなりません。

そこでおすすめなのが、歯科医院で定期検診を受ける習慣を身につけることです。
定期検診を受けていれば歯科医がお口の状態をチェックするので初期段階の虫歯も発見できますし、
何より定期検診を受けることは虫歯の予防にもなるのです。

 虫歯治療を怠った時に起こること

痛い、怖いなどの理由で虫歯治療を怠る…つまり放置するとどうなるのでしょうか。
一度でも進行した虫歯は自然には治りませんから、放置すれば虫歯はどんどん酷くなっていくでしょう。
感じる痛みはやがて激痛に変化し、歯だけでなく神経まで虫歯菌に侵されてしまいます。

さらに進行すれば歯はボロボロの状態になり、そうなると治療しても歯を残すことはできません。
この場合抜歯するしかなく、抜歯後は入れ歯やインプラントなどの人工の歯で対処するしかなくなります。
また、最終的には血液に虫歯菌が入り込み、その影響で脳梗塞や心筋梗塞を招くこともあります。

まとめ

いかがでしたか?
最後に、痛くない虫歯の治療方法についてまとめます。

1. 無痛治療の導入 :表面麻酔や笑気ガスなどを使用した、痛みを感じない無痛治療という治療方法がある
2. 患者と歯科医のコミュニケーション :患者と歯科医がしっかりとコミュニケーションをとることも大切
3. 早期治療の重要性 :早く虫歯を発見して早く治療すれば、それだけ治療も軽いものですむ
4. 虫歯治療を怠った時に起こること :痛みが増す、神経まで虫歯が進行する、歯を失うなど

これら4つのことから、痛くない虫歯の治療方法が分かります。
無痛治療を導入している歯科医院を探すなら、歯科医院のWEBサイトを確認すると良いでしょう。
また、直接歯科医院に問い合わせても回答してもらえると思います。
痛みを恐れて治療を怠れば、結果的に症状は酷くなってその分辛い治療をしなければなりません。
このため、虫歯を自覚している人はいち早く歯科医院に行って治療を受けてください。

PAGE TOP