ホーム >Blog > 見た目はそんなに気にしていない人からすれば、セラミックよりも銀歯にした方がいいですか?

削らない虫歯治療
歯周内科
メタルフリー歯科
無痛インプラント
非抜歯矯正
無痛小児歯科
特殊入れ歯
ホワイトニングシステム
オールオン4.6
神経を抜かない治療
週刊早稲田
求人情報
西永福歯科
講演依頼

見た目はそんなに気にしていない人からすれば、セラミックよりも銀歯にした方がいいですか?

西早稲田の歯医者さん、西早稲田駅前歯科矯正歯科です。
今回のテーマは「審美性以外のセラミックのメリット」です。
セラミックのメリットを考えた時、真っ先に連想するのは審美性の高さでしょう。

では審美性の高さに惹かれない人からすれば、セラミックには何の利点もないのでしょうか。
見た目は気にしていないのであれば安い銀歯にした方がいい…そう思うかもしれません。
しかしセラミックと銀歯を比較して考えると、実は審美性以外にもセラミックの利点はいくつかあるのです。

銀歯の特徴

銀歯は健康保険が適用されるだけあって、費用の安さが何よりのメリットです。
しかし、メリットを挙げるならこの費用の安さ以外のメリットは特にありません。
敢えて挙げるなら金属ならではの硬さですが、それも特に誇れるほどのメリットとは言えないでしょう。

ではセラミックはどうなのか?…言うまでもなく審美性の高さが最大のメリットです。
しかしセラミックのメリットを挙げると、それ以外にも多くのメリットがあります。
このため、審美性にこだわらない人の場合も銀歯よりセラミックがおすすめのケースがあるのです。

では具体的にセラミックにはどんなメリットがあるのか?…以下でそれについて解説していきます。

二次虫歯を予防しやすい

銀歯は歯との接着の相性が悪く、さらに劣化することで接着自体も弱まってきます。
そうなると歯との間に隙間を生んでしまい、そこから細菌が入り込むようになってしまいます。
それによって起こるのが虫歯の再発…つまり二次虫歯で、銀歯はこの二次虫歯のリスクが非常に高いのです。

一方セラミックは二次虫歯を予防しやすくなっています。
まず歯とピッタリくっつくため、劣化によって接着が弱まることがありません。
さらにツルツルした材質上、二次虫歯の要因となるプラークも付着しにくいからです。

つまり、セラミックは銀歯に比べて自分の歯を守りやすいというメリットがあるのです。

長く使用できる

銀歯は一般的に5年ほどで寿命と言われていますが、セラミックの寿命はその倍以上です。
事故や破損を除けばセラミックは10年以上使用できますし、
最も美しいとされているオールセラミックによっては15年使用している人もいるほどです。

このように、セラミックは銀歯と比べて寿命が長いという特徴もあります。
長持ちすればそれだけ新品のものに交換をする頻度も減りますし、
さらにセラミックは使用する上で目立った劣化が起こることもありません。

つまり、セラミックは銀歯に比べて長持ちし、なおかつその期間安全に使用できるというメリットがあるのです。

身体に優しい

銀歯は金属アレルギーの人からすれば脅威ですが、だからと言って詰め物や被せ物をなしにはできません。
その場合、比較的アレルギーが起こりにくいチタンやプラスチックのレジンを使用することになります。
しかし実際にはもう1つ選択肢があり、それはセラミックにすることです。

セラミックの材質である陶器は身体に優しく、金属も使用していないことからアレルギーが起こらないのです。
ただし1つだけ注意点を挙げておくと、セラミックの中でもメタルボンドは例外です。
メタルボンドは文字どおり金属を使用しているため、金属アレルギーの対象になってしまいます。

このため、金属アレルギーの人はその旨を歯科医に伝え、アレルギー対象とならないセラミックを選びましょう。

コンプレックスの解消になる

既に銀歯を使用している人の中には、そのことでコンプレックスを抱えている人もいます。
例えば、銀歯が多ければそれだけ虫歯治療をしたということが分かり、
お口の中が不衛生なイメージを相手に与えてしまうのではないか…そう悩んでしまうケースです。

また、銀歯自体が目立つため、人と会話したり笑顔を見せたりすることに抵抗を感じる人も少なくありません。
いずれにしてもこうした悩みはコンプレックスになるため、心にとって非常に不健康な状態です。
その点、セラミックは天然の歯と変わらない美しさで、パッと見ただけでは人工物だと分からないほどです。

このため、セラミックにすることによってコンプレックスの解消になり、それが心の健康にも繋がるのです。

まとめ

いかがでしたか?
最後に、審美性以外のセラミックのメリットについてまとめます。

1. 銀歯の特徴 :メリットは安さのみ。それ以外の点では審美性以外でもセラミックに劣っている
2. 二次虫歯を予防しやすい :セラミックは接着が剥がれにくく、虫歯の要因となるプラークも付着しにくい
3. 長く使用できる :セラミックは10年以上使用でき、その期間も変色などの目立った劣化が起こらない
4. 身体に優しい :セラミックは金属アレルギーの人でも安心して使用できる(メタルボンドは除く)
5. コンプレックスの解消になる :セラミックは天然の歯と見分けがつかず、見た目の悩みが解消される

これら5つのことから、審美性以外のセラミックのメリットが分かります。
セラミックはただ美しいだけでなく、詰め物や被せ物としての質…言わば機能性にも長けています。
費用の高さがデメリットとされるセラミックですが、
こうした機能性の高さを考えると費用に見合った価値があることが分かります。
このため、審美性にこだわらない人でもセラミックにするメリットはあるのです。

PAGE TOP