ホーム >Blog > 歯が痛い時にやってはいけないことは何ですか?

削らない虫歯治療
歯周内科
メタルフリー歯科
無痛インプラント
非抜歯矯正
無痛小児歯科
特殊入れ歯
ホワイトニングシステム
オールオン4.6
神経を抜かない治療
週刊早稲田
求人情報
西永福歯科
講演依頼

歯が痛い時にやってはいけないことは何ですか?

西早稲田の歯医者さん、西早稲田駅前歯科矯正歯科です。
今回のテーマは「歯が痛い時にやってはいけないこと」です。
急な歯の痛みに襲われた時、本来なら歯科医院に行って治療を受けなければなりません。

しかし、歯が痛んだ時の時間やタイミングによっては歯科医院に行けないこともあるでしょう。
そんな時のために、2つのことを知っておきましょう。
1つは応急処置の方法、もう1つはやってはいけないことです。

歯が痛む時の応急処置

歯科医院に行けないタイミングで急な歯の痛みに襲われた時は、
以下の方法を実践すればある程度痛みを抑えることができます。

痛み止めを飲む
痛み止めは歯科医院で処方されたものでなく、ドラッグストアで販売されているものでも効果があります。
薬が効くまでに時間が掛かりますが、確実に痛みを抑えることができます。
ただし、神経まで進行したような酷い虫歯の痛みだと、痛み止めでもあまり効果が得られないことがあります。

冷やす
痛みを抑える方法として一般的なので紹介するまでもないかもしれませんが、冷やし方には注意が必要です。
それは直接冷やさないことです。氷を含んで直接冷やすなどの方法は患部に刺激が強すぎるため、
頬側から濡れタオルや解熱シートを当てるなどの方法で冷やしてください。

お口の中を綺麗にする
急な歯の痛みの原因として考えられるのが、食べカスなどが詰まることによる神経の圧迫です。
この場合、症状を引き起こしている原因となる食べカスなどを取り除くことで痛みを抑えられます。
とは言え、歯磨きだと患部を刺激してしまうので、ぬるめのお湯や水によるうがいでお口を綺麗にしましょう。

…これ以外にも、正露丸など歯の痛みに効果的な薬も多種販売されています。
ただしどの方法も一時的な応急処置であって治療の効果は全くありません。
このため、痛みを抑えた後はできるだけ早く歯科医院に行って治療を受けてください。

患部に触れてはダメ

歯が痛い時、どうしても患部の状態が気になって指で触ろうとしてしまいがちです。
しかし、患部を触れるとそれ自体が刺激となって痛みが増す可能性がありますし、
指に付着している細菌によって症状を悪化させてしまう恐れがあるのです。

ちなみに、患部に触れてはダメな理由として「刺激になる」という点が含まれることを考えると、
指ではなくゴシゴシと歯磨きしたり、歯と歯を当てたりするのも同様にNGです。

アルコールを飲んではダメ

アルコールにはある種の神経麻痺の効果があるため、一見痛みを抑えられそうな気がします。
しかしアルコールを飲むと血行が良くなってしまい、
血行が良くなることで血流によって神経が圧迫され、痛みがより酷くなってしまうのです。

運動してはダメ

運動というのは筋トレなどに限らず、激しく身体を動かすこと全体が含まれます。
運動することで血行が良くなるため、アルコール同様神経の圧迫で痛みが酷くなってしまいます。
歯が痛い時に敢えて運動はしないでしょうが、注意が必要なのは身体を動かす仕事をしている場合です。

このような人が仕事中に歯が痛くなった場合、そのまま仕事し続けるのは運動に値します。
可能であれば一旦休憩させてもらい、痛みが落ち着くのを待ちましょう。

長い入浴はダメ

お風呂で熱いお湯に浸かってリラックスすれば、歯の痛みもやわらぐと思ってしまいがちです。
しかし入浴もまた血行が良くなる効果をもたらすため、やはり痛みが増す原因になるのです。
このため理想は入浴を控えることですが、実際には入浴を控えることに抵抗を感じる人もいるでしょう。

その場合、湯船で温まるのを控えて軽くシャワーで済ます程度にしましょう。
そうすれば、歯の痛みがそこまで増すような事態にはなりません。

タバコを吸ってはダメ

歯の痛みに我慢できないと、気分を落ち着かせるためにタバコを吸おうとする人もいます。
しかし、タバコに含まれる成分の中には歯への刺激になってしまうものも含まれるため、
痛みが増す、もしくは症状が悪化する事態を招くのです。

最も、例え歯が痛くない時でもタバコを吸うことはお口の健康に害をもたらします。
免疫機能が狂わされることで虫歯や歯周病に掛かるリスクが高まりますし、
特に歯周病においては掛かるリスクだけでなく、歯周病を悪化させやすいリスクまで高まるのです。

まとめ

いかがでしたか?
最後に、歯が痛い時にやってはいけないことについてまとめます。

1. 歯が痛む時の応急処置 :痛み止めを飲む、冷やす、お口の中を綺麗にするなど
2. 患部に触れてはダメ :指で触れることで患部に細菌が付着する可能性がある上、刺激になってしまう
3. アルコールを飲んではダメ :血行が良くなって神経が圧迫されるため、痛みが増してしまう
4. 運動してはダメ :血行が良くなって神経が圧迫されるため、痛みが増してしまう
5. 長い入浴はダメ :血行が良くなって神経が圧迫されて痛みが増す。シャワーで簡単に済ますようにする
6. タバコを吸ってはダメ :歯への刺激になる成分が含まれている。歯が痛くなくてもタバコは害を及ぼす

これら6つのことから、歯が痛い時にやってはいけないことが分かります。
やってはいけないことと応急処置の両方を紹介したため、
これらに沿った対応をとれば急な歯の痛みにもある程度の対処が可能です。
そして、痛みが治まった後は歯科医院に行ってきちんと治療を受けてください。

PAGE TOP