ホーム >Blog > セラミッククラウンの長所と短所を分かりやすく教えてください

削らない虫歯治療
歯周内科
メタルフリー歯科
無痛インプラント
非抜歯矯正
無痛小児歯科
特殊入れ歯
ホワイトニングシステム
オールオン4.6
神経を抜かない治療
週刊早稲田
求人情報
西永福歯科
講演依頼

セラミッククラウンの長所と短所を分かりやすく教えてください

西早稲田の歯医者さん、西早稲田駅前歯科矯正歯科です。 今回のテーマは「セラミッククラウンの長所と短所」です。 セラミッククラウンとは、セラミックの詰め物や被せ物のことを意味します。

以前は銀歯が一般的だったクラウンも、最近ではセラミックを希望する方が増加しており、 そのため私自身、患者さんからセラミックについての質問をよくいただきます。 そこで、ここでもセラミッククラウンの長所と短所を分かりやすい表現で説明していきます。

長所1. 見た目が美しい

セラミックは審美性が高いと言われていますが、それがセラミックの最大の長所です。 いわゆる見た目の美しさですが、銀歯は目立つのでとても美しいとは言えません。 その点セラミックは天然の歯のように白く、さらに天然の歯に近い光沢も持っています。

最も、セラミックの美しさはセラミックの種類によっても異なります。 どのセラミックも銀歯に比べれば圧倒的に美しいですが、 その中でも最も美しいのはオールセラミックで、長年使用しても変色することがありません。

長所2. 長い間使用できる

これは寿命の問題です。例えセラミックでも人工物である以上、永久に使用することは不可能です。 いずれは寿命になって交換が必要になるのですが、その寿命は銀歯により遥かに長くなっています。 ちなみに銀歯の場合、ケアにもよりますが一般的に寿命は5年ほどとされています。

一方セラミックは10年使用できますし、ケア次第ではさらに使用可能です。 特にオールセラミックはしっかりとケアしている方なら15年や20年使用している方もいるほどです。 さらに寿命になるまで変色などの劣化も起こらず、使用している間はずっと美しい白さを維持できます。

長所3. 虫歯の再発を防ぎやすい

クラウン…すなわち被せ物は歯としっかり接着した状態でつけられていますが、 銀歯の場合は劣化によって接着が次第に弱まっていきます。 そうなると接着が弱まった箇所に隙間が生じ、そのわずかな隙間から細菌が入って虫歯の再発を起こします。

しかしセラミックは元々歯との接着の相性が良いため、このように接着が弱まることはありません。 さらにツルツルとした表面はプラークも付着しにくく、そのため虫歯の再発が起きにくいのです。 実際、銀歯を使用している方は虫歯の再発に悩まされるケースが多く、 その改善のためにセラミッククラウンに交換を希望される方も少なくありません。

短所1. 歯を削る量が多くなる

セラミックは陶器ですから、強度においてはそれほど高くありません。 そこで強度を高める工夫として、従来のクラウンよりも分厚い仕様になっています。 そして分厚いということは、クラウンを立てる時にそれだけのスペースが必要ということになります。

このため、クラウンを立てる際には従来よりも多く歯を削る必要があるのです。 もちろんクラウンを立てる以上、どちらもしても元の歯は無傷の状態ではないですが、 セラミッククラウンにすることで必要最低限だけ削るということができなくなってしまうのです。

短所2. 費用が高い

クラウンは治療において必要な処置ですから、その点では健康保険が適用されるイメージでしょう。 しかしセラミッククラウンには健康保険は適用されず、 なぜならセラミックという材質が審美目的を兼ねているからです。

一方銀歯は健康保険が適用されるため、セラミックと銀歯の費用の差は非常に大きなものとなっています。 この費用の高さがセラミッククラウンの最大の短所と言えるでしょう。 最も、セラミッククラウンならではの長所を考えると、それに見合った価値があるのもまた事実です。

短所3. 割れたり欠けたりすることがある

陶器であるセラミックは、あまり強い力で噛み過ぎてしまうと割れたり欠けたりすることがあります。 普通に噛む分には問題ないですが、歯ぎしりや強く噛むクセがある方は要注意です。 銀歯にはそういった心配なく、その意味でセラミックは強度においては銀歯に劣ります。

ただし、この問題については改善されつつもあります。 例えばオールセラミックは以前のものに比べると硬く頑丈な仕様になっていますし、 近年登場したジルコニアセラミックはそれ以上の硬さを持っています。

まとめ

いかがでしたか? 最後に、セラミッククラウンの長所と短所についてまとめます。

長所1. 見た目が美しい :審美性が高く、天然の歯に近い白さと光沢を持っている
長所2. 長い間使用できる :セラミックは寿命が長く、ケア次第で10年以上使用できる
長所3. 虫歯の再発を防ぎやすい :接着が弱まりにくく、プラークも付着しにくいため
短所1. 歯を削る量が多くなる :セラミッククラウンは分厚いため、その分歯を多く削って立てる
短所2. 費用が高い :健康保険が適用されないため
短所3. 割れたり欠けたりすることがある :強度は銀歯に劣るが、この弱点は改善されつつある

これらのことから、セラミッククラウンの長所と短所が分かります。 審美性が高いのは誰もが知っている長所でしょうが、 それ以外にも虫歯の再発予防や寿命の長さといった長所を持っています。 つまりセラミッククラウンは審美性だけでなく、機能性においても長けているのです。

PAGE TOP