ホーム >Blog > セラミックは割れやすいイメージがありますが、強度に問題はないですか?

削らない虫歯治療
歯周内科
メタルフリー歯科
無痛インプラント
非抜歯矯正
無痛小児歯科
特殊入れ歯
ホワイトニングシステム
オールオン4.6
神経を抜かない治療
週刊早稲田
求人情報
西永福歯科
講演依頼

セラミックは割れやすいイメージがありますが、強度に問題はないですか?

西早稲田の歯医者さん、西早稲田駅前歯科矯正歯科です。
今回のテーマは「セラミックは割れやすいのか」です。
セラミックの材質は陶器ですから、詰め物や被せ物として使用するのに強度を気にする意見があります。

確かに陶器である以上、過剰な力が掛かることで欠けたり割れたりする可能性があるでしょう。
では実際にセラミックの強度には問題があるのでしょうか。
審美性ばかりが注目されるセラミックですが、ここでは敢えて強度についての説明をしていきます。

セラミックの強度

結論から言うと、セラミックの強度に問題はありません。
そもそも問題があれば歯科治療において取り扱いできないですから、
それが国から認められている時点で安全性に問題はないと判断できるでしょう。

確かに、陶器であるセラミックは使用において欠けたり割れたりすることはあります。
しかしそれは「強く噛みすぎた」や「ぶつけた」など、過剰な衝撃を受けた時に起こり得る問題ですし、
こうした衝撃においてはセラミックに限らず天然の歯ですらダメージを受けてしまいます。

ちなみに銀歯と比較した場合、こうした強度においては金属である銀歯の方が勝っているのは事実です。
しかし、だからといってセラミックが脆いわけではなく、安全に使用できる硬さは充分満たしているのです。

硬いセラミックの紹介

もしセラミックの強度が気になるなら、硬いセラミックを選択するのがおすすめです。
セラミックにはいくつか種類がありますが、中には硬さが特徴のセラミックもあるのです。
ちなみに、そのセラミックとはメタルボンドとジルコニアセラミックです。

メタルボンド
メタルという名前から分かるとおり、一部金属を使用したセラミックです。
人に見える外側は美しいセラミックで仕上げてあるものの、見えない内側が金属になっています。
このため、セラミックでありながら金属の強度を誇るという特徴を持っています。
注意点としては、金属を使用している点で金属アレルギーの対象になってしまうことです。

ジルコニアセラミック
人工ダイヤモンドとも呼ばれるジルコニアを使用したセラミックです。
メタルボンドよりも美しく、なおかつ硬いという審美性にも機能性にも優れたタイプです。
新しく登場したセラミックのため、他の種類に比べて取り扱っている歯科医院は少なめです。
また費用が高いのが欠点ですが、ジルコニアセラミックはそれに見合った価値があるのも事実です。

…硬さを特徴としたセラミックはこれら2つですが、
最近はオールセラミックでも充分な強度を誇っています。

耐久性の比較

金属である銀歯は確かに硬いですが、耐久性においてはそれほど高くありません。
一般的に銀歯の寿命は5年ほどとされており、劣化することで金属イオンが溶け出してしまいます。
一方セラミックは耐久性に優れており、一般的な寿命は10年以上です。

特にオールセラミックはその間変色が起こることがないですし、
ケアによっては10年どころか15年や20年使用している人もいるほどです。
つまり、セラミックは銀歯に比べて倍以上の寿命を誇っているのです。

詰め物や被せ物としての質の比較

そもそも詰め物や被せ物は審美目的で使用しているわけではありません。
虫歯の治療をした歯は脆い状態にあるため、
その歯を守る…言わば保護する目的で詰め物や被せ物で覆っているのです。

そして、歯を保護することにおいて優れているのは銀歯よりもセラミックです。
何しろ銀歯は元々歯との接着の相性が悪いため、劣化によって接着が剥がれてしまいます。
接着が剥がれることで歯との間に隙間が生じ、そこから細菌が入り込んで虫歯が再発してしまうのです。

これを二次虫歯と呼び、実際に銀歯を使用している人の多くがこの二次虫歯に悩まされています。
一方セラミックは歯との接着の相性が良く、劣化によって隙間が生じることがありません。
さらにプラークも付着しにくいため、二次虫歯を予防しやすいという特徴があるのです。

つまり、詰め物や被せ物としての純粋な質においてはセラミックの方が遥かに優れているのです。

まとめ

いかがでしたか?
最後に、セラミックは割れやすいのかについてまとめます。

1. セラミックの強度 :欠けたり割れたりすることはあるが、脆いわけではなく安全性は充分と言える
2. 硬いセラミックの紹介 :金属を使用したメタルボンド、人工ダイヤモンドを使用したジルコニアセラミック
3. 耐久性の比較 :銀歯は5年ほどが寿命だが、セラミックは10年以上使用できて劣化も起こりにくい
4. 詰め物や被せ物としての質の比較 :セラミックは二次虫歯を予防しやすい

これら4つのことから、セラミックは割れやすいのかが分かります。
セラミックは割れやすくはないものの、割れたり欠けたりすることがあるのは事実です。
しかし、それはあくまで過剰な力を掛けた時に起こることなので、普段使用する分には何の問題もありません。
また、それでも心配な場合はメタルボンドやジルコニアセラミックを選択するという方法もあります。

PAGE TOP